がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス(SFC版)

1993年12月22日発売(コナミ)

がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス

名曲を聴きながら多彩なアクションを楽しめるナンバー1和風コミカルアクションゲーム

がんばれゴエモン2 奇天烈(きてれつ)将軍マッギネスは「がんばれゴエモン」シリーズのスーパーファミコン版第二作目です。

本作からはプレイヤーキャラにサスケが選択出来たり、巨大メカのゴエモン・インパクトを操縦して大迫力のボス戦が楽しめるようになってます。

ストーリー

バカンスを楽しんでいたゴエモンとエビス丸の所に、謎の異星人・マッギネスにより大江戸城が要塞となり飛び立ったと知らせを受ける。
ゴエモンたちはマッギネスを追い、サスケを加えて旅経つことになる。

キャラクター

ゲーム開始時にゴエモン、エビス丸、サスケの中から選択でき、各キャラは異なったメイン武器と小判を消費することで使用できるサブウェポンといわれる飛び道具を持っています。

ゴエモンは標準的に使いやすく、エビス丸は動きが遅いもののサブウェポンの使い勝手がよく、サスケは移動速度は一番ですが攻撃力が弱い、などそれぞれ異なった特徴があります。

ゲームの進行

がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
舞台は日本を舞台に「琉球」(マップ上の沖縄あたり)から始まり、ステージが進むごとに日本地図を北に縦断していく形になります。
マップ上の「道中ステージ」に入り、横スクロールアクションでゴールにたどり着くと新たなルートが出現したり、町に進むことができます。

また今作は乗り物に乗った敵を倒すとプレイヤーも乗ることができるようになり、乗ったタイプによって武器も異なります。

がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス

町では今までのシリーズ同様、手に入れた小判で回復アイテムや敵の攻撃を防ぐ防具などを購入することができます。
また今作はアルバイトもできるようになり、ペンキ塗りなどのミニゲームをいくつか遊べ、その成果により、お金を稼ぐことができます。

城ステージ

道中ステージをいつくかクリアしていくと、ステージの最後には「城ステージ」に挑むことになります。


城は「和食」や「歌舞伎」など日本独自の文化をテーマにしたステージが用意され、奥にはボスが待ち構えています。
ステージの造り、ギミック、ボスの攻撃方法など見た目は和風を意識し、ユニークだったり華やかだったり非常に楽しいですが、なかなか難易度が高めです。

↑このボスは手でランダムに形の異なる影絵を作り、幕に映った影が擬態化され、固有の攻撃をしてきます。影からの攻撃をかわしつつ、時間が経ち右側のろうそくが消えれば勝利となります。

ゴエモン・インパクト

ステージによってはボスを倒した後、マッギネスの手下が巨大からくりメカを出撃させることがあり、これに対抗するべく、ゴエモンたちはゴエモンインパクトを呼び出します。

ゴエモンインパクトに搭乗直後は強制横スクロールのアクションステージから始まり、ここで敵を倒すことでエネルギーやキセルボムを補充することができます。(本ページトップ画像)
ただ、ここでダメージを受けすぎるとその後のボス戦にも影響してしまいます。

そして巨大からくりメカとの対戦では、コックピットからの視点で中央のレーダーで敵の位置を把握しつつ、敵の飛び道具を腕でガードしたり、こちらも小判で撃墜したり、右手、左手を使い分け敵を攻撃していくという、まるで本当にロボットを操縦してるような(?)感覚を味わえる緊張感あふれる戦闘になってます。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★★★
難易度のバランス ★★

総評

私は何度かコナミの「悪魔城ドラキュラシリーズ」と「がんばれゴエモンシリーズ」が大好きだとお伝えしております。

私にとって「悪魔城ドラキュラシリーズ」の最高峰が「悪魔城ドラキュラX  月下の夜想曲」であり、「がんばれゴエモンシリーズ」の最高峰は迷わず、今回の「がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス」を挙げます。
いずれも何度も何度も遊びまくったゲームです。

とにかくテンポが良く、会話も楽しく、道中ステージ、アルバイトのミニゲーム、インパクト戦など多彩なアクションがどれも非常に凝った作りで面白く、和の特徴をうまくギミックにとりいれてる城ステージなんて芸術の域に感じてしまいます。

さらに城ステージのBGMは三味線や笛などを使用した和風チックでメチャクチャカッコいいい曲です!
BGM面に関しても過去に遊んだ全ゲーム中、間違いなくトップレベルです。
道中ステージは数が多く、全部違うんじゃないかというくらいBGMの種類も多いのですが、どれも妥協を感じさせないくらい一曲一曲が名曲です。

このゲームで音楽の評価を最大にしなければ、一体これ以上何があるんだ?というレベルです。
BGMを聞きたいだけにゲームを起動することもよくやってました。

でもアクションゲームとしての難易度はやや高めです。
とにかく怖いのはボス戦やインパクト戦ではなく、城ステージ内での落下による「一撃死」です。本当にクリアするまで何度落っこちたかわかりません。

ただ、前作の「がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜」と違い、今作は城ステージで死んでもマップ上からまた城ステージに入ってスタートできるので、「ゆき姫」のように道中からやり直す必要がなくなったのは非常に良くなった点だと思います。

ぶっちゃけ私はアクションはそんなにうまくないかもしれません。
ただ、このゲームは何度死んでもやる気が失せるどころか、絶対クリアしたいという気持ちがあり、それだけ楽しめたのは事実です。

難易度以外の不満点を言うならなボリュームが少ないことです。
この当時でこれだけ多彩なアクションや度肝を抜いたインパクト戦などを採用していてるところからも仕方ないのかもしれませんが、それだけ、「もっとずっと遊びたい!」という気持ちにさせてくれました。

とはいうもののこのゲームはクリア後の隠しステージが四国にあるテーマパークのアトラクションとして遊ぶことができます。
この当時のゲームではこうしたおまけ要素は珍しいですね。

総じて言えるのは「がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス」はBGMも含め、最高レベルのアクションゲームなので絶対おすすめできます!

 

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜(SFC版)

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜はスーパーファミコン用シリーズ第一弾となります。
江戸の町を舞台に繰り広げられるコミカルなアクションゲームをご紹介します。(17/12/17)
記事を読む

コナミワイワイワールド(FC)

コナミワイワイワールド

コナミワイワイワールドはゴエモンやシモンなど、コナミの人気キャラが大勢出演し、彼らを仲間にすることでともに冒険に出ることができるようになります。
ゲーム後半ではツインビーかビックバイパーを選択してシューティングゲームも楽しめます。(17/12/06)
記事を読む


ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

4 Comments on “がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス(SFC版)”

    1. さちりんさん
      こんにちは。コメントありがとうございます。

      若干難しいところはありますが、とても面白いゲームです。
      BGMも非常にいい曲が揃っています。

      また遊びに来てください!

    1. としこさん、コメントありがとうございます。

      このゲームの舞台が日本というのもあって、より私は好きでした。
      それにコミカル要素が加味されてて…。
      ゲームでもリアルでも和の文化は素晴らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください