イース -イースI&IIクロニクルズ-(PC98版、win版)

1987年6月21日発売(日本ファルコム)

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-

30年以上の歴史あるファルコムのアクションRPG

今回ご紹介させていただくゲームは日本ファルコムのアクションRPG「イース(Ys)」です。
こちらはオリジナルは1987年に発売され、シリーズを通してPC98、WindowsPC、ファミコン、PCエンジン、スーパーファミコンなどパソコンだけでなく実に多くの機種に移植された人気作品です。

パソコンではPC88や98のオリジナルから、1998年にグラフィックやBGMを強化してリメイクされた「イースエターナル」がWindows用として販売され、システムやストーリーにアレンジが加わっています。

本記事では「イースエターナル」と「イースⅡエターナル」がセットとなって販売された「イースⅠ&Ⅱクロニクルズ」に収録されたイースⅠをベースに説明しております。

私がプレイしたのはPC98版、ファミコン版、「エターナル」と「クロニクルズ」のWindows版です。

※厳密には「エターナル」は細かいバージョン違いがありますがここではまとめて「エターナル」として扱っています。

ストーリー

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-赤毛の少年剣士のアドル・クリスティンは港町で妙な噂を耳にする。
エステリアという島には近づく船を必ず嵐が襲うことから「呪われた島」といわれていた。

アドルは冒険心を抑えきれず、エステリアに向けて船を漕ぎだすことになるがやはり自分も嵐に遭遇してしまう…。

その後気を失ったアドルはエステリアの漁孫の病院の家族に助けられる。
エステリアでは魔物も出現したことを知り、勧められるままアドルはミネアの街に旅立つことになる。

キャラクター

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-本作の主人公・アドルクリスティン。赤い髪が特徴の17歳の冒険者。

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-神殿に捕らえられていた記憶喪失の少女・フィーナ。

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-ハーモニカを失くして困っている吟遊詩人・レア。

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-この他、倒れていたアドルを助けてくれたスラフや占い師のサラや盗賊のゴーバンなどなど。
街や村の多くの人達がアドルの冒険に関わってきます。

システム

ゲーム開始時にはまず「クロニクルズモード」「オリジナルモード」を選択。
続いて4段階の難易度(EASY、NORMAL、HARD、NIGHTMARE)を決められます。

サウンドについては(クロニクルズ、オリジナル、PC88)ゲーム中いつでも変更が可能です。

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-「イースⅠ」はオーソドックスなトップビューによるアクションRPGです。
街や村では人々に話しかけ、困っていることや冒険に関するヒントを教えてもらうことができます。

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-お金が貯まったらお店で武器や防具を購入して装備することでアドルが強化されます。

また冒険が進めばリングを手に入れられ、装備するリングによって攻撃力を上げたり敵の移動速度を落としたりと様々な効果が得られるようになります。

戦闘

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-街や村の外は魔物がはうろうろと徘徊しています。
魔物を倒していくことで経験値が増え、レベルアップしてアドルが強くなります。

このゲームは「剣を振る」というアクションはなく、戦闘は剣をもったまま魔物に体当たりしてダメージをあたえる仕様です。
体当たりといっても強い敵に正面から当たると甚大なダメージを受けるので、正面より半歩ずらしたり、横や後ろから攻撃することで連続でダメージを与えることができ、うまくいけば無傷で勝利することも可能です。

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-広大な草原をメインに、神殿や廃坑などアドルは冒険の場所を広げていくことになります。

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-冒険の要所にはボス戦が待ち構えています。
とにかく攻撃手段は体当たりしかないので、正面からいかず、敵の攻撃を避けながら、正確に敵の弱点をついていく機敏な操作性が要求されます。

PSP「イースI&IIクロニクルズ」デモムービー

※動画はPSP版となりますので、Windows版と一部内容が異なる場合がございます。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★
音楽 ★★★★★
難易度のバランス ★★★

総評

イースはアクションが好きな方には是非遊んでいただきたい作品です。
発売が1987年というのもあり、今となっては古く感じる部分もありますが、ゲームの完成度、面白さは随所に感じられます。

戦闘は剣を振るアクションがなく、敵にただ体当たりをするだけなので物足りなく感じてしまうかもしれますが、なかなかどうして奥が深いです。
(イースⅡは魔法攻撃が追加され、イースⅢではサイドビューとなり、剣を振ったりジャンプしたりなどアクションが変更されています。)

私は最初にプレイしたイースが`PC98版だったので、アドルの操作はテンキーを押すことで前後左右の移動をしていました。
当時はやっていたファミコンの十字キーではなかった為、なかなか慣れなかった操作ですが「これがパソコンゲームというやつか!」と感じさせてくれるものでした。
何度も何度も敵を倒していくうちに操作にもなれますが、やはりボス戦はどれも苦労しました。

ただ突撃して勝てるボスは一匹たりともいません。

ボスの数は多くはないですが、どれも個性的な攻撃をしてきて一癖も二癖もある連中ばかりです。
謝った戦いを挑むと連続で攻撃を受けたり、短時間でやられてしまいます。

それこそ慣れない操作で敵の激しい攻撃を正確によけ、ちょっと生まれた隙をついて一回攻撃を当て、すぐに逃げるという「ヒット&アウェイ」は基本中の基本。
自分で上達したと思っても次のボスではまた別の攻撃パターンに合わせたタイミングを見つけなければなりません。

とにかく少しくらいの有利な状況でも最初から最後まで気が抜けません。

セーブはいつでも、ボス戦の直前でもできるので何度も戦って何度も負けてチャレンジしていけば徐々に自分がうまくなっていくのは実感でき、倒せるようになります。

そうはいっても私は「エターナル」や「クロニクルズ」ではUSBのゲームパッドを接続したので「NORMAL」程度ではそこまで難しく感じませんでした。
テンキーでは大苦戦した双子の敵にもあっさり勝てたりと。

難しいアクションが楽しみたい方なら「HARD」以上、もしくはあえてテンキーで操作してみるのもおすすめです。

続いてサウンド面。
この時代のファルコムの作品は「ソーサリアン」もそうですが、とにかくBGMがどれも素晴らしいのです!

PC98版ももちろん良かったのですがリメイクされた新しい音源によるBGMもまた違った良さを醸し出していました。

しかも、なんと「エターナル」や「クロニクルズ」には、過去にボツとなった未使用の曲まで作品中で流れるのです!!

私が今も聞いてるPC98時代に発売された「ミュージック・フロム・イース」というイースのサントラCDで聞いてたいくつかの未収録曲がリメイクされた音源で聞けたのは本当に感動しました!!

…まぁ、音楽面に関してはそういった経緯を知らないとわかっていただけないかもしれませんが、メインフィールド、神殿奥、ボス戦などカッコイイBGMが多いのは間違いありません。

ys1 -イースI&IIクロニクルズ-
ゲーム面の冒険は街や村でヒントを得て、指定された場所に赴き魔物を倒しながら進んで冒険に必要なアイテムを見つけていく流れです。
基本はテンポよく進みますが、強引に物事を頼んできたりと無茶ぶりの若干粗いゲーム展開は時代を感じさせます(苦笑)。

30年以上も続いてる名作の第一作目というだけあって十分なクオリティを持ってる作品ですが、やはりボリュームに関してはリメイク版でも10時間もあればクリアできてしまいます。

ただ「イースI&クロニクルズ」なら続けて「イースⅡ」も遊べますし、二つのゲームが入ってお手頃の価格で入手できるので、一日1時間など隙間時間で遊ぶのに十分おすすめできます。

 
 
 

イースIII -ワンダラーズフロムイース-(PC98版、PS2版)

ys3-ワンダラーズフロムイース

日本ファルコムの大人気アクションRPG「イース」シリーズの第三弾は横型になり、それまでの体当たりによる敵への攻撃からボタン操作で剣を振ることによる攻撃に変更され、さらにジャンプ中やしゃがみ時の攻撃もできるのでアクションの幅が広がりました。(18/01/10)
記事を読む

ソーサリアン オリジナル(Win)

ソーサリアンオリジナル

80年代後半、多くのパソコンユーザーを夢中にさせたソーサリアンはお好みのキャラクターを作成し、15本のシナリオで冒険ができるアクションRPGでした。
長い年月が経ち、ソーサリアンオリジナルとしてシステムやグラフィックなどを大幅に強化してリメイクされ、Windowsパソコンでも遊べます。(19/06/08)
記事を読む







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください