恐れ入りますが現在レイアウトを修正中です。一部ページの見づらい箇所はあるかと思いますがご了承ください。ページの遷移などには影響ありません。

同級生(PC98版、Win版)

1992年12月17日発売(エルフ)

同級生windowsリメイク版
出典:DMM GAMES.R18

同級生はプレイヤーが物語を作る恋愛アドベンチャー

同級生は1992年の12月にパソコンのPC9801でエルフ(elf)から発売されました。

このゲームはプレイヤーの行動次第で知り合ったりデートできる女の子が変化する18禁恋愛アドベンチャーゲームです。

大ヒットした「同級生2」のベースとなった作品で、当時のX68000やFM TOWNSなど他メーカーのパソコンに加え、性的描写を緩和してPCエンジンやセガサターンなどの家庭用ゲーム機にも移植されました。

さらに1999年にはグラフィックや一部内容をリメイクしてWindows版として移植され、2009年にはPC98版に準拠したオリジナル版をDMMからダウンロード販売されるようになりました。

本ページではPC98版からグラフィックの強化、シナリオの一部変更などリメイクされたWindows版を中心にご紹介させていただきます。

 

同級生のストーリー

同級生windows
たくろうは両親の仕事の都合で親元を離れて一人暮らしをしている先負(さきまき)学園の3年生。
学校では何かとトラブルを巻き起こし破天荒な性格で無類の女好きとして有名だった。

そして高校生活最後の夏休みに女の子達との恋愛を思いきり楽しむ為に行動する。

 

同級生のキャラクター

「同級生」でたくろうと交流できる女の子は全部で14人です。

・桜木舞(さくらぎ まい)
同級生。クラスの憧れの存在であり、それ故周りからどこか距離を置かれている。

・田中美沙(たなか みさ)
同級生。陸上部に所属し、たくろうとはよくケンカする。

・黒川さとみ(くろかわ さとみ)
同級生。たくろうとは幼馴染で喫茶店でバイトをしている。

・仁科くるみ(にしな くるみ)
同級生(下級生)。たくろうの親友の一哉の彼女。

・鈴木美穂(すずき みほ)
同級生。放送部に所属し、花屋でバイトをしている。たくろうに密かに思いを寄せてる。

・芹沢よしこ(せりざわ よしこ)
担任教師。何かと問題をを起こすたくろうに手を焼いている。

・斎藤真子(さいとう まこ)
学園の校医で亜子の姉。学園生に絶大な人気がある。

・斎藤亜子(さいとう あこ)
先負町の薬局で働く真子の妹。控えめでネガティブな性格。

・正樹夏子(まさき なつこ)
ブティックでバイトする黒髪ロングヘア―の専門学校生。

・田町ひろみ(たまち ひろみ)
藤田製作所の従業員。ショートカットのチョイポチャ。

・佐久間ちはる(さくま ちはる)
中盤で登場。知り合うには…?

・真行司麗子(しんぎょうじ れいこ)
着物姿の人妻。知り合うには…?

・成瀬かおり(なるせ かおり)
化粧が濃く派手な格好をいている。知り合うには…?

・草薙やよい(くさなぎ やよい)
幾度か町でたくろうとぶつかるクール系美人。知り合うには…?

 

ヒロイン各の舞を筆頭にクラスメイトや先生、近所の薬局の斎藤姉妹…。
他にもゲームを進めていけば色々な出会いが生まれてきます。

なおPC98版で同級生だったくるみはWindows版では下級生に変更されています。

タイトルが「同級生」でありながら登場する同級生は実質14人中4人だけという衝撃の事実!

 

同級生のシステム

夏休みの前半をアルバイトに費やしたたくろうは後半を女の子と遊ぶ時間に使います。

同級生に細かいルールはありません。
プレイヤーであるたくろうを街中で操作し、駅や学校など好きな場所にいって女の子と出会い交流を深めていきます。

何度か会話して仲良くなればデートすることもできるようになり、キャラごとの重要イベントを達成することで…。

なお建物や施設などに入るたびに時間が流れていきます。
キャラクターにはある程度の行動パターンがあり、時間帯によって出現する場所が変化します。

学校には校舎内のマップがあり、教室や職員室など入れる場所がたくさんでてきます。
それだけ生徒や先生等学校関係者にはよく出会いますが、教室などに入るだけでなく階段の移動でも時間が経過するので注意が必要です。

ゲームの期間は8月10日から30日までです。
31日は心に決めた一人の女の子に告白することになり、成功すればハッピーエンドでキャラクターごとのエンディングを見ることができます。

同級生のイベント

同級生windows
基本的にターゲットとなる女の子がいる場所や時間をある程度把握し、何度も会って会話を進めて行きます。

序盤で遭遇できる女の子はクラスメイトや顔見知りばかりですが、イベントで知り合った女の子も以降は街中でも会うことができるようになります。

そしてデートすることができるようになればさらに仲が深まります。

各キャラクターには高感度が設定され、選択肢や行動で変化します。
うっかり選択肢を間違えたりデートに遅刻したりするだけでなく重要イベントを逃してしまうと絶望的です。

重要イベントを見ればその娘はもうあなたに夢中です!
やがてロマンティックなムードから愛を深めることに…。

 

「同級生」はある程度は複数同時攻略は可能ですが、中にはある女の子とのイベントを進めすぎると別の女の子のイベントが折れるパターンがいくつか存在します。

仲のいい子同士や親しい間柄などキャラクターの立ち位置や状況を考えればなんとなくわかってきます。

※パソコン版は18禁です。

 

同級生の感想<ややネタバレあり>

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★

 

「同級生」が発売されたのが約30年前になりますが、今振り返っても本当に良くできたゲームシステムだと思います。

ルックスや性格、置かれてる立場も違う女の子と仲良くなるためにはプレイヤーは同じ進め方では攻略が絶対にできないので相手の行動バターンはもちろん心情を読み取っていく必要が出てきます。

ゲーム自体は本当に好きな時に好きな場所に行くだけなのでシンプルで自由度は高いですが、やはりターゲットなる女の子といかに出会えるか、イベントを進められるかが肝になります。

そして前述した通りある子と仲が深まれば特定の子とは結ばれなくなるという流れが自然な流れで出来上がっているのもすごいと思いました。

 

難易度に関してはキャラクターによって攻略が簡単なのもいれば激ムズのキャラもいるので平均して★3つです。

その激ムズのキャラはオリジナルのPC98版と違いリメイクされたWindows版で群を抜いて条件が厳しくなりました。
このキャラと結ばれるためには特定の場所の出現や事前に仲をある程度深めなければいけないキャラも多く、さらに行動日数の制限も迫ってきて本当に大変でした。

それでも先負町には有料でヒントをくれる人もいるのでドンドン利用するべきです。
8人以上とか無茶な同時攻略をしなければデート代などでもそこまでお金に困ることはありません。
どのみち一周で全員同時攻略はできませんので。。

とにかくキャラクター一人一人にストーリーはもちろん、個性や各々の抱えてる悩みが存在し丁寧に設定が作られています。

ちなみに私は亜子さんがお気に入りでしたが、久々にリメイク版をプレイしてみても変わってませんでした。

 

1990年代のアダルトゲーム業界は「エルフ」と「アリスソフト」の2トップだった印象があり、私はまごうことなきエルフ派でした。(そんな派閥があったかはしりませんが。)

それだけ当時のエルフのゲームの作品のクオリティが高く、単なる魅力的な美少女が出てくる「エロゲー」としてだけでなくプレイヤー視点を意識して練り込まれたゲームシステムが評価されてたからだと思います。

残念ながらエルフは現存しなくなりましたが、名作の数々は今でも残されています。
「エルフを知らない」「同級生をプレイしたことがない」「PCゲームになじみがない」などの方でも機会があれば是非遊んでいただきたいほどおすすめです。

 

もし「同級生」をプレイされたい方は、パッケージ版の購入は対応OSが古いので推奨しません。

DMMのダウンロード版であれば、現在はリメイクされた「Windows版」とPC98版に準拠した「オリジナル版」の2種類があり、いずれもWindows:7/8.1/10に対応しているので現行のWindowsパソコンでほぼ遊ぶことができます。

今回ご紹介した「Windows版」の方はフルボイス対応でシナリオや一部ヒロインの性格の変更、エンディングの差し替えなどがあります。ただ一部の性的描写はソフトになっています。

PC98版の仕様で遊びたい方は「オリジナル版」になりますが2007年の規定により一部直されています。(ボイスはなし)。

 

 

また興味があれば一人一人の人間味を重視しドラマ性、難易度が増した「同級生2」も続けてプレイしてみて下さい!
こちらはキャラの約半数が「同級生」です(笑)。

 

同級生2

 

ドラゴンナイト4(PC98版、Win版)

ドラゴンナイト4ドラゴンナイト4は1994年にパソコンのPC9801用ゲームとして発売され、2007年にグラフィックを中心に大幅にリメイクしてWindows版として復活しました。
個性豊かなキャラクターが繰り広げるシミュレーションバトルも面白いですが、ストーリーの後半に待ち構えてる事実は衝撃でした。(19/10/03)
記事を読む


ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

スポンサーリンク
>一日たった5分の脳トレゲームをするだけで【みるみる視力が回復!】

一日たった5分の脳トレゲームをするだけで【みるみる視力が回復!】

遺伝や体質だけでなく勉強、仕事、ゲームなど様々な原因で視力が低下すると生活にも支障が出てきます。【アイアップ】は一日たった5分の脳トレゲームをするだけで視力が改善する革新的プログラムです。

CTR IMG