ファイナルファンタジータクティクス(PS版)

1997年6月20日発売(スクウェア)

ファイナルファンタジータクティクス

ファイナルファンタジーのアビリティシステムをユニットに取り入れたタクティカルバトル

ファイナルファンタジータクティクスはファイナルファンタジーシリーズの外伝的な作品となり、シミュレーションRPGにファイナルファンタジーⅤでお馴染みのジョブやアビリティシステムを取り入れました。

ファイナルファンタジーシリーズとは直接の繋がりはないものの、タクティクスオウガを制作したスタッフによってシステムを取り入れ、より緻密で戦略を要するバトル形式が楽しめるようになりました。

ストーリー

獅子戦争といわえれるイヴァーリスの内戦によりガリオンヌ領領主ラーグ公とゼルテニア領領主ゴルターナ公による権力争いがあった。
この戦争を治め、王に就いたのはディリータと語り継がれたが一部の書物によると真の英雄はラムザと言われている。

プレイヤーはこのラムザとなり真実の歴史を歩みだすことになります。

ジョブシステム

ラムザなど各ユニットに適用できるジョブは主にファイナルファンタジーⅢやⅤで登場してきたものを含め20種類あります。

戦士やモンクなどの前線のアタッカー系や白魔術師や黒魔術師などの後方支援や攻撃魔法など多種多彩です。
初めは選択できるジョブが少ないですが、ジョブの経験を積んでレベルを上げることにより、特定レベルに達したジョブ同士の組み合わせでさらに上級職が選べるようになります。
また敵を倒してアビリティポイントを獲得することにより、ジョブ固有のアビリティを覚えていくことができます。

アビリティシステム

ファイナルファンタジーⅤで大好評だったアビリティシステムを採用しています。
例えばジョブが「戦士」の状態でアビリティに「黒魔法」をつければ戦士の状態のまま「黒魔法」が使えるようになります。

さらにファイナルファンタジータクティクスでは敵の攻撃を受けたときに発動する「リアクションアビリティ」、セットすれば常時有効な「サポートアビリティ」移動時に反映される「ムーブアビリティ」などがあります。

これらのアビリティを自分のお好みに組み合わせて強いキャラを作るのがこのゲームの一番面白いところです。

プレイキャラクター

ゲーム開始時は主人公のラムザだけをメイキングして、序盤は数人のモブキャラを連れていくことになります。
モブの育て方も自由なので役割をしっかり決めておくといいでしょう。

ゲームを進めれば専用のジョブとアビリティを持ったキャラクターが徐々に仲間に泣てくれます。
もちろん、彼らもラムザ同様に従来のジョブチェンジやアビリティ装備が可能です。

戦闘システム

戦闘は「タクティクスオウガ」のシステムに近く、ウェイトターンシステムを採用しています。

三國志曹操伝など一般的なユニット形式を動かすシミュレーションRPGは自軍のコマンドを終了したら敵軍のターンに切り替えて交互に進めていきますが、ウェイトターンシステムはマップ上の敵と味方の全キャラの中からパラメータの素早さが高いキャラが優先されて行動できるようになっています。

ゲームではわりと重要な要素で、すぐに攻撃できるキャラもいれば、なかなかターンが回ってこないキャラもいます。
これはジョブはもちろん、装備やアビリティなども関係してきます。

ファイナルファンタジータクティクス
また通常攻撃する際、敵の正面からは与えるダメージも少なくガードもされやすいのですが、側面や背後からはより大きなダメージが与えられ、ガードもされにくくなります。

経験値も対象となる敵とのレベル差が大きいほど多くもらえ、差があまりないと大してもらえません。
ただ、味方もを攻撃できるので、あえて味方を攻撃することで経験値を得られ、レベルの調整が可能です。
他にも地形や相手のいる高低差の関係によってダメージの量も変わってきます。

このように戦闘では武器、防具はもちろん、素早さ、ジョブ、アビリティ、対象の向き、高低差、様々な要素が絡んで戦闘することになるのでマップによって出てくる敵にあわせてキャラクターの装備やジョブやアビリティなども必要によって変えて戦闘を有利に持っていくことができます。
※これはストーリー上の固定された戦闘の話で、マップ上で発生するランダム戦闘ではどの敵が出てくるかはわかりません。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★
音楽 ★★★★★
難易度のバランス ★★★

総評<ネタバレあり>

このゲームをやるまで多くてもせいぜい一日2、3時間しかゲームをしてなかった私ですが、ファイナルファンタジータクティクスは一日で最高10時間プレイしたこともあります。
それだけこのゲームに熱中でき、ずっとプレイしていたいほど中毒性が高かったのです。

キャラデザは見た目柔らかくゆるい感じのタッチですが、ストーリーは策謀渦巻く抗争の中でわりとドロドロしていて悲劇的なシーンもあります。

ストーリー、戦闘、キャラクターのカスタマイズなどゲーム全体的にほぼ文句なしに面白いです。

ただ、敵の固定キャラと違い、ランダムの敵の出現法則はいささか意地悪な気がしました。
例えば、やたら物を投げてくる敵がいるマップかと思ったので、アイテムを受け取る為サポートアビリティの「キャッチ」を装備して出陣し直したらその敵が全くでてこなかったり。

なぜかプレイヤーが事前に対策した属性やアビリティの敵は出にくく、見落としてる弱点をついてくる敵が出てきやすい感じがしました。(気のせい?)

ちなみに召喚士の召喚魔法は離れた敵に対して味方を避けて広範囲に攻撃できるので非常に便利とは思いますが、詠唱時間が長く発動する頃には敵が対象からみんな逃げた後とかだったので使いどころが難しく私はあまり使いませんでした。

あとファイナルファンタジータクティクスを語る上で欠かせないのが「オルランドゥ」というキャラクター。
元祖チートキャラといっていい存在です。

とにかく攻撃も防御もずば抜けているうえ、複数のキャラの専用アビリティを「全剣技」として一人で全て備えており、遠距離から強烈な攻撃をガンガン発動できます。
これは救済措置なのでしょうか?
その強さといったら呂布だって目じゃないです。

なおクリア後はディープダンジョンというレベルの高い敵のいる迷宮にチャレンジできます。
本編のボリュームももちろんですがやり込み要素は高いです。

なおファイナルファンタジータクティクスはPlaystathion1(PS one)だけではなく、
後にPSPにも「ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争」として追加要素を加えて移植されています。

「過去の面白いゲームがやってみたい」と思う方には絶対におすすめのゲームです。

 







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください