探偵神宮寺三郎 未完のルポ(PS版)

1996年11月29日発売(データイースト)

ファミコンの最終作から6年ぶりに次世代機で復活!!

「探偵神宮寺三郎 未完のルポ」は新宿に探偵事務所を構える神宮寺三郎が活躍するシリーズ第5作目です。

前作は1990年のファミコン末期に発売されて以来、すでにスーパーファミコンに時代が移行しつつも全く音沙汰がありませんでした。
そしてようやく、1996年、次世代機抗争の中で勝ち抜いたPlaystation(PS1)とセガサターンで約6年ぶりの新作として発売されたのです!

時代的にはスーパーファミコンを飛び越え、二世代も経てからの新作なのでグラフィック、音楽、ボリュームなどファミコン版の4作品と比べると別格の作品となってます。

大幅に進化したグラフィック

オープニングにはアニメーションやCGムービーが追加され、また神宮寺に会える日が来るとは思ってませんでした。

背景グラフィックが実写をスキャンしてるのか、とにくリアルに描かれています。
テキストも大きくなり、漢字も使用されてるためかなり読みやすくなりました。

ストーリー

神宮寺三郎の飲み仲間である池上康明という男から一通のエアメールが送られてきた。
中には鍵とメッセージが添えられて…。

同じころ、ムルソン共和国のレムチャ村に滞在しているジャーナリストの与野恭介は、元上司の池上と再会し、別れた後帰国する。

後に2人は出会うことになり、池上の残した「未完のルポ」を完成させるためお互い協力しあうことになる。

キャラクター

神宮寺 三郎(じんぐうじ さぶろう)

本作品の主人公。
新宿歌舞伎町に事務所を構える。
数多くの事件を解決してくるが時には利益よりも心情を優先することもある。愛煙家。

御苑 洋子(みその ようこ)

神宮寺三郎の助手。
数か国語の語学に精通し、違った視点からの推理で多くの場面で神宮寺をサポートするしっかり者。

熊野 参造(くまの さんぞう)

新宿淀橋所の警部。
神宮寺とは親子ほど年齢が離れているが
幾たびの事件を通して神宮寺と協力し合い、気心が知れた存在。

与野 恭介(よの きょうすけ)

元上司の池上の遺志を継ぎ、未完のルポの完成を目指すジャーナリスト。
神宮寺と知り合うことで協力し合い自身も事件に巻き込まれていく。

システム

本作はオーソドックスなコマンド選択式のアドベンチャーゲームです。
場面に適したコマンドを選択してゲームが進行していきます。

捜査に行き詰まったら神宮寺は「タバコを吸う」ことで進む場合もあります。
なお神宮寺以外を操作してる時はこの「タバコを吸う」がキャラに応じたアクションに変わります。

そして「未完のルポ」の最大の特徴は「ザッピングシステム」です。

物語の一定の区切りで操作(捜査)するキャラクターを神宮寺、洋子、熊野、与野から選択します。(場面によって選択できるキャラクターは変化します。)

それにより今までの神宮寺の視点だけでなく、洋子や熊野たちがプレイヤーとなって行動し、神宮寺とは異なった各々のストーリーを進めることができます。

同じ時間軸で同時進行しますが、ある程度のポイントで新たにプレイするキャラクターを選択できるようになります。

そして一部の場面では従来のコマンド式アドベンチャーから画面が切り替わり、尾行モードに入ることがあります。

3Dポリゴンで描かれた街の中を神宮寺三郎を動かして、周りの人と会話しながらターゲットを追うことになります。
なお、ゲームが進めばカーチェイスをすることもあります。

 

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★★★

総評

個人的には神宮寺三郎で一番好きな作品はこの「未完のルポ」です!
とにかくストーリーもザッピングシステムも面白いです。

一般人気では神宮寺と洋子の出会いに触れた次作の「夢の終わりに」が一番人気があるようですが、「未完のルポ」のザッピングシステムの方が、行動範囲も広く、ストーリーが複雑に分岐し、全く違ったストーリー展開を楽しめます。

