ファイナルファンタジーⅢ(FC版、DS版)

1990年4月27日発売(スクウェア)

ファイナルファンタジ―3

ファミコンRPG最高峰の完成度!だが…

今ではドラクエと並ぶスクウェアエニックスの大人気RPGシリーズを築いたファイナルファンタジーの第3弾です。
私はファミコン版とDS版を所持しており、後にPSP版も発売してます。

ドラクエはシリーズが進んでも基本システムは変わらず、ひたすらドラクエ道を作り上げてきた印象ですが、FFはシリーズごとに常にシステムを変えたり新しい試みを追加していく印象があります。

ファイナルファンタジーⅢ(FF3)の新要素

主な新要素は以下の通りです。

・「オーディーン」や「バハムート」などを呼び出せる「召喚魔法」が本作から登場
・多くのジョブを変えて進むため装備などの荷物が膨大な数になるため「デブチョコボ」に荷物を預けられるようになる
・ストーリー上、戦闘に参加しない「同行キャラ」がパーティに加わり、ともに旅に出れる
・船や飛空艇の能力が細分化され、速度や移動できる場所が異なる

ジョブチェンジシステム

ファイナルファンタジーⅢ最大の特徴は「ジョブチェンジシステム」の採用にあります。
キャラの職業を変更する「転職」は他のの作品でもいくつかありましたが、このジョブチェンジシステムはキャパシティポイントがあればいつでもどこでもジョブを変えられます。
最初のすっぴん状態の「たまねぎ剣士」を含め、おなじみの「戦士」や「黒魔術師」、多くの新ジョブとあわせて最大22種類のジョブへの変更が可能となりなります。

ファイナルファンタジー3主なジョブ
ファミコンの性能を考えるとはかなり思い切ったことをしてくれました。
もちろんジョブごとに長所や短所があり、戦闘時のコマンドも異なります。

ストーリーが進めば変更できるジョブが徐々に増え、物語の進行にあわせてジョブを変えていきます。
魔法にしか効かないボスには黒魔術師を多めに入れたり、弱点を変えるボスには「学者」で弱点を見抜いたりと、ジョブの特性を活かした戦い方が楽しめます。

単調なレベル上げ作業にキャラクターの能力を付与する楽しさを教えてくれたファイナルファンタジーⅤの「アビリティシステム」は、このⅢの「ジョブチェンジ」がなければ生まれなかったといっても過言ではありません。

 

オリジナルのファミコン版が出てから長い年月が流れ、ファイナルファンタジーもどんどんナンバリングを増やすも、Ⅲだけは一行に他機種への移植がありませんでした。後に出たⅣ~Ⅵでさえベタ移植とはいえPSで出たのですが。
そのあたりは開発の事情があったのですが、16年経ち、ようやくDSも発売されたわけですが、I、Ⅱ同様、スーファミテイストのリメイクになると思いきや驚きの3Dとなってました。

 

項目 評価(5点満点)
システム ★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★★
難易度のバランス ★★

総評<ネタバレあり>

ファミコンの性能でこれだけの物を作り上げたのは本当にすごいですし、個性豊かなジョブを22種類から選べるジョブシステムはかなり圧倒されました。ゲームとしては非常に面白いのは間違いないです。

ただ、「システム」と「難易度のバランス」は迷わず普通以下にさせていただきました。
もちろん、理由はあります。

戦闘時の「にげる」の仕様が最悪だからです。

まず「シーフ」のコマンドの「とんずら」以外、ほとんどまともに逃げることができません。
最初から成功すること自体、珍しいです。
さらに、にげる前に敵からダメージを受けると「にげごしでぼうぎょできなかった」ことになり、4倍のダメージを食らいます
魔法使い系は後列に下げてなければ一撃死が当たり前です。
戦士系でさえ、瀕死になるのも珍しくありません。

なぜ、こんな仕様にしたのか…、いや、そりゃリアルな戦闘でも後ろから攻撃まともに食らえばダメージでかいでしょうけど…。
このにげるの不便さがこのゲームをより過酷にし、辛い展開へとさせています。

その為、仮にピンチになってもほぼ失敗する「にげる」を選択することは考えなくなります。
必然的に、ダンジョンの探索も最後にボスがいると予想はできるものの、逃げないでほぼすべての雑魚敵を相手にしなければいかず、かなり時間がかかります。
しかも一つ一つのダンジョンも長くエンカウント率も高い
セーブなしで2時間くらいかけて進んでボスに負けたらその日はやる気を失くしてしまうレベルです。

ネット上でもFF3の話題の一つとしてラストダンジョンのことがよく挙げられます。
ラストダンジョンと思われる長い塔を上り、ラスボスと思われる敵を倒し、ようやくクリアか…、と思ったらさらに真のラストダンジョンに強制移動させられ、ルート上えらい歩数を進まなければならず、当然、高いエンカウントと逃げられない戦闘をひたすら続けるはめになります。
もちろんこの間もセーブなし。
しかも4体いる中ボスの1つのアーリマンも凶悪。
最悪、1ターン目にメテオを使われ、2、3人軽く逝きます
これは完全に運です。

ファイナルファンタジーⅢ

ファミコンやってた方はわかると思うんですけど、本体に少しでも触れたり、ちょっと動かしただけで画面が固まったり、ザ~、と砂嵐になったことありますよね?
2、3時間セーブできないとそうしたトラブルが起きないか恐怖でなりません。

ゲームとして難しい、というよりも、面倒、辛い、と感じるところが多いです。
魔剣士の魔剣や魔法以外で攻撃すると増殖する敵が出てくるダンジョンもありますが、まだ魔剣士にジョブチェンジできない段階で出てくるなんてひどすぎます。あの辺の敵は未知の恐怖を感じました。

まあそうした緊張感を味わえるのもこのゲームの良さなのかもしれません。
ちなみに私はラストダンジョン前は以下のように対処しました。
・エリクサーなどは温存しておく
・塔のボスを倒す前に宝を回収して戻ってセーブする
・キャパシティポイントは貯めておき、いつでもシーフに切り替えれるようにしておく(全員後方でダンジョンをとんずらで進むため)
・4体の中ボスはアーリマンから戦う

「にげる」の仕様はDS版でも変わってなかったですね。
ただファミコンでは別格だった「忍者」や「賢者」もDS版ではそこまでチートじゃなくなり、ジョブ全体のバランスはいくらかよくなってます。

色々書きましたが、音楽はトップクラスに素晴らしいです。
通常マップ、浮遊大陸を抜けた広大な海を飛空艇で彷徨う曲、沈没船、中ボス、クリスタルタワー、好きな曲を上げたらきりがないくらいです。

ファミコン版でも5回くらいクリアしてますのでシステムに不満はあるものの、それ以上にこのゲームの長所が多いので何度も遊びたくなるほどの完成度なのだと思います。

 

ファイナルファンタジー(FC版、PS版)

ファイナルファンタジーⅠ

人気RPGファイナルファンタジーの第一弾です。
あのドラクエⅢの約三ヶ月前に発売された当時の時代背景を元にレビューします。
一作目から随所に見られるオリジナリティはヒット作となる可能性は秘めていました。(18/01/27)
記事を読む

ファイナルファンタジーⅡ(FC版、PS版)

キャラクター成長システムを採用し、戦闘時の行動によって、終了後にキャラクターの特定のステータスを上げることができ、装備や魔法は同じものを使えば使うほど強くなっていきます。このように自由度が高くプレイヤー好みのキャラクターを育てる楽しさが味わえます。(18/03/31)
記事を読む







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です