龍が如く 見参!(PS3)

2008年3月6日発売(セガ:現セガゲームス)

龍が如く 見参!

江戸時代を舞台に刀で戦う「龍が如く」の異色作

今回はヤクザから足を洗った「堂島の龍」こと桐生一馬の物語を描く大人気アクションゲーム「龍が如く」の外伝的位置づけとなる「龍が如く 見参!」の紹介、レビュ―となります。

発売は「龍が如く」「龍が如く2」に続くシリーズ3番目となり、Playstation3ではシリーズ初として発売されました。

私は「龍が如く」はリメイク版以外は全作品をプレイするほど大好きなシリーズです。
そして2020年1月16日にはシリーズ最新作となる「龍が如く7 光と闇の行方」がPS4で発売されるので楽しみです!

 

龍が如く 見参!のストーリー

龍が如く 見参!関ヶ原の戦いの後の1605年。
人が人を殺すことで己を主張する時代に剣を捨てた男は桐生一馬之介(きりゅうかずまのすけ)と名前を変えた。

桐生は京の都の歓楽街・色町祇園で建前は用心棒で、実際には報酬さえもらえばなんでもする生活を送っていた。

しかし遥という少女に出会うことで再び剣士としての心が目覚めることになる。

 

龍が如く 見参!の主なキャラクター

龍が如く 見参!桐生 一馬之介(きりゅう かずまのすけ) 桐生 一馬之介(きりゅう かずまのすけ):剣を捨て桐生一馬之介という偽名を使い京都の祇園の歓楽街で暮らしている。それらの理由とは…?

龍が如く 見参!吉野(よしの) / 揚羽(あげは)吉野(よしの):祇園の遊女の中では「太夫」と呼ばれる最上位の女性。
桐生とはお互いに気になるものの深いところ前は触れずにいる。

龍が如く 見参!遥(はるか)遥(はるか):突然、祇園を訪れた少女。親の仇を打つために桐生に依頼することになるが…。

龍が如く 見参!真島 五六八(まじま ごろはち)真島 五六八(まじま ごろはち):かつては「人斬り」と恐れられていた近江出身の剣士。

もちろん、この他にも多くのキャラクターが物語に関わってきます。
主要となるキャラクターは過去の作品内にでてきたキャラクターをモデルにしているので知ってる人は「ニヤッ」としてしまいますね!

 

龍が如く 見参!のシステム

龍が如く 見参!祇園の街システム面においては従来の龍が如くシリーズと大きく変わりません。
今回は京都の祇園の歓楽街が物語のスタートとなり、拠点となります。

龍が如く 見参!依頼街の人に話を聞いて移動や戦闘をしながらストーリーが進行します。
もちろんサブイベントもあるので合間にチャレンジしてみましょう。

龍が如く 見参!ステータス

龍が如く 見参!ストーリー龍が如くといえばキャラクターには有名俳優が起用されたりします。この人物のモデルはわかりますか?

 

龍が如く 見参!の戦闘

龍が如く 見参!戦闘戦闘シーンは従来の「龍が如く」ではパンチやキックがメインで購入した武器なども使えました。
「見参!」では刀によるチャンバラがメインになります。

龍が如く 見参!ヒートアクションもちろんヒートアクションは健在。
ここぞという時に発動し、刀による多彩な奥義で「見参!」ならではのアクションが楽しめます。

 

龍が如く 見参!の強化とおまけ要素

龍が如く 見参!鍛錬桐生は当然発生するイベントで天啓を習得したり、道場やカカシ陣などで鍛錬をすることで新たな技能を覚えたりステータスの強化ができます。

龍が如く 見参!闘技場ゲームを進めれば本編とは関係なく闘技場で強敵との対戦にもチャレンジできるようになります。

ミニゲームは将棋、麻雀の他に疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る流鏑馬など色々楽しめます。

龍が如く 見参!時代劇なお「龍が如く 見参!」には時代劇ならではのお約束ともいえる演出もあります。

シリアスなストーリーだけでなく、合間にちょっと笑っちゃうようなシーンがあるのも「龍が如く」シリーズの魅力ですね!

 

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★★

龍が如く 見参!の感想

私は「龍が如く」シリーズをほとんどプレイしましたが、
もしかしたらこの初の外伝となった「龍が如く 見参!」がシリーズで一番好きかもしれません…。

やはりプラットフォームがPS2からPS3へと移行した最初の作品だったのも理由の一つです。

HDMI接続によるグラフィック画質の美しさは本当に衝撃的でした。
本体の性能が上がった分、ムービーや演出やゲーム性が格段に向上してるのを思い知らされました。

それを差し引いても私のように旅行や京都が好きな人間にとっては、艶やかな祇園の街並みや美しい街道の景色を見ながら歩くことで古き良き日本の良さを感じとれる作品です。

 

主人公が桐生一馬から桐生一馬之介と名前が変わったのに見た目はほとんど同じ…、と思ったらお金の為に行動するとか何かとぶっきらぼうなところなど性格が異なってるのが新鮮に感じました。
そこも龍が如くのシリーズをプレイしていた方にはより楽しめる部分です。

イベントやミニゲームもこの時代にあった設定や題材などを使ってて種類が豊富にあります。
サブイベント、鍛錬、ミニゲーム、遊女等とにかくやりこみ要素は前二作より圧倒的に増えてます。

投げられたスイカを棒で打ち返す「スイカ割り」などいい意味でバカバカしくて笑えます。

なお難易度は従来の「龍が如く」とほぼ変わらず、ストーリーも同様にグイグイひきこまれる安定のクオリティでどなたにでもおすすめできます。

このゲームをプレイする為だけに収納したPlayStation3を出して設置することもたまにあります。
龍が如くシリーズどころかPlayStation3でプレイしたすべてのゲームの中一番好きな作品です。

 

龍が如くの外伝と言えば「見参!」以外にも「クロヒョウ」「OF THE END」「維新!」などがありますが、クロヒョウ以外は2作目は出ていないのですよね…。
唯一「見参!」はパチンコ化されてましたが。

毎回終わりそうでシリーズを出し続けている「龍が如くシリーズ」。
ただ、私のように「龍が如く」の隠れた名作であるこの見参!の続編を熱望している人がいることをメーカーは知ってていただきたいところです。

龍が如く7も本当に楽しみですが。。

 

龍が如く見参!

 

龍が如く見参!BEST

 

龍が如く7

 

龍が如く(PS2版)

龍が如く1

あのセガがPlaystation2にサードパーティーとして参入!
龍が如くは新宿歌舞伎町をモデルにした神室町(かむろちょう)を舞台に物語が展開されます。
100億円の鍵を握る少女・遥と出会った桐生はヤクザの抗争に巻き込まれ…。(18/10/17)
記事を読む


ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください