悪魔城ドラキュラ(FC版)

1986年9月26日発売(コナミ)

悪魔城ドラキュラ

ムチを武器に戦うホラーアクション

悪魔城ドラキュラはファミコンのディスクシステムで発売されたアクションゲームです。
後に「EASY MODE」を追加したROMカセットにも移植されました。
ムチを武器にサブウェポンを使いこなし、ドラキュラ城を進んで復活したドラキュラ討伐に向かいます。

ストーリー

悪魔城ドラキュラ
中世ヨーロッパの小国、トランシルバニアで闇の魔王として君臨していたドラキュラはベルモンド一族の祖先によって倒され長い眠りについた。
100年後、邪心な心の人間の祈りによって復活するという言い伝え通りにドラキュラは再び蘇る。
ベルモンド一族の子孫であるシモン・ベルモンドは不思議な力を秘めたムチを持ちドラキュラ討伐に悪魔城へと向かう。

ブロック構成

悪魔城ドラキュラ
プレイヤーはシモン・ベルモンドを操作し、1ブロック3ステージで構成されたドラキュラ城内を進んで行くことになり、ステージはドラキュラ城内をメインに礼拝堂、地下水路、時計台の中など様々な過酷な道のりやギミックが用意されています。
各ブロック最後のボスを倒せば1ブロッククリアとなり、6ブロック目の最後には標的であるドラキュラ伯爵が控えています。

ムチとサブウェポン

シモンのメインとなる武器はムチになります。
初期は皮のムチで威力は弱いですが、ローソクを破壊して強化アイテムを取れば鎖のムチにパワーアップし、さらにもう一度取れば鎖のムチが長くなり戦いやすくなります。プレイヤーがやられればまた初期の皮のムチに戻ってしまいます。

ローソクからは他にサブウェポンやハートが出現します。
サブウェポンはハートの数だけ使用可能で、ウェポンの種類により消費量は異なります。

懐中時計:一定時間時間を止めることができる。3ブロック以降のボスには聞かない。
短剣:まっすぐに横に投げられ、射程が長くスピードも速いが威力は弱い
聖水:射程は一番短いが、威力の赤い火柱を起こすことができる
オノ:威力は高いが放物線上に飛ぶので横から向かってくる敵には役に立たない
クロス:スピードは遅いが威力は高く、一部の敵を貫通し、画面の端までいくと戻ってくる最強のウェポン

懐中時計以外のサヴウェポンで敵やローソクを攻撃していくと稀に「Ⅱ」というアイテムが出現し、それを取ることにより2連射攻撃が可能になり、「Ⅱ」の状態で同様に攻撃を繰り返せば「Ⅲ」が出現し、3連射攻撃が可能になります。
3連射は余裕がある時以外ではなかなか作りにくいですが、ボス戦では戦況を大きく有利に進めることができます。

恐怖と緊張感が漂うボス戦

悪魔城ドラキュラ
ボスはヴァンパイア・バット(大コウモリ)、メデューサ、ミイラ男、フランケン&せむし男、死神、そしてドラキュラ伯爵が各ブロックの最後に待ち構えています。
見た目もリアルで怖く、意表をつく個性的な攻撃をしてきます。
いかにステージ中のシモンの体力をボス戦まで温存していけるか、有効な攻撃パターンを見つけ、サブウェポンをうまく使いこなせるかが勝利への秘訣です。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★

総評<ややネタバレあり>

悪魔城ドラキュラはそれまでのアクションゲームのパンチや剣による攻撃とは異なり、「ムチでの攻撃」というのが非常に珍しかったです。
そもそも命がけで魔物と戦うのになぜ使いこなすのに難しそうなムチを選択するのだろうか??と思いつつもシモン一族の宿命かもしれません。
このムチのアクションはなかなか斬新で楽しかったですが、ジャンプして少し高い位置のローソクを攻撃するのが初めは難しく感じます。
ステージのギミックはやはり進むごとに過酷になり、ジャンプ中の無防備状態を狙ってスモールメデューサやせむし男にはじかれて落っこちてしまうのはよくあることです。

ボス戦は前半のブロックでは何も考えずに突撃して攻撃ボタンを連打してもなんとかなりますが、ブロック4以降からステージ進行そのものも格段に難しくなり、ボスも敵の攻撃をかわしながら隙を見つけて攻撃を少しずつあてていくテクニックを要することになります。

さらにその後に出てくる死神との戦いはは四方八方から飛んでくるカマから逃げ回る過酷な戦いとなります。
この辺りからサブウェポンは三連射に育てるのは必須といえるでしょう。

悪魔城ドラキュラ

当時のファミコンのゲームではグラフィックはトップレベルで敵だけではなく背景も驚くほど細かく描き込まれてドラキュラ城の不気味さ怖さをリアルに表現できてて非常に評価できるところであります。
BGMも雰囲気を盛り上げるカッコいい曲が揃ってます。

ただ6ブロック(18ステージ)のボリューム不足は否めません。
クリア後は敵の攻撃力が上がったりと少し高い難易度のステージ19(1ステージと同じ構造)から始まります。
もっと色々なステージを遊びたい、とは思えるゲームだけに残念で仕方ありません。

ディスクシステムは大容量化のゲームが遊べるという目的も少なからずあったと思いますが、その後のファミコンのROMカセットの方では2M、3Mなどディスクカードよりもさらに大容量のゲームがバンバン出ることになり、ディスクシステム自体がフェイドアウトして行くことになりました。

シリーズが進むごとにゲーム内でもストーリー持たせたり、キャラが喋ったり過去のボスがよりパワーアップして復活したり、マップ探索要素を加えたり3Dマップになったりと常に進化し続けた悪魔城ドラキュラ。
ゲーム性が増すことは面白いのはもちろんですが、一度原点となった「悪魔上ドラキュラ」というゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲(PS版)

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲は人気の悪魔城ドラキュラシリーズのプレイステーション第一弾で2D横型のマップ探索型のアクションRPGです。
アクションの異なる多くの装備を使い分け、リアルで巨大な怪物と白熱するバトルが楽しめます。(17/10/26)
記事を読む







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

2 Comments on “悪魔城ドラキュラ(FC版)”

    1. みにーさん、こんちには。
      いつもありがとうございます。

      ファミコン世代ならよりわかっていただけると思います。
      このゲームを初めてプレイした時は衝撃でしたね。
      まだまだあるのでこの先もどんどんご紹介していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください