ドラゴンナイト4(PC98版、Win版)

1994年2月25日発売(エルフ)

ドラゴンナイト4 windows版

怒涛のストーリー展開が話題を呼んだドラゴンナイト4のリメイク版

ドラゴンナイト4は1994年にエルフ(elf)がパソコンのPC98で発売したドラゴンナイトシリーズの4作目となります。

ドラゴンナイトⅠ~Ⅲはタケルの冒険になりますが、ドラゴンナイト4は息子のカケルが主人公となり、軍を編成してルシフォン軍と戦うシミュレーションRPGとなっています。

このドラゴンナイト4は2007年に、グラフィックの強化とシステムの改良を加えWindows版にリメイクされました。

本記事ではWindows版を中心にPC98版との相違点などを交えながらご紹介させていただきます。

ドラゴンナイト4のストーリー

ドラゴンナイト4 windows版勇者ヤマト・タケルの息子であるカケルは15歳となり、父に推されるまま冒険の旅に出ることになり、途中、ドラゴンナイトの血を引くセイルと出会い、連れていくことになった。

同じころ、魔界ではルシフォンを人間界へと進行させた。
そして人々を石化させる黒い霧を使い、西から徐々に世界を覆っていく。

黒い霧の影響で後戻りのできなくなった状態でカケル達は謎の剣士のエトの先導のもと、ルシフォンのいるはるか東のライムリン王国を目指すことになる。

 

ドラゴンナイト4の主なキャラクター

ドラゴンナイト4 windows版カケル:勇者・ヤマトタケルの血を引くドランナイト4の主人公である剣士の少年。

ドラゴンナイト4 windows版エト:カケル達を導く謎の剣士。正体は不明で仲間の女の子にエッチなことばかりする。

ドラゴンナイト4 windows版 ナターシャ:カケルの幼馴染の女の子の魔導士。本当はカケルのことが好きなのにいつもケンカばかりする。

ドラゴンナイト4 windows版セイル:ドラゴンナイト・バーンの息子。臆病な性格でカケルに無理矢理冒険につきあわされることになる。

ドラゴンナイト4 windows版マルレーネ:どこか陰のある謎のエルフの女性。

※この5人の主要キャラクターのうち1人でも戦場で死亡するとゲームオーバーになります。

 

ドラゴンナイト4のシステム

ドラゴンナイト4 windows版カケル達はルシフォンのいるはるか東を目指すことになります。
戦場で勝利した先には必ず街や村に辿り着き、中には迫りくる黒い霧やルシフォン軍におびえる人々がいます。
人々の話を聞きつつ、時にはイベントで仲間になってくれるキャラも出現します。

ドラゴンナイト4 windows版他にもナターシャなど一緒に冒険してる仲間も街のいたる場所で休憩しています。
会話を楽しんだり固有のイベントが発生することがあります。

また樽の中や戦場では稀にスキルの種が見つかることがあり、仲間に種を使うことにより、力や魔力などのパラメーターを上げることができるので、得意な能力を伸ばしたり、弱点を補うなど調整するなどができます。

ドラゴンナイト4 windows版そしてトルヘスの訓練所では滞在中の街や村で傭兵に志願している人を紹介され、2人のうちお好みの方を1人仲間に選ぶことができます。

選ばなかった方は、以降二度と仲間に加えることができないので、パーティーの職業のバランスを考えて慎重に選びましょう。

基本性能は男性キャラの方が高いですが、女の子を多く加えた方がそれだけお楽しみのイベントを見れる機会が増えます。

 

ドラゴンナイト4の戦闘

ドラゴンナイト4 windows版東へ向かうカケル達は戦場で勝利することで街を開放していく流れとなっています。

そして戦闘マップ開始時には出撃メンバーを最大12人まで編成できます。

PC98版では各キャラクターをリーダーとし、モブ隊員8人との計9人の部隊として出撃し、敵の部隊からダメージを受けると部隊人数が減少し、9人全てやられるとそのキャラクターは死亡しました。

Windows版は仕様が大きく変更され部隊という概念がなくなり、カケルなど個人での戦闘となり、キャラにはそれぞれHPが設定されていて、0になると死亡します。

ドラゴンナイト4 windows版Windows版の戦場マップも3Dに変わり、拡大、縮小、回転などが可能です。
基本は順番の回って来たユニットを移動させたり射程範囲に敵がいる場合には攻撃を実行できます。
味方、敵の行動が全て終了すれば、次のターンになります。

