AKIBA’S TRIP2(PS3版)

2013年11月7日発売(アクワイア)

AKIBA'S TRIP2

新感覚のストリップアクション

なんの予備知識もないまま、パッケージ見て前作のAKIBA’S TRIP(アキバズトリップ)を購入したら思いのほか面白かったので2は発売日に買いました。(Vita版も同時発売)
後にPS4版に移植もされ、2017年の2月にはおまけ要素を追加したAKIBA’S TRIP2+Aも出てます。

ストーリーは至ってシリアスですが戦闘が相手の服を脱がす、という一風変わったスタイル。
自分や相手の装備にもよりますが、頭部、上半身、下半身に身に着けている帽子やシャツやズボンなどにはそれぞれ耐久力が設定され、全て0にすると脱がせる、破くことができ、太陽の光を直に浴びた魔該者(まがいもの)は消滅し勝利となります。
当然、自分も全て脱がされればゲームオーバーです。

秋葉原を舞台に物語は繰り広げられ、実在する店舗も実名で出てきます。
街には普通に人間や人間に扮した魔該者も混じっており、いつどこでも戦闘の可能性があります。(人間は倒すと消滅はせず、下着姿のまま逃げていく)

普通に街中で通行人の女の子の服を脱がすという行為がリアルなら完全アウトですが、これはまあ、ゲームですし、ちょっといい意味でばかばかしいところがいいです。

武器は剣やバットなどの他に、ギターやネギやパソコンのキーボードなど、日常にあるものをなんでも武器として使用できるのがこのゲームの面白さの一つであり、身に着ける装備も同様でボーダーシャツなどの一般的な服の他にキャラクターもののTシャツやメイド服などコスプレに使われる衣装などちょっと笑える非常に多くのバリエーションがあります。

主人公キャラは好きな武器を選び、好きな服を着て完全に自分だけのコーディネイトでキャラを育てあげることが楽しめます。(一度クリアすればキャラの外観も変えられます)
ちなみに武器は射程範囲や攻撃アクションに違いはありますが、攻撃力そのものは初期値こそ違いがあれ、気に入った武器を集中的に育てればどれも最強の武器になるので好きなものを選んで大丈夫です。

前作からの追加点としてストリップモーションを身に付ければ服の脱がせ方のアクションを変更できたり、パートナーがいる時はコンビプレイのアクションを使えたりします。
ストーリも分岐があり、ヒロイン別のマルチエンディングを採用しています。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★★★

総評

★で見る限り、評価は概ね高い結果となりました。
操作性はよく、複雑なところもありません。
キャラクターもモブ含め、丁寧に描き分けされ魅力的なヒロインも多いです。
難易度のバランスは簡単すぎず、難しすぎず、さらに難易度のランクも選択できるので文句なしです。
私がこうした秋葉原、オタク文化が好きなので甘めの採点かもしれませんがテンポはいいし闘技場やサブイベントもあり、楽しめる要素は多いです。
AKB48をイメージした集団にリンチされることも味わえます。
本編のボリューム不足は若干あるかもしれませんが、周回でヒロイン別のエンディングを目指したり装備をさらに強化したりと充分補えてます。

ちなみに私の所持してるPS3のゲームで唯一、トロフィーコンプできたゲームでした。
3が出たらまた遊んでみたいです。







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください