ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女(FC)

1989年5月23日【前編】 6月30日【後編】発売(任天堂)

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女

とにかく怖い!と話題になったファミコン探偵倶楽部の第二弾

少年探偵がある村で起こった奇妙な連続殺人事件を調査した「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」。

このゲームは同時発色数の少なさやグラフィックの粗さ、ピコピコと鳴り響く機械的なBGMなど1980年代半ばに発売したファミコン(ファミリーコンピュータ)のゲームでありながら、引き込まれるストーリーと演出の怖さで話題となり、それまであまりアドベンチャーゲームを出していなかった任天堂の力量を見せつけられました。

今回の「ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女」はその約一年後に発売された二作目です。
二作目といってもトーリーは前作の3年前が舞台となり、主人公が探偵事務所に入る以前から物語は始まります。

こちらを遊ぶのも当時ではファミコンのオプションであるディスクシステムが必要で前編、後篇の二回に分けて発売されました。
ディスクシステムは高額でしたが購入してでも遊ぶ価値があったゲームの一つです。

 

後に前編後編セットになったゲームアドバンス版、グラフィックなどリメイクされたスーパーファミコン版も出ています。

 

© Nintendo
出典:amazon.co.jp

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女のストーリー

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女[前作から3年前]

ある夜少年は二人の男に追われてた。
彼らは警察官で夜中にうろつく少年を不振に思い尋問するが、1人の男が間に入ることで警察官たちは立ち去る。

その男は空木(うつぎ)探偵事務所の空木所長で、両親を探していた少年はてがかりが見つかるかもしれいと思い、事務所で助手として働くこととなった。

 

それから数か月後。
事務所で一本の電話が鳴り、河原で女子高生の死体があがったと知らせを受けた。

少年は被害者の通っていた高校を舞台に調査を開始することになるが、そこには数年前から伝わる怪談「うしろの少女」が話題となっていた。

 

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女のキャラクター

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女主人公である少年を操作し、学校で先生や生徒たちから情報を聴きながら調査を進めて行きます。
とくにあゆみは、被害者である親友が殺されたことで犯人が許せず少年を何かと手助けしてくれます。

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女のシステム

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女本作も前作同様、オーソドックスなコマンド式のアドベンチャーです。
選択したコマンドによって情報を引き出しすことで新たなキャラクターが登場したり移動できる場所が増えるなどゲームが進行していきます。

なお前作の「消えた後継者」の感想でも少し触れた意地悪なフラグ立ては今回はとくに存在しません。

 

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女のリメイク作品

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女リメイクなんとファミコン探偵倶楽部のPARTⅡはファミコンの後継機とされてたスーパーファミコンでリメイク版が出てました。
(正確には商品としての販売ではなくスーパーファミコンの書き換え専用ゲームのひとつとして。)

 

こちらはストーリーはほぼ同じですが、モブキャラの追加などグラフィックの強化、スーパーファミコンの音源でアレンジされたBGMなど大幅にパワーアップし、さらにおまけの追加要素としてプレイヤーの性格診断やあゆみとの相性がクリア後に発表されます。

なおファミコン版後編の序盤にあった迷路要素のある街での探索はスーパーファミコン版ではカットされており、その分確実に難易度がさがっています。(本当にしんどかったのでありがたいです。)

ディスクカードじゃない分、シーンごとの読み込み時間が短縮されているため、確実に遊びやすくなり全ての面で肯定的と思われがちですが、一部では「ファミコン版の方が怖かった」「ファミコン版の音源の方がいい」「ファミコン版のあゆみの方がかわいい」などの声もよくありました…。

ちなみになぜか前作の「消えた後継者」はリメイクされていません。
本当に残念です。

 

ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女の感想<ややネタバレあり>

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★★

アドベンチャーゲームとしてシステム面においては前作とほぼ変わらないですが、ストーリーは殺人事件に関する捜査以外にも「うしろの少女」の怪談話などややオカルト、不思議要素が見受けられます。

私はどちらかといえばバリバリの事件物である前作の方が好きですが、今作もももちろん面白いですしどちらが好きかは人によると思います。

 

ネタバレしない為に言うことは限られてしまいますが、スーパーファミコン版の説明でもした通り、ファミコン版は後編の街中での捜索が一つの鬼門となり、それがスーパーファミコンのリメイク版では削除された分、難易度が下がります。

一部でコマンドの選ぶ順番や回数などで進行フラグがわけわからなくなった前作に比べ、今作はそういった意地悪な部分はなくそれほど迷うことはないと思います。

そして前作「消えた後継者」でもそうでしたが、後編の中盤以降から急激に話が加速していきます。
それはもう、寝る時間を惜しむのはもちろん、食事しながらプレイするほどゲーム画面から離れられなくなりました。

そして犯人と遭遇する場面の演出がまた…。
ここに関しては間違いなくファミコン版に軍配が上がります。

 

もちろん、ストーリーや演出が怖いだけでなく、前作よりも友情、愛情など各キャラの心境をより感じられる部分が随所にあることでちょっと泣ける場面もあり、純粋にストーリーが楽しめるコマンド式アドベンチャーゲームなので未プレイの方は迷わずプレイしてみてください。

エンディングの曲はどちらもいい曲です!

 

ちなみに80年代後半のファミコンはこの「ファミコン探偵倶楽部」だけじゃなく、「オホーツクに消ゆ」や「さんまの名探偵」、「神宮寺三郎」があり、その後も推理作家原作の「西村京太郎ミステリー」や「山村美紗サスペンス」のゲーム化など、事件物のアドベンチャーゲームが次々と登場し楽しくプレイできたいい時代でした。

ミシ●ッピーは挫折しましたが。

 

 

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者(FC)

ファミコン探偵倶楽部消えた後継者ファミコン探偵倶楽部は前編、後編と2本に分けて発売されました。
記憶を失った少年は莫大な資産を残して亡くなった綾城家当主の後継者を探すことになります。ファミコンの性能を超越する恐怖感やドラマティックなストーリー展開は必見です。(19/05/18)
記事を読む


ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

スポンサーリンク
>一日たった5分の脳トレゲームをするだけで【みるみる視力が回復!】

一日たった5分の脳トレゲームをするだけで【みるみる視力が回復!】

遺伝や体質だけでなく勉強、仕事、ゲームなど様々な原因で視力が低下すると生活にも支障が出てきます。【アイアップ】は一日たった5分の脳トレゲームをするだけで視力が改善する革新的プログラムです。

CTR IMG