神採りアルケミ―マイスター(Win)

2011年4月22日発売(エウシュリー)
神採りアルケミ―マイスター

神採りアルケミ―マイスターは私のお気に入りトップ5に入るゲーム

神採り(かみどり)アルケミ―マイスターは工房で物作りの仕事をこなしながらダンジョンを探索するシミュレーションRPGで萌えゲーアワード2011大賞部門で銀賞を受賞した作品です。

私のとくにお気に入りで、三國志曹操伝とともにトップ5に入るゲームです。

神採りアルケミ―マイスターは姫狩りダンジョンマイスターに続く、「マイスターシリーズ」の第二作目となり、2017年には第三作目の天結いキャッスルマイスターも発売されています。

神採りアルケミ―マイスターのストーリー

神採りアルケミ―マイスター工房都市ユイドラに住むウィル(ウィルフレド・ディオン)は事故で亡くした両親の工房を継ぐため、「物を作り出す職人」である工匠(こうしょう)を目指し研究に没頭する。

やがて三人の女性を護衛として招き入れ、自らの知識や技術の発展のため、工房を運営する傍ら、各地に赴き素材の採取や多種賊との親交を深めていく。

そして国内の紛争や他国の戦争に巻き込まれていくことになる。

 

神採りアルケミ―マイスターの主なキャラクター

神採りアルケミ―マイスターウィルウィル:両親の跡を継ぎ、工匠を目指す非常に真面目で研究熱心な青年。
ダンジョンでは探索して素材を発見することができる。

神採りアルケミ―マイスターユエラユエラ:ディナスフロディ出身の剣士。ウィルに依頼する成り行きで護衛となる。
戦闘では物理攻撃に優れ、回避能力も高い。

神採りアルケミ―マイスターエミリッタエミリッタ:明るく自由な性格でウィルを頼ってともに行動することになる。
魔法使いの道を選び、遠距離攻撃や範囲攻撃が得意。

神採りアルケミ―マイスターセラウィセラウィ:ユイドラの近くの森に住むエルフの少女で非常に温厚な性格。
戦闘では弓による長距離攻撃や回復魔法を使うこともできる。

他にも多くの種族がウィルの探索に力を貸してくれるようになります。

 

神採りアルケミ―マイスターのシステム

神採りアルケミ―マイスターユイドラでウィルは工房を営み、多くの人間や種族が訪れることになります。

ここでキャラクターが出現した時はストーリーやキャラクター別のイベントやサブイベントが発生したことを示してます。

神採りアルケミ―マイスターウィルの工房は神採りアルケミーマイスターのゲームの拠点となる場所です。
ここでは工房の運営や味方のキャラクターとの会話イベントの他にも強化に携わる様々なことができます。

本作は工房運営に主眼が置かれていて、ウィルが工匠としてのランクを上げるために町人の依頼などで物を作成して評価を上げなければいけません。

神採りアルケミ―マイスターそして工房は増築したり家具や装飾品を配置することができ、それにより販売数や来店率を増加させることができるようになります。
また配置した物によってはイベントが発生する場合があります。

神採りアルケミ―マイスターなお工房には毎日の維持費がかかります。
「販売」で不要なアイテムや装備などをお店に並べて商品を売り、生計を立てる必要がでてきます。

もし資金が底をつくとゲームオーバーになります。

各キャラクターには店番を頼むこともでき、任命されたキャラクターのスキルによって売り上げも変化してきます。

神採りアルケミ―マイスター「合成」では物を作る職人であるウィルが素材を合成させて依頼された品を作成していきます。
神採りアルケミ―マイスターの肝となるコマンドです。

もちろん、所持している武器や防具と特定の素材を合成させることで新たな強力な装備を作成できます。

神採りアルケミ―マイスター「アイテム」ではキャラクターごとにお好みの武器やスキルを装備させることができます。
例えば「潜水の腕輪」を装備することで「潜水」のスキルが付与され、装備したキャラクターは水に潜れるようになります。

神採りアルケミ―マイスターゲームが進めばウィルはメインヒロインの三人に衣装を作成します。
「衣装強化」ではキャラクターと衣装を選択して素材を使うことで各能力を強化させたりスキルを覚えることができます。