「夢の終わりに」はメインのストーリーは確かに評価されるのはわかりますが、こちらのザッピングシステムは洋子とあるキャラがほとんど一緒に行動するのでキャラを切り換えたところで同じ話を辿る感じでわりとしんどく感じました。

ザッピングシステムは極端な話、全部のシーンをプレイする必要はありません。
他の人がとった行動も後である程度は説明が入るのでいくらか理解できるようにはなってます。

一回目は基本、神宮寺を中心にクリアして、二回目以降は別のキャラクターを中心に遊んでいけばボリューム的にも十分だと思います。

尤も、私は分岐前のセーブデータを一回一回保存し、同じ軸の全てを見てから先に進んだので進行はめっちゃ遅かったです(笑)。
このルートの別れ方はわりと複雑ですが紙にメモを取る程度で簡単に理解できます。

事件の詳細はプレイしてのお楽しみですが、ストーリーが長くなった分、他のキャラクターの捜査した内容がちょっとした伏線になってたり先が常に気になる展開です。

グラフィックは前作の時のファミコン時代の最後の作品となった「過ぎゆくままに…」から6年が経過したとあって格段にパワーアップされ、場面を盛り上げるBGMとあわせて「神宮寺」のハードボイルドな世界観がよく表現されています。
それに加え、UI周りやほどよい難易度も文句ありません。

ちなみにゲーム中に訪れるある病院は、悪の巣窟をイメージしたかのような不気味なBGMがすごく好きです。

ただ、キャラクターのグラフィックについてはシリーズで最下位かもしれません(苦笑)。

背景が実写のようにリアルなのに逆にアニメチックになったキャラデザイン。
何より、クールさが魅力の洋子さんが雰囲気変わり過ぎて劣化している(!)
(キャラクターデザインは寺田克也氏ですが、ゲーム中のキャラは開発スタッフが描いたようです。)

そういうわけで洋子さんに関しては「夢の終わりに」に軍配が上がります…。

ちなみに今泉はキャラが変わり過ぎ!(これが初登場ですが。)
威厳が増した以降の作品よりもこのままナイトのようなキャラでよかった気もします。

しかし3Dポリゴンを使用した尾行モードは今思うとなかなかシュール。
カーチェイスは結構イライラします。
当時はやっていたバーチャファイターなど3Dポリゴンを用いた表現をここぞと取り入れたのでしょうが。。

こうしたミニゲーム要素は以降の作品では毎回のように違った形で作品内に搭載されていますが、尾行モードとカーチェイスは全く見なくなったので不評だったのでしょうか?(私は別に嫌いじゃなかったですが。)

 

アドベンチャーゲーム好きにとって、ストーリーも長く、色々な方向から楽しめ、美しいグラフィックがたくさん見れるようになったのは嬉しいですね。

というわけで「夢の終わりに」も確かに名作ですが
是非、私が一番大好きでおすすめの神宮寺「未完のルポ」をプレイしてみて下さい!

 

 

探偵神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK(3DS)

探偵神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK

2017年に30周年記念作品として発売された探偵神宮寺三郎シリーズ第17弾になります。
今回はある屋敷でホームレスの死体を発見するところから事件が始まり、捜査を進めて行くうちに思わぬ展開に発展します。
今作も本編他、4本の短編と謎の事件簿も収録。(17/11/22)
記事を読む

探偵神宮寺三郎 PRISM OF EYES(PS4版)

探偵神宮寺三郎 PRISM OF EYES(PS4版)

2017年にシリーズ30周年を迎えたアドベンチャーゲーム「探偵・神宮寺三郎シリーズ」の第18弾は14年ぶりにコンシューマ機に復活しました。
シリーズ初のHD画質に対応し、新作3本、リメイク作品10本、謎の事件簿と次回作の体験版を加えたボリューム満載の内容で神宮寺三郎の事件が楽しめます。(18/09/02)
記事を読む


ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください