Ghost of Tsushima ゴースト・オブ・ツシマ(PS4)

2020年7月17日発売(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―

長崎県に属する美しき国境の島・対馬の地を舞台としたオープンワールド時代劇アクション

Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)は海外のゲームスタジオが手掛けた
鎌倉時代に蒙古軍の襲来を受けた対馬国(つしまのくに)を舞台に繰り広げられるオープンワールドのアクションゲームです。

主人公の境井 仁(さかい じん)を操作し、広大な自然や集落を駆け回り蒙古軍との戦いに赴きます。

 

本作はファミ通の新作ゲームクロスレビューでプラチナ殿堂入りし、週刊ファミ通にて満点を獲得した史上3本目の海外ゲームとなります。

 

Copyright(C) 2020 Sony Interactive Entertainment LLC. All rights Reserved.
出典:Ghost of Tsushima

ゴースト・オブ・ツシマのストーリー

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―

鎌倉時代の後期にあたる文永11年、日本征服を目論む元朝(モンゴル人が建てた征服王朝)の将軍コトゥン・ハーンは大船団を率いて対馬国(つしまのくに)に押し寄せた。

これは対島国は蒙古軍が本土へ攻める際への前哨戦的位置づけの行動であった。

 

対馬の武士団は小茂田に集結し、地頭である志村家当主の指揮の元、蒙古軍を迎え撃つが絶望的兵力の差に圧倒され、大将の志村と甥の境井仁以外は全滅して志村は捕らわれの身となってしまう。

その後、境井はコトゥンをはじめとする蒙古軍に半分の領土を占領された対馬と捕らわれた志村を救う為に立ち上がる。

 

なお対馬は歴史上において1274年の「文永の役」と1281年の「弘安の役」で二度もモンゴル帝国の侵攻を受けておりますが、今作は史実をモチーフにしたフィクションとなります。

 

ゴースト・オブ・ツシマのキャラクター

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―境井 仁(さかい じん)
本作の主人公。冥府から蘇った者「冥人(くろうど)」の名の下、刀を武器に蒙古軍に捕らわれた叔父の志村救出を目指す。

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―志村(しむら)
対馬国の地頭であり、対馬五大武家の一つである志村家の当主。
生粋の武人(もののふ)で誉れを重んじる。
戦場で父を失った境井を気にかけ育て、志村家の跡取りにすることを考えている。

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―コトゥン・ハーン
蒙古軍を率いて対馬に襲来したモンゴル人の武将。
降伏した者に対しては手を出さない一方で、逆らう者には容赦なく殺す残虐な性格。

 

この他、蒙古軍に立ち向かう戦力を確保する為、境井は様々な場所に赴き、ゆなや石川などの協力者たちを得ることになります。

 

ゴースト・オブ・ツシマのシステム

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―舞台となる対馬国は大きく「厳原」「豊玉」「上県」の3つのエリアに分かれています。

 

メインストーリーの「仁ノ道」を軸にサイドストーリーの「浮世草」と「傳承」でゲームは構成され、いずれかでイベントが発生するとマップ上にマーキングされ、カーソルで選択することで目的地として設定されます。

そして境井が実際に移動することでマップ上の霧で隠されてた地域が明かされていき、未踏の地から神社や稲荷の祠などの探索ポイントなども表示されるようになります。

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―とにかくマップが広いゲームですが、目的地を設定した後にコントローラーのタッチパッドをスライドさせることで「誘い風」を発動させることができ、目的地へ向けて風が誘導してくれます。

なお移動中は竹や花など武器や装備を強化させる素材も取ることができます。

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―イベントを達成して規定に達すると技能を取得でき、使用することで技を覚えることができます。
攻め系や守り系の技の他に奥義なども覚えたり各探索の誘い風の効果の強化をすることもできます。

 

ゴースト・オブ・ツシマの戦闘

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―
戦闘では刀をメインに、弓矢やくないの飛び道具やてっぱうや煙玉などの暗具を駆使して戦います。

移動中に遭遇する野盗などは大したことないですが、蒙古軍は適当に攻撃してもはじいたりとなかなか強敵なので、基本は避けたり受け流してから攻撃することになります。

さらに敵は刀だけでなく槍や盾を装備している兵士もいるので、境井が設定している型の相性が異なるとなかなか攻撃を決まらないのでタイプにあわせて型を切り換えていく必要があります。

 

そして隊長などのボスクラスは格闘ゲームのような一対一の画面に切り替わります。

対馬国の各地域には「蒙古軍の拠点」が点在し、それぞれの拠点の蒙古軍を全滅させれば解放することができます。

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―
なおゴースト・オブ・ツシマは正面から戦うだけではなくステルスモードも搭載しています。

蒙古軍の拠点では多くの兵士が待ち構えているので1人でまともに戦うには困難な場面もあります。
時には奇襲をかけるだけではなく、じっくり身をかがめて草むらや建物の屋根に身を潜め、背後や上空から一人ずつ暗殺することもできます。

 

ゴースト・オブ・ツシマの探索

ゴースト・オブ・ツシマにはメインやサブイベントの他にやり込み要素として探索ポイントが複数存在します。

本編とは直接関係ないですが、発見してアクションを起こすことで境井が強化したり装備を手に入れたりでき、すべて発見することでトロフィーを獲得できるものもあります。

 

【探索ポイント】
・兵の装具
・秘湯
・稽古台
・神社
・誉れの石碑
・稲荷の祠
・和歌
・かがり火台

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―移動中に狐に遭遇し、追いかけていくと稲荷の祠へ案内されます。
各地の狐を何度か見つけお参りすることで強化アイテムである護符を入手できます。

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ― 山頂に建立された神社は荘厳で神秘的です…。

ただ各地の神社に辿り着くまでには崖をよじ登ったり木の枝をジャンプで渡ったりロープで飛び乗ったりなど複雑な天然のアスレチックコースを制覇する必要があります。

それにしても…どうやって建てたの??