ドラゴンナイト4 windows版カケルやエトなど剣士系はHPと攻撃力が強いため、接近戦に向いてます

ドラゴンナイト4 windows版ナターシャやネレイドなど魔導師系は離れた場所からでも魔法を放つことができ、範囲が広いほど複数の敵に同時に攻撃が可能です。魔法のレベルがあればさらに強力な攻撃が可能となります。

ドラゴンナイト4 windows版そして経験を積むことで、通常のレベルとは別に、稀にスキルを習得することができます。
スキルは4つまで装備することができ、アイテムを使用することで習得することもできます。

ドラゴンナイト4 windows版ユニットのタイプは他にも弓矢、速度の高い騎馬や忍者、射程の長い大砲など様々な特性を持ったキャラが多く出現します。
敵のタイプや地形を注視しつつ、最良のキャラで進んでいくことが肝心です。

 

※このゲームは18禁です。

 

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★★
難易度のバランス ★★★

ドラゴンナイト4の感想<ややネタバレあり>

ドラゴンナイト4はオリジナルのPC98版から、ただただひたすら東を目指して街と戦闘を繰り返すそのシンプルなゲーム性は変わらず、Windows版へとリメイクされたことでグラフィックが大幅に強化されています。

ただ、それにともない、システム面に一部大きな変動がありました。

一番は街や戦闘が2Dから3D表示への変更です。

街の中では一画面で見渡せる範囲が極端に狭くなり、造りがいまいちわかりづらくなりました。
それに加え、マウスでは右クリックでダッシュなのですが、そのままでは建物の中に入ることができないので、建物の入口にカーソルをあわせて左クリックをする必要があり、少々操作が面倒です。

 

戦場に関しては、それだけマップも広くなった印象もあり、地形の凹凸を表現して移動できる範囲もいくらか複雑になっています。

肝心の戦闘ですが、難易度はさほど変わりなく、障害のある地形などにもやはり長距離攻撃、魔法攻撃を使えるキャラを育てるとかなり楽になります。

そしてこのWindows版になって、ナターシャやネレイドなどの魔導士系は、複数の敵に魔法を放てる為、詠唱に時間がかかるとはいえ恐ろしい強さを発揮してくれ、魔法のレベルがあがればさらに圧倒できます。

せっかくスキルという要素が加わり、剣士系も遠距離攻撃が可能になったのに、魔導士系がその何倍もの強さを発揮してくれるせいか、余計にPC98版よりもユニットの性能差を感じるようになりました。

素早くないキャラ、攻撃力の弱いキャラは育ちにくい傾向にあるので、育てたいキャラには種を優先させれば問題ないです。

ただWindwos版は一回の戦場は最大12部隊という制限がある為、人数分出撃できたPC98版と違い、12~15人ほどに絞って成長させるほうが効率はいいです。使わないキャラは完全に使わない方向です。

 

なおカケル、エト、ナターシャ、セイル、マルレーネの5人は死んだら即ゲームオーバーとなり、他のキャラは死んでもゲームは進められますが、以降二度と出現せずイベントが発生しません。

Windows版になって難易度の設定が可能になり、イージーだと仲間がやられても死亡扱いではなくなりました。
ただドラゴンナイト4を遊ぶ醍醐味として、味方を一人も死亡させないで勝つスリリングな戦闘を楽しむためにノーマル以上を推奨します。

ノーマルなら後半になるにつれ、ほどよくやりがいのある難易度です。
それにアレンジされパワーアップした戦場の各BGMはどれも本当にゲームを盛り上げてくれます。

ストーリーも当時で話題になった後半の大どんでん返しの展開は必見です!
是非、実際にプレイしてみてシミュレーションを楽しみながらドラゴンナイト4の世界に浸ってください。

 

なお、ドラゴンナイト4の購入をご検討されてる方は
パッケージ版は対応OSが古いので、Windows7/8.1/10に対応したDMMのダウンロード版がおすすめします。
興味があれば遊んでみてください!

ドラゴンナイト4 windows版

 


ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

2 Comments on “ドラゴンナイト4(PC98版、Win版)”

  1. こんにちは。
    ドラゴンナイトやったことはありませんが、記事を見ていると楽しそうに感じたので、
    やってみたいと思います。はまっちゃいそうです!

    1. 松千代さん、コメントありがとうございます。
      ドラゴンナイト4はシミュレーションとして面白いですが
      とにかくストーリーが秀逸です。
      機会があれば是非、遊んでみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください