写真・イラスト・動画販売サイトで稼ぐ方法

自作の写真やイラストを売れます

数あるネットビジネスの中で商材を使って売る、という意味ではわりと簡単に準備できる方法です。
ご自身で撮影された写真、作成されたイラスト、編集した動画などを販売サイトで売ることができます。

写真を撮る

代表的なのはPIXTAです。
PIXTAは数多くの種類の写真、イラスト、動画の中から購入したり販売できるサイトです。
自分のサイトなどに写真やイラストの素材が欲しい時に大体の人はフリーで素材を探したりしますが、PIXTAで販売している素材はいずれも高画質、カメラワークなどクオリティーが非常に高くバリエーションなども豊富です。
フリー素材ではなく有料の素材を必要とされる方がいるのはそれだけ一歩抜けた価値のある商品だからです。

こうした素材は多くのクリエイターが提供して厳しい審査を通り抜けた選りすぐりのものです。
それを提供する側(販売する側)としてチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

プロのカメラマンやフリーのイラストレーターやデザイナーの方も参加していますが、写真が趣味で多くの素材をもっていたり、イラストが得意で販売したい作品がある方などはとくにおすすめです。
利用自体は無料で、素材や作品があれば審査を通してアップしていけばあとは何もすることはありません。
アップされているあなたの写真やイラストが売れれば報酬が入るので、基本、ほったらかし状態でデメリットはありません。

またPIXTAでの評価が上がれば提供できる(アップロードできる)商品の上限も増えていくのでそれだけ幅広く多くの報酬を得ることが可能となります。

PIXTAでの写真やイラストの報酬価格(2017年10月現在)

・Sサイズ(540円):640×480px程度 1300px以下
・Mサイズ(1620円):2400×1500px程度 1301px以上4500px以下
・Lサイズ(3240円):3200×2400px程度 4501px以上8000px以下
・XLサイズ(5400円):5200×3900px程度 8001px以上

※スマートフォンなどの写真は対象外

大きいサイズほど売れれば報酬も高くなります。
当然、写真などで大きいサイズの高解像度の画像を用意するならそれなりのカメラも必要になります。

審査と需要を考える

もちろん販売して報酬を得るまでにはある程度の労力や準備が必要となります。
商品としてアップロードしてサイト上で提供するには最初に写真などを審査に出します。
審査は1~2週間かかるときもあり、かなり細かいところまで厳しく審査されます。

審査前に注意するポイントの例

・ピントや構図など商品価格を満たしたクオリティがあるか
・写真に顔がはっきりと特定できる赤の他人が映ってるとNG(モデルとして許可があればOK)
・日付や作者名など不要な文字が入ってるのもNG

以上はほんの一部です。
審査を始めるまでにガイドラインが用意されているので細かくチェックしておきましょう。

なお、審査と別に注意するのは需要のある商品かどうかということ。

ネットビジネスなどにおいても競合をさけ、検索エンジンの上位表示を目指すのと同じような考え方で写真販売にしても必ずライバルがいて同じような構図やテーマがあります。
(イラストは独自の画風やデザイン、表現方法があるので必ずしも当てはまりません。)

どのジャンルやテーマにもプロ級レベルのクオリティの高い作品が必ずあります。
そうした中で勝負して埋もれるよりも「ニッチなシチュエーションの写真」とか「特殊なアクションの写真」とか他者とかぶらないようなものであれば売れる可能性は格段に高くなると思われます。

ただ綺麗な景色だから写真を撮る、とかだけではなく事前にそういったことを意識した上でどういった形の写真を撮るか考えるようにして写真撮影を始めてみましょう。

デジカメなどであれば撮り放題ですし、何枚か撮ればいつかは「売れる写真」が撮れるかもしれません。


ネットビジネスで稼ぐ方法の種類TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です