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―温泉に入ると体力の最大値が増加!
神社仏閣巡りだけでなく秘湯巡りまでできるからゲーム内で観光をしてる気分も味わえます(?)

 

これらの探索ポイントはストーリーの息抜きに探してみるくらいの感じでチャレンジできます。

 

ゴースト・オブ・ツシマのムービー

『Ghost of Tsushima』ストーリートレーラー

 

『Ghost of Tsushima』 ゲームプレイトレーラー

ゴースト・オブ・ツシマの感想

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★
音楽 ★★★
難易度のバランス ★★★

 

ゴースト・オブツ・シマで特筆すべきはグラフィックがとにかく素晴らしいことです。
とにかく目に入る対馬の景色の一つ一つがとても美しく丁寧に表現されています。

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ― ゴーストオブツシマ ゲームレビュ― ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―旅行先が好きで観光地でもパシャパシャ写真を撮りまくる私がまさかゲーム風景までスクショで録りまくるとは思ってもいませんでした!

 

そしてこのゲームがすごいのはもちろんグラフィックだけでなくストーリーやゲームシステムもです。

 

ゴーストオブツシマ ゲームレビュ―蒙古の拠点では敵の数が多くて囲まれたりするとどうにもならず逃げ回ることはしょっちゅうでした…。

でもうまく誘導して分散させたり距離を取っててっぱうなどの暗具で一網打尽にするなどして自力でピンチを脱出することができると非常に爽快です!

弓や暗具は最初はうまく使いこなすのが難しいですが、慣れてくると刀と併用して自分なりの攻撃パターンを作れるのが面白いです。

 

ただキャラクター面に関してはあまり好きなキャラがいませんでした。
時代背景などを考えると厳格で気性が激しくクセが強い人が多いのも仕方ないのかもしれませんが…。

このゲームはとにかく登場キャラの平均年齢が高いです。
せめて境井とよく行動を共にするヒロイン的な立ち位置のゆなくらいはもう少し若くしてもが良かったのでは?という気が…。
変な恋愛要素入れてイメージを崩さないように配慮したのもあったかもしれせんが。

それに各々の信念に基づいた人間ドラマは非常に丁寧に作られていました。

 

あとストーリーとは直接関係ない探索ポイントの数々。

面倒だけど最後に達成感と絶景を拝める「神社」はありえない道筋ばかりでむしろ笑っちゃうくらいでしたが、狐を追いかけるのや和歌を詠むのは後半ちょっとうんざりしてきました…。

まぁあくまでちょっとしたやり込み要素なのでイヤやらなければいいだけですが。。

 

BGMは通常の移動中はありません。
敵に発見されて戦闘に突入した時やイベントの時は流れます。

境井の置かれた立場を物語るように単身で大地を駆け回るにはむしろBGMがない方があってるのかもしれませんが少し寂しい気もします。

 

若干細かい不満点はあるものの全体的に見ればストーリー、グラフィック、システム面においては評判通りPS4最高峰の完成度といっていいゲームで購入して本当によかったと思います。

ただ今後、新しいゲームを買う際はこれ以上を求めるとハードルが上がりすぎます(苦笑。)

モンハンが苦手な私でも何度かチャレンジすれば達成できるくらいの難易度で、拠点攻めは攻める場所や攻撃方法を変えるだけで勝てた、なんてこともあるから挫けることもなかったです。

それに拠点攻めの際はある程度倒す(サブミッションを達成)すれば、その後に死んでも続きから始まる場合もあります。

アクション好きはもちろん、単純に面白いゲームを探している方にもおすすめできるゲームです。

 

ゴースト・オブ・ツシマはある日のニュースで「外国人から見た美しい日本の景色」「ゲーム内で神社巡りができる」などが話題となり取り上げられてたので気になって買いました。

コロナ禍真っ只中で旅行どころか外出の自粛まで余儀なくされた日本の2020年夏に発売されたこのゲーム。

美しい景色を眺めながら広大な対馬を駆け回ると、気が紛れるどころか余計に旅行に行きたくなってきちゃいました…。

 

 


ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

スポンサーリンク
>一日たった5分の脳トレゲームをするだけで【みるみる視力が回復!】

一日たった5分の脳トレゲームをするだけで【みるみる視力が回復!】

遺伝や体質だけでなく勉強、仕事、ゲームなど様々な原因で視力が低下すると生活にも支障が出てきます。【アイアップ】は一日たった5分の脳トレゲームをするだけで視力が改善する革新的プログラムです。

CTR IMG