神採りアルケミ―マイスター衣装衣装の種類は主に見た目だけでなく属性も異なるので、冒険するダンジョンの地形や出現する魔物の性質にあわせた衣装を装備して挑めば楽になります。

 

神採りアルケミ―マイスターの戦闘

神採りアルケミ―マイスターストーリーが進むとユイドラから外に出て様々な場所に探索に赴くことが可能になります。
そして探索場所を指定すればシミュレーションパートへと移行します。

神採りアルケミ―マイスターシミュレーションパートと戦闘では前作の姫狩りダンジョンマイスターと同じシステムを採用しています。
指定された条件を達成できればクリアーとなります

マップには通路や小部屋などが細かいエリアで構成され、自軍と敵軍での陣取りの要素があります。
あるエリアには味方しかいなければミニマップで青くなり普通の歩数で歩くことができ、敵軍のいる赤いエリアに入ると歩数が下がります。
そしてそのエリアの敵を全てたおせば青くなります。

なお木の下とか暗闇の奥とか一部の場所では進入しないと中を確認できない場所があります。

この他にキャラクターのスキル、装備などで水の中や空中など進入できる場所が制限されたりします。
各キャラクターの役割を把握しておくことがゲームを円滑に進めていく方法です。

またウィルは最初から隠し通路や素材を発見できる「探求」のスキルを身に着けています。
素材を集める為に何度か同じマップに入ることもありますが、一度でもクリアしてれば「撤退」でいつでも脱出が可能です。

神採りアルケミ―マイスターそして敵と接触すると戦闘シーンに突入します。
5ターンのうち、双方のキャラクターのステータス、装備、選択した攻撃方法などで算出され、順番や攻撃回数が異なります。

仮に攻撃力が高くても2回しか攻撃できないよりは素早い攻撃方法で3回攻撃した方がトータルのダメージが大きくなることもあるので、よく考える必要があります。

魔法や弓などの遠距離攻撃に対応できない敵からはダメージを受けませんが、敵も遠距離攻撃を持っている場合は当然、反撃されます。

そしてすべて装備の属性による相性がある為、他の敵より多くダメージを与えられる場合もあれば、まったくダメージにならないこともあります。
その時は別の属性の攻撃方法を選ぶか、別のキャラに任せましょう。
キャラをうまく使い分け常に相性のいい敵を選んでいけば戦闘を有利に進められます。

神採りアルケミ―マイスターなおユイドラでは闘技場に参加することもできます。
3対3や1対5など様々な対戦形式があり、ランクが上がるほど敵が強くなりますが、勝利することでより多くの賞金や貴重なアイテムがもらえます。

 

神採りアルケミ―マイスターのオープニングデモムービー

このゲームは18禁です。

 

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★★

神採りアルケミ―マイスターの感想<ややネタバレあり>

私はマイスターシリーズではこの神採りアルケミ―マイスターを一番最初にプレイしました。

メーカーのエウシュリーはPCゲームのアダルトゲームでは珍しくゲーム性のあるゲームを出していたので、このゲームのパッケージのゲーム画面が普通に面白そうに思って購入しました。

いざプレイするとマイスターシリーズのゲーム性に夢中になってしまいました。

もともとユニットを動かすシミュレーションゲームが好きだったのもありますが、そこに工房運営の要素を取り入れたことでオリジナリティの高さを醸し出してます。

実際に商品を選んで配置して物を売るという感覚がトル〇コ以来でしたが、資金が底をつきるとゲームオーバーというのが「実際にお金のやりくりを考えなければいけない」というプレイヤーにいい意味で緊張感をあたえてくれます。

始めのうちはキャラクターも弱いので、敵に苦戦しながらダンジョン探索をしつつ経営面も考慮しなければいけません。

一度ゲームをクリアーして周回でデータを引き継いでEXイベントなどが楽しめるのも嬉しいですが、そのころにはお金に困ることはほとんどなくなってるが「工房を運営する」というひとつの主軸となる要素が薄くなってくるのが少し残念です。

ただ工房に家具などを配置してたり、色々合成をして強い武器を作成したり、スキルの組み合わせを考えたり、気分転換に闘技場にチャレンジするなど色々なことができて楽しいです。

その意味でいえば良くも悪くもやることが多いので少し大変です。

 

以前に天結いキャッスルマイスターのページでも少し触れていますが、今作も戦う相手によって装備してる武器で攻撃をしても逆にHPを回復させてしまう時があるなど、属性効果を考えなければいけない部分は必ず発生します。

その為、一キャラでも数種類の武器を用意しておく必要があり、場合によっては戦闘中に装備しなおす必要性も出てきます。

それに加え、シミュレーションパートのマップでは湖の中であったり、溶岩など、通行可能な属性を備えてるキャラクター以外は装備アイテムを変更しなければ進めないなど同様に面倒なこともあります。
なのでその辺りは自分なりに状況にあわせて担当を決めた方がいいです。

複雑で色々なことができるがゆえに、一方で面倒な作業が発生するのは仕方ないかもしれません。

 

神採りアルケミ―マイスターブラックエウシュリーちゃん

それでもメインヒロインのユエラ、エミリッタ、セラウィは違ったタイプの魅力があり、進め方によっては彼女ら個別のルートに別れるので、一度クリアしても続けて別のルートを目指して楽しむことができます。

上で書いたように、周回専用イベントもあるので、分岐前のデータをロードするよりは、普通に周回要素を引き継いで最初からさらなる成長を目指しつつ別ルートや専用イベントにチャレンジすることをおススメします。

強力な味方も加わってくれますし。

 

ストーリーのボリュームがあり、やりこみ要素も非常に多く、メインヒロインのキャラクターも魅力的です。ダンジョン探索も色々ロケーションがあり探索してて面白いです。

「神採り」はもちろん「姫狩り」も「天結い」もベースは同じですがそれぞれ独自の面白さがあるので、プレイしてみて下さい!

なお神採りをプレイしすぎるとウィルの工房の愉快で軽快なBGMが頭から離れなくなります(苦笑)。

 

【神採りアルケミ―マイスターの対応OS:WindowsXP/Vista/7】

神採りアルケミ―マイスター
 

 

以下の2点は神採りアルケミ―マイスターと同じマイスターシリーズです。
姫狩りダンジョンマイスターは対応OSが古いですがDMMのダウンロード版はWindows7にも対応してます。

【姫狩りダンジョンマイスターの対応OS:Windows2000/XP/Vista】

姫狩りダンジョンマイスター
 

 

【天結いキャッスルマイスターの対応OS:Windows7/8/8.1/10】

天結いキャッスルマイスター
 

 

天結いキャッスルマイスター(Win)

天結いキャッスルマイスター

天結いキャッスルマイスターは2017年、最も遊んだゲームです。
美麗なCGはもちろん、探索型シミュレーションRPGとしてのゲームの面白さ、周回イベントなど魅力あふれる内容をご紹介します。(17/12/13)

記事を読む

創刻のアテリアル(Win)

創刻のアテリアル

創刻のアテリアルはバトルにカードゲームを採用しています。
このカードバトルがルールが複雑ですが非常に戦略性が高くて面白いです。
ストーリー分岐やヒロイン別のEDもある為、周回して楽しめます。(18/01/17)

記事を読む

封緘のグラセスタ(Win)

封緘のグラセスタ

前作の天結いキャッスルマイスターから約一年半後、待望のエウシュリーの新作が登場!
封緘のグラセスタは奴隷に落とされた主人公ジェダルが自由を手に入れる為に戦う王道のRPGです。(19/01/09)
記事を読む


ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

2 Comments on “神採りアルケミ―マイスター(Win)”

  1. こんにちは。
    これは確かにやることが多くて、大変そうですね。
    でも、その分楽しみ方が多様化していて、満足感がありそうですね。

    ポチっと応援させたいいただきました。
    また訪問させていただきます。

    1. 松千代さん、コメントありがとうございます!

      本当に色々やることが多くいですがそれが苦痛ではなくやってて楽しいです。
      機会があれば遊んでみて下さい。

      応援ありがとうございます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください