ザ・トール(THE THOR)はSEOに強くアフィリエイトに最適なワードプレスの優良テーマ

ザ・トール(THE THOR)ワードプレスのテーマ

今回はネットビジネスでとくにブログ運営による集客や収益化を目的とされてる方におすすめの情報です。

 

通常の無料ブログサービスなどを利用していて
何ヶ月も何年もかけて作ったブログの記事がGoogle検索などで検索順位が上がってきても
運営会社がサービスを終了したりすると全てが無駄になってしまいます。

検索順位を上げるのはそうそう短期でできることではないので常に心配のタネです。

 

そうしたデメリットを避ける為、現在は有料で独自でメインを取得し、レンタルサーバーの会社からサーバを借りてブログを運営するのが一般的になってます。

さらにほとんどのレンタルサーバー会社でサービスでワードプレス(WordPress)をインストールすることができ、
HTMLなどの知識を特に知らなくても、ベースとなるテーマを選択し、管理画面でカスタマイズすれば半日もかからずあなた専用のブログを公開することが可能です。

 

今回はそのワードプレスのデザインや機能に特化したテーマのご紹介になります。

ワードプレスで選択できるテーマは見た目のデザインはもちろん、細かく設定できる内容や搭載されてる機能が異なります。
テーマはほとんどが無料で提供されていますが、中には有料のものもあります。

自分の納得いくテーマというのは探すのがなかなか大変です。
ご紹介するのは無駄な時間や苦労を極力避け、SEO対策に優れた上質なテーマを使いたい方におすすめのテーマです。

ワードプレスのテーマ THE・THOR(ザ・トール)の特徴

ここではフィット株式会社が販売しているWordPressの有料テーマのTHE・THOR(ザ・トール)をご紹介させていただきます。

(以降:テーマ名はザ・トール)

 

このザ・トールが自信を持って謳ってるのは「SEO対策に強く上位表示されやすい」「集客・収益に徹底的にこだわった」テーマだということです。

それではザ・トールに備わっている特徴のごく一部をご紹介させていただきます。

 

<SEOの特徴>
・究極のSEO最適化テーマとして検索エンジンから評価されやすい内部構造と高速表示を実現

・モバイル端末で高速表示させる「AMP」を装備

・「見える化システム」で記事ごとの閲覧数、文字数、キーワード数、内部外部リンク数など一望できる分析ツール搭載

 

<収益の特徴>
・「集客・収益支援システム」を搭載で1時間かかるタグの入れ替え作業を数秒絵完了

・「タグ管理機能」でアフィリエイト広告のタグを一括で管理

・グーグルアドセンスのインフィード広告や2つ同時配置のダブルレクタングル広告なども複数配置可能

 

<デザインの特徴>
・美しくおしゃれで洗練されたサイトを誰でもクリックで簡単に作成

・「カスタマイザー」の操作でデザイン編集ができるのでCSSの編集が不要

・スマホ・タブレット・PCなど、どの端末から出も美しくて読みやすいデザインを実現

 

<エディタの特徴>
・53種類の見出しデザインを用意

・498種類のアイコンを標準装備

・2カラム3カラムなどレイアウトも自由自在

 

<機能の特徴>
・プラグインが必要な機能を豊富に搭載

・関連記事、SNSシェアボタン、目次などの設置機能

・お問い合わせフォームを標準搭載

 

<サポートの特徴>
・一度購入すればその後のバージョンアップなども無料対応

・無料・無期限・無制限のサポート体制

 

THE・THOR(ザ・トール)と通常のテーマを比較した印象

上記の特徴だけでもほんの一部です!
まだまだザ・トールの特徴や魅力は語りつくせません。

 

ワードプレスはインストールをしてテーマを決めて記事を作成すればすぐにでも運営できる状態です。
ただ、私はブログを運営してから現在の形になるまでは一年以上かかりました。

 

デザイン面、レイアウト面でもCSSを勉強して、該当する場所を書き換えてボックスの大きさやマージンを調整したり。

AMPに対応させたり、ダブルレクタングルを作成したり。

必要な機能を入れる為にプラグインを色々試してみたり。

複数ページのアフィリエイトタグを書き換えたり…。

プラグインの競合でうまく動かない機能を検証したり…。

 

このようにブログ運営は記事を作るだけじゃありません。
変わりゆく様々な状況に対応し、自分で調べて反映させ、予期しないトラブルなども含めて悩んだり心が折れかかることもあります。

記事作成以外でも膨大な手間と作業時間が必ず発生するのです。

 

ザ・トール(THE THOR)ワードプレスのテーマ
それら一つ一つはネットで調べれば自力でもなんとかできますが、時間はもちろん労力もかかります。
やっとトラブル対処が終わるとその日は記事を作成する気力すらなくなることもあります…。

 

ただ、それまで私が苦労した作業のほとんどがザ・トール内の設定だけでほとんどができてしまうのです。

自分が設定やトラブルがらみで今までかけてた時間はなんだったのか!

