メガトンアームズ MEGATON ARMS 鋼鉄の武闘界(PC9821)

1994年発売(システムソフト)

メガトンアームズ MEGATON ARMS

隠れた名作の3Dロボットアクション

今回はPC9821専用のメガトンアームズ(MEGATON ARMS 鋼鉄の武闘界)をご紹介します。
本作のキャラクターデザインは代表作「炎の転校生」で有名な漫画家の島本和彦氏です。

メガトンアームズ MEGATON ARMS
コンシューマ機でグラフィックに3Dポリゴンを用いたPlaystationを始めとした次世代機が躍進していた頃、パソコンのPC98シリーズも上位互換のPC9821シリーズとしてこの「メガトンアームズ」や「アローン・イン・ザ・ダーク」など3Dポリゴンのゲームを出すようになりました。

PC9821とは

NECのPC98シリーズの上位互換機として1992年に発売。
「21」というのは21世紀に向けたPC9800シリーズの意味がある。
主な特徴として640×480ドット256色の画面表示モード、PCM音源を搭載しステレオにも対応している。

※PC9821シリーズ内でも機種によっては性能の有無や差はあります

 

遊ぶ環境を作るまで

メガトンアームズはPC9821専用、さらにHD専用です。
フロッピーディスクのデータをHD(ハードディスク)にインストールする必要があり、PC本体、内蔵HDを購入するだけでも25万円くらいかかったと思います。
MS-DOSの知識もちょっと必要です。ネットのない時代だっちゅーのに…。

当時のPC98の一部のゲームはゲームを起動するにも最低限の知識や環境が必要な場合がありました。
ゲームをしたくて貯金をためてようやくゲームを買ったまではいいですが、そこからさらに「ゲームを起動するための準備」というハードルも待ち構えていたわけです。

まあMS-DOSのプロンプトを入力したりHDにインストールしてゲームを起動するくらいなら自分なんかでも独学でどうにかなり、メガトンアームズを買う以前からある程度熟知してましたが。。

システムとロボット

メガトンアームズは個性豊かな8体のロボットの中から好きなものを選択して次々と相手を倒して勝ち進んでいく3D格闘アクションゲームです。
操作はテンキーですが何度もプレイしていけば次第に慣れてきます。

ヒーロー系ロボットの「烈風王」の他、合体ロボやパンツァー型などタイプは様々で各々必殺技を持っています。ちなみに女性型のフレイアは見た目がセーラームーンぽくBGMもどことなく似ています…。

メガトンアームズ MEGATON ARMS
難易度HARDでラスボスを倒せば真のエンディングになります。

戦闘の演出

ゲーム上の設定により視点を変えることができ、コックピット視点にすれば間近で敵ロボットとつぶかりあえる迫力あるバトルが楽しめます。(私はやりにくかったのでデフォルトの視点でプレイしてました。)

メガトンアームズ MEGATON ARMS
またダメージの受け方によっては腕や首が破壊されることがあります!
部位を破壊されたロボットは機動力が落ちたりと戦闘に悪影響が出るところが「リアルなロボットバトルとはこういうものだ!」と見せつけられたような心にくい演出です。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★
難易度のバランス ★★★

総評

今となってはPS4などのHD画質のグラフィックのゲームが当たり前となってるので、カクカクしたポリゴンのグラフィックは古臭いかもしれません。
操作できるロボットが8体しかないのも物足りなく感じてしまいます。
(コードをいじればラスボスも動かせるとの噂がありましたが。)

この当時はすでにPCエンジンのCD-ROMなどでゲームにアニメーションを導入したりキャラクターが声を発したこすることは革命的なことだったのですが、そうした表現、演出面に関してPC98は後れを取ってる感は否めませんでした。
そしてようやく私はPC9821を手に入れ、自分のパソコンでゲームのキャラが声を発することに感動したものです。
グラフィックについてもPC9801は16色までしか表示できないので中間色は2色のドットを細かく混ぜることによって表現するな工夫が施されてました。(黒と白を細かいドットで絡めてグレーに見せるなど)
256色ともなると色数の制限が広がる分、グラデーションなども随所にみられ、非常にきれいに感じました。

メガトンアームズ MEGATON ARMS

メガトンアームズ MEGATON ARMS
それに個性豊かな重厚感あるロボットバトルは非常に燃えました!
しかも対戦プレイもできます!
ペンティアム4の66メガヘルツのスペックのマシンで滑らかに快適に動いてくれました。

時にはシールドで敵の攻撃にひたすら耐え、遠距離攻撃で威嚇しつつ、ひたすら逃げ回ることもありました。しかも敵もダッシュで追いかけて攻撃してくるので必死です。

そして逃げながらわずかな隙を見つけチビチビ攻撃し、部位を破壊することで好転し、必殺技を決めて逆転する…。
こうしたバトルを楽しめるのも「メガトンアームズ」でしか味わえない感覚かもしれません。
案外、リアルなロボットバトルになったら自分はこんな戦術になるでしょう。(乗らんけど)

 
3年前の2015年に一度PC9821本体を修理に出し、このゲームの動作は確認できています。
いつでも好きな時にこのゲームを動かせる環境を保ててるのは一つの喜びです。







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください