恐れ入りますが現在レイアウトを修正中です。一部ページの見づらい箇所はあるかと思いますがご了承ください。ページの遷移などには影響ありません。

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜(SFC版)

1991年7月19日発売(コナミ)

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻

ゆき姫救出絵巻はゴエモンワールドの楽しさが満載

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜
「がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜」はスーパーファミコンで発売されたシリーズ第一弾です。
私にとって「がんばれゴエモンシリーズ」はコナミのゲームでは「悪魔城ドラキュラ」シリーズと並ぶお気に入りのシリーズです。

 

ゆき姫救出絵巻は全てが進化したがんばれゴエモン

ゲームはファミコン初期のがんばれゴエモンのゲーム性をそのまま引き継ぎつつ、グラフィックやアクション性、ギミックなどがパワーアップした横型アクションです。
(一部見下ろし型縦スクロールのステージあり。)

プレイヤーはアクションの異なるゴエモンとエビス丸から選択でき、過去のシリーズ同様、小判を貯めてよろず屋などでアイテムを購入してパワーアップさせ、各ステージを進んでいきます。

ステージは全9ステージあり、各ステージの拠点エリアを経由して最後にボスが待ち構えています。

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜
ボスはおたふくや達磨(だるま)など日本の文化や遊具などを取り入れてて、このボス戦が攻撃方法もそれぞれ個性的で視覚的にも楽しめます。

 

ゆき姫救出絵巻のパスワードとクイックセーブ

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜の記録方法はセーブではなく、旅日記をつける際のパスワードを採用しています。

このパスワードを取得することがクイックセーブ機能にもなってて、その後に本体のリセットボタンをおしても旅日記をつけたところから始めればパスワードを入力せずにそのまま再開することができます。

このクイックセーブは非常に便利ですが、あくまで対象は旅日記をつけた時点でのデータなので、残機が0で旅日記をつけたらリセットして再開しても当然0機からのスタートとなります。

また電源を切ったらクイックセーブのデータは消えるのでまた次に電源をつけたらパスワードの入れ直しが必要となります。

 

古いゲームですが風景や時代にマッチした音楽も含め、美しい和の世界を体感できるのでお正月などに遊ぶには最適なゲームではないでしょうか。

 

項目 評価(5点満点)
システム ★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜の感想

このゲームはコミカルでユニークな世界観やキャラ、BGMでほんわかした気持ちで楽しめます。
ゴエモンワールドは古き良き時代の日本を舞台にしたゲームなのです。

が、後半急に難しくなります

敵の攻撃を前方ジャンプでかわしつつ、離れている足場に 着地する際も考慮しなければならず、足を踏み外して落下即死するのを何度も味わうことになります。
スーパーマリオのようなジャンプテクニックを要する為、単純に腕が問われます。

それこそハマれば1回、2回の失敗ではすまされず、9回、10回死ぬことも珍しくありません。

そうした拠点エリアを苦労して突破できてもボスとの辛い戦闘が待っており、ボス戦も後半はほぼ回復アイテムが必須になります。
辿り着くまでにアイテムの消費をいかに抑えるかがポイントとなります。

対策としては丁半博打を繰り返してお金を貯めて、できる限りの最高の装備を整えて挑むしかありません。
そこでクイックセーブが活かされることになります。
あとは何度も死んでも立ち向かう気力を維持するだけです。

 

アクション性の難しさを少し語りましたが
ゲームとしては本当に面白いのでゴエモンシリーズ未経験の方も是非、プレイしてみてください!

 

 

がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス(SFC版)

がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス(SFC版)

私が一番好きなアクションゲームである「がんばれゴエモン2 奇天烈(きてれつ)将軍マッギネス」はスーパーファミコンのがんばれゴエモンシリーズ第二弾です。
巨大からくりメカのゴエモン・インパクトに搭乗し、コックピットからの視点で臨場感溢れるバトルが楽しめ、BGMも全体で非常にクオリティが高いです。(18/05/16)
記事を読む

コナミワイワイワールド(FC)

コナミワイワイワールド

コナミワイワイワールドはゴエモンやシモンなど、コナミの人気キャラが大勢出演し、彼らを仲間にすることでともに冒険に出ることができるようになります。
ゲーム後半ではツインビーかビックバイパーを選択してシューティングゲームも楽しめます。(17/12/06)
記事を読む







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

スポンサーリンク