ポートピア連続殺人事件(FC版)

1985年11月29日発売(エニックス)

自身初、殺人事件の捜査をする

オリジナルはPC版が1983年に発売してその後ファミコンに移植されたのをプレイしました。
30年以上前、週間少年ジャンプで不定期にゲーム特集が始まり、初期のころに大きく取り上げられた作品です。
シナリオはドラゴンクエストシリーズの生みの親、堀井雄二氏。
当時の私は当然、そこまでになる方とは知る由もなかったわけですが。

それまでのファミコンのゲームと言えばアクションやスポーツ等が主流でした。
キャラクターを動かしてパンチしたりジャンプしたりという操作ばかりです。

このポートピア連続殺人事件の画面を初めて見た時は正直、わけがわからなかったです。

ポートピア連続殺人事件

画面に文字が表示されていて会話をしている…!
この当時ではそんなゲーム見たこともありませんでした。
しかも殺人事件?アドベンチャーゲーム?
幼かった私は何から何まで想像がつかなかったわけです。

ストーリー

金融会社ローンやまきんの社長、山川耕造が自宅の書斎で死体となって発見された。
しかし鍵は内側からかけられ、現場は完全な密室だったとわかる。
刑事であるボスは部下のヤスとともに捜査に向かうことになるがその後、事件は連続殺人へと発展する…。

システム

ゲームはプレイヤーがボスとなって部下のヤスに命令し、殺人事件を捜査していきます。
複数あるコマンドから自分がやりたい行動を選択していく「コマンド式アドベンチャー」といわれるゲームです。

「ばしょいどう」で捜査する場所を変えたり、「ひとにきけ」で人と会話をし、「でんわかけろ」では番号を選んで電話をかけることができます。
「なにかしらべろ」「むしめがね」ではカーソルが虫眼鏡に変わり、上下左右に動かして実際細かく調べたい場所を選択します。それにより証拠品などを見つけ、容疑者に問い詰めることができます。

ポートピア連続殺人事件
物語を進めて新しいグラフィックを見ることが楽しめるアドベンチャーゲームの面白さをポートピア連続殺人事件で知り、以来私の中で一番好きなジャンルとなりました。
ただ時代の流れか世代の需要の為かコマンド式アドベンチャーゲームは徐々に減り、現在でも探偵や刑事になって事件を捜査するものに絞ると「神宮寺三郎シリーズ」くらいしか知りません…。(探せばあるんでしょうけど)

そうした時の流れにすれ違うかのように一方で、グラフィックが表示され、ごくわずかな選択肢こそあれ基本的に長いテキストをひたすら読み続けるだけの「紙芝居アドベンチャー」が増えてきました。
が、私はそれらはゲーム性がない時点でゲームと思ってないです。
本がデジタル化されてただカラーの挿絵がついてる程度くらいにしか思ってません。
(好きな方はすみません。)

私はコマンド式アドベンチャーゲームに今も飢えているのです。

 

項目 評価(5点満点)
システム ★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★
音楽 ★★
難易度のバランス

総評(わずかにネタバレあり)

「難易度のバランス」が★一つなのはとにかく適度な難易度ではないということです。

どのように難しいかというと
・コマンドが多く、次に進むフラグがわからない為、最初は考えらえるコマンドをいくつも選んでいく必要がある
・アドベンチャーに加え、難解な3Dダンジョンに遭遇する二度目の衝撃
・画面上、何もないところをむしめがねで調べると証拠品が見つかる場合があり、判定がわりとシビア
・さらに事件に関するものばかりなのでどこに何があるかわからないと先が進まない
・基本的にノーヒント、会話の流れで推理して進むのではなく、いかに正解のフラグを踏めるかという作業
パスワードもセーブもなし、電源切ったら最初からやり直し

「ポートピアなんて簡単!」なんて言ってる人はただ単に「答え」を知ってるだけです。自慢になりません。
一度でもクリアして進め方の正解がわかれば以降は10分から20分でクリアできますが、とにかく最初はどう進めていいかわからず、コマンドを総当たりしたりあちこち調べたりと面倒であり、かなり難しいです。

ただ、難しさを差し引いても、悩みつつ事件を徐々に進めていき、急展開が起こったりした時のスリル感などは自分には非常に楽しめました。
これは周りでも楽しめる人、そうでない人は別れましたね。

BGMはなしですが、初だったのもあり、アドベンチャーはこういう物!、と思ってたのでとくに気にならなかったです。
むしろその無音がなんともいえない不気味さを醸し出していました。(効果音はあり)

まあ今だったら攻略サイトもありますし、絶対クリアできない、というこもないでしょう。
インターネットがなく、雑誌くらいしか情報を得られなかった時代には本当に難しかったです。

なのに犯人のネタバレだけは風の噂で早い段階で入ってきました。

それでもハラハラドキドキできる殺人事件の操作には私は時間を費やして熱中しました。
私、兄、兄の友達でプレイして途中で私の友達も呼んで、奇妙な組み合わせでクリアしたのはいい思い出です。

エンディングはあれはあれはで好きです。
堀井さん、またボスになりたいです!




ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です