 

ワードプレスは欲しい機能などに関してはプラグインなどをインストールすれば補うことができます。
ただプラグインを入れすぎると、ワードプレス上の動作、公開している記事の読み込みが重くなったりします。(経験済み)

ページを開く動作が遅いのはグーグルのいうところの「訪問者に動作の遅い体験をさせる」こととなり、評価が下がり結果的にSEO的、検索順位にも不利になります。

そうなると、テーマは自分が欲している機能をはじめから搭載しているものがいいに越したことはありません。

とはいうもののテーマそのものはものすごい数があるので一つ一つ調べて機能を確認するのもなかなか大変です。

 

その点、このザ・トールというテーマは必要と思われるプラグインのほとんどを標準機能として搭載しています。

そればかりか見出しやアイコンなども用意されてるので
CSS編集が不要なのはもちろん、アイキャッチの画像加工もテーマ内でできるのが地味に便利だと思います。

プラグインばかりかPhotoShopなどの画像加工ソフトなどもわざわざ起動する必要がなくなるということは同時起動しないでパソコンのメモリに対しても負担がなくなり、結果的に作業がよりやりやすい環境になります。

それにアフィリエイトで稼ぐ為に、便利なツールがあるのがいいですね。
ASP側の都合で複数のタグの修正とかホントに大変ですから(苦笑)

 

このように私が今までかけてたような記事作成以前の、「ネットビジネスのブログ運営に最低限必要な機能」をすべて標準搭載し、「SEO対策に特化している」このザ・トールは非常に優良ななテーマだと思います。

とくにブログを運営はじめたばかりの方には、色々調べたりする余計な時間もかなり短縮できるのでおすすめできます。

有料ではありますがそれだけ無料テーマにはない豊富な機能が標準搭載していますし、私のような苦労や余計な時間を避けられるなら多少の投資も許容できる範囲のはずです。

 

ザ・トールに興味がありましたら以下のバナーから専用ページへ遷移して、詳細を確認してご検討してみてください。

 

 

Google chromeのデベロッパーツールはCSSの編集に最適

グーグルクロームのデベロッパーツール

このページではGoogle chromeで使用できるデベロッパーツールの利便性を紹介します。
Google chromeデベロッパーツールの使い勝手が非常に素晴らしく、ワードプレスなどで作成されたサイトのデザインをCSSで編集する際に大活躍してくれます。その具体的な操作を説明しています。(17/10/29)
記事を読む

SNSシェアボタンと関連記事を設置できるプラグイン「Shareaholic」

SNSシェアボタンと関連記事を設置できるプラグイン「Shareaholic」

ワードプレスのプラグイン「Shareaholic」をインストールすればSNSのシェアボタンを配置できるよになり、訪問者数の増加に役立ちます。
また設定により関連記事も数を選んで配置することも可能です。それにより訪問者を別のページに誘導できます。(18/01/07)
記事を読む

超簡単に目次を生成できるプラグイン「Table of Contents Plus」

ワードプレスのプラグイン「Table of Contents Plus」をインストールすれば簡単に短時間でページ内に目次を作成することができます。
目的の箇所を探したりする手間も省け、訪問者のユーザビリティにも大変役立つプラグインなのでおすすめです。(18/03/11)
記事を読む

モバイルページをAMP対応し高速表示させるプラグイン「AMP」

AMP対応

サイトやブログのモバイルページをAMP化することでデザインをシンプルにし高速表示を実現できます。
ワードプレスのプラグイン「AMP」をインストールすることで簡単にモバイルのAMP対応ページを生成することが可能となります。(19/02/02)
記事を読む

簡単にショートコードでボタンを作成できるプラグイン「Shortcodes Ultimate」

Shortcodes Ultimate

今回はワードプレスの便利なプラグインをご紹介いたします。
わずか短時間でショートコードによるボタン画像とリンクを作成でき、専用のアイコンも豊富に用意されてるのが魅力です。
時間の短縮に大いに活躍してくれます。(19/06/01)
記事を読む

ワードプレスの各記事内の文字数を一括表示できるプラグイン「WP Word Count」

ワードプレスで複数の記事ページの文字数を一覧で確認できるプラグインをご紹介します。
投稿ページ別、個別ページ別はもちろん、平均やトータルも確認できます。
全ページ表示もできるので自分のリライトしたいところを優先的に作業を進める目安もわかります。(19/07/25)
記事を読む


考察TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください