戦国ランス(Win)

2006年12月15日発売(アリスソフト)

戦国ランス

こんなに面白くて夢中になれるゲームはやったことない!

上記の見出しはそんなに何回も使える言葉ではありませんが今回は躊躇なく使わせていただきます。

それだけPCゲームの「戦国ランス」は私がいままでやってきた数多くの家庭用ゲーム機、PCゲームの中で間違いなくトップクラスに面白いゲームでした。

戦国ランスは鬼畜主人公ランスのシリーズ7作目であり、日本をモデルにしたJAPANという国で繰り広げられる地域制圧型シミュレーションゲームです。
光栄(現:コーエーテクモゲームス)の「信長の野望」シリーズや「三國志」シリーズのように拠点となる国から戦争を仕掛け、徐々に各地を制圧していきます。

が、あくまで「ランスワールド」なので従来のノリで面白くおかしくいやらしく(?)加味された作品となっています。

ストーリー

大陸の東の端にある島国のJAPAN。
ここでは複数の戦国大名が覇権を争う戦国時代の真っ最中だった。

ランスは美しいと評判のJAPANの姫や巫女や女忍者などの女の子達と遊ぶことが目当てでシィルとともこの地を訪れることになった。
そしてランスは特に最大勢力である織田家の香姫が目当てターゲットにしてたが、織田家国主の信長に指揮を任され、戦乱の世に繰り出すことになる。

キャラクター

戦国時代をモチーフにしているので実在の武将と同名の武将が多数登場しますが、一部「乱丸(森蘭丸)など名前が異なる人物もいます。

戦国ランスランスシリーズ通してランスのパートナー(奴隷)を務めてるシィル。
今回は従来のモジャモジャ頭ではなく、髪を結ってイメチェンし、ダンジョンなどの個人戦ではHPや行動力を回復するなどランスをサポートすることになります。

戦国ランス信長が国を挙げて「JAPAN一の美人」と宣伝した妹の香姫(こうひめ)。
面倒くさがりやの兄と違ってしっかりものです。
女好きのランスが噂を聞きつけ最大のターゲットとしていましたが、実際会うと想像よりも幼かった為、戸惑いを隠せないでいます。

戦国ランス軍神と呼ばれるJAPAN最強の剣士、ランスシリーズの数多い女性キャラクターでもトップクラスの人気を誇る上杉謙信は本作から登場します。
ゲームを進め方によって仲間にすることができ、アタッカーとしてはその優秀さが光り、周回ゲームでは専用のルートも用意されています。

戦国ランス他にも見た目だけでインパクト抜群なイロモノや曲者キャラも多数登場し、戦国ランスの世界を盛り上げてくれます。

システム

戦国ランス戦略画面では国を開発して収入をアップしたり、合戦の準備をして有利に進めることができます。
他にもキャラクターごとのイベントのコマンドもあり、信頼度を上げていくことでCGを見れたり能力を強化することが可能です。

戦国ランス画面下の「兵力」を選択するとお金を使って部隊を増員したり合戦で減った兵隊を補充することができます。
キャラクターごとに基本的な攻撃力は定まってますが、兵隊の人数も攻撃力に影響してきます。

戦国ランスそして行動を終了し、ターンを終わらせると各勢力の状況が次々と報告されます。
兵を増強している場合などは注意が必要です。
ターン終了時は合戦を仕掛けてくる敵国もいるので緊張が高まります。

戦国ランス各領地の所有している数は異なり、上記の場合は最短で4回勝てばその領地を支配下にすることができます。逆にもし自分の領地が攻められて負ければ取られてしまいます。

合戦

戦国ランス合戦には最大で6キャラ(6部隊)まで選択して参加することができます。
武士は前線のアタッカー、足軽は味方をガードすることができ、忍者や弓兵などの飛び道具を持ってる部隊は後方からの攻撃が可能です。
巫女は舞台を回復し、軍師は支援を陰陽は術を使って後方からの攻撃ができます。

また、モブキャラと違い、専用の顔グラフィックがあるような主要キャラの一部は独自のスキルを使うことができる者もいます。

戦国ランスそして他国に攻めたり、逆に攻め込まれたりすると合戦シーンに突入します。
画面上の青と赤のメーターは合戦時の戦力の状況を示し、最初の双方の力関係によってメーターの色の長さは異なります。

敵を一部隊ずつ倒していけば自軍を示す青いメーターが中央より敵側に寄って行きます。
敵を全滅させれば勝利となりますが、ターンを示す中央の白いメーターが最下部までいっても決着がつかない場合は、その時点で画面上のメーターが中央よりも押している方の勝利となります。

直接攻撃で攻撃すると少なからず反撃のダメージを受けるので、部隊数が減れば攻撃力も下がり、メータにも影響するので、時にはガードをうまく使ったり、時間切れを狙ってあえて攻撃しないことを考えることも必要です。

戦国ランス販促ムービー

※このゲームは18禁です

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★

総評<ややネタバレあり>

戦国シミュレーションが苦手、アダルトゲーム(エロゲー)に抵抗があるという方々にも抱いてる先入観をとっぱらってでもプレイしてほしいくらいおすすめできるゲームです。

確かに大まかなゲーム性は地域制圧型のシミュレーションですが、戦国ランスには強烈な俺様系主人公のランスが繰り広げる世界観が存在し、ユニークな会話のやり取りや独特のゲーム性が随所に詰め込まれてます。

マップ画面のコマンドでは開発して収入を増やしたり、合戦の準備をして有利に進めるなどは基本的ですが、時には迷宮に潜ってレベルを上げたり、優秀な人物を勧誘したり、お好みのキャラとの交流を深めたり色々とすることができます。
他にも「これ何だろ?」と思うようなコマンドも特定キャラをクラスチェンジさせるものだったり、あれもこれも色々試したくて行動数が足りなくて困ってしまいます。

合戦は敵側との兵力差があってもガードをうまく使ったり倒す順番を考えたりするだけで勝てるようになったりなど色々な戦略の立て方があってシンプルですが奥が深い作りだと思います。
敵側で出撃してくる武将によって難易度が変わるなど運がからみますが、欲しい武将が出てきたりすると嬉しくなります。

会話、コマンド、成長、合戦などあらゆる面でとにかく止め時がわからなくなるほど夢中になって何時間でもプレイしてたくなります。

地域制圧型のシミュレーションというと、三國志Ⅱのレビューでは「この手のゲームは半分も領土を取れば配下も充実して終盤に近付くほど温くなる」と申し上げましたが、

戦国ランスは地域制圧型シミュレーションゲームとしては難しいと私は思います。

理由としてはターンによってイベントが進行するのもあるのでモタモタしてると状況が変わり、ゲームの流れが変わってしまうのです。
知らない内に他国同士の合戦で滅ぼされた国も出てきます。
初回をプレイしていけばわかりますが強制的なイベントが発生するのできちんと育ててないと苦労します。

また、敵国を攻め落としても安心できません。
というのも、高確率で次のターンで反撃戦をしかけてくるのです。
同じターンで二国に攻め込むとターンを終了した時にその二国から高確率で攻め込まれる可能性があります。

その為、部隊数、兵士数が充実していない、金がなくて補充が追いつかないと対処しきれない場合が度々でてくるので毎度毎度、ターンを回す時は緊張感が走ります。

「ターンで定められた強制イベント」「反撃戦の対処」がこのゲームを難しくしてる要因となってるのは間違いありません。
また初回ではほぼ倒せない敵もいるのでその辺りはゲームを進めてこまめにいくつもセーブデータを残して慎重に進めて行くことをおすすめします。

そして一度クリアすればプレイ状況に応じた得点が与えられ、そのポイントを使って他国の武将を最初から配下に加えて周回プレイすることができます。
周回は5ルートもあるのでそれぞれ違ったゲームの進め方があるのでまた違った戦国ランスを楽しむことができます。

これだけ夢中になれ、多くのルートも遊べて何時間でも遊び続けられる戦国ランスはゲームが好きな人には本当におすすめできる極上の作品です。

なお戦国ランスの通常版の対応OSはWindowsXP、98、Meなど少し古いですが、私のWindows10のデスクトップパソコンでも正常に動作してくれます。(参考の為)

ただ現在はWindows7/8にも対応している「廉価版」もありますので、ご検討してみてください。
DMMでの購入はWindows10にも対応したダウンロード版で少し安くておすすめです。

【戦国ランス廉価版の対応OS:XP/Vista/7/8】

戦国ランス廉価版

 
 

【戦国ランス通常版の対応OS:Windows98/Me/2000/XP】
戦国ランス
 

ランス・クエスト/ランス・クエスト マグナム(Win)

ランスクエストマグナム

パソコンの人気シリーズ「ランス」の第8作目はダンジョン探索を中心としたクエスト受注型RPGで、お馴染みのキャラが多数出てきます。
戦闘に技の使用制限を設けることで多くのキャラクターを幅広く使え、画像を取り込んでオリジナルのキャラクターも参戦できます。(18/04/15)
記事を読む

RanceⅨ-ヘルマン革命-(Win)

ランス9

ランス9は1989年の第一作から20年以上続いてる人気PCゲーム「ランスシリーズ」の9作目で戦闘にタクティカルバトルを採用したシミュレーションRPGです。
今回は7人のメインヒロインに焦点を当て、各ルートやラスボスが個別に用意されています。全てクリアした後に待つ真のエンディングでは…。(18/09/17)
記事を読む







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください