コナミワイワイワールド(FC)

1988年1月14日発売(コナミ)

コナミワイワイワールド

コナミ作品の主人公達の夢の競演!

今回はちょっと古いファミコン時代の横型アクションゲームです。
コナミのコナミマンというキャラクターは、それまでコナミゲームの隠しキャラやパワーアップアイテムなどで登場してたのですが、今回は主人公の一人となり、コナミレディ、ゴエモン、シモン、フウマ、マイキー、モアイ、コングなどそれまでのコナミ作品の主人公達と一緒にワルダーを倒しに冒険に出ることになります。

初めはコナミマンとコナミレディの二人しか使えません。
6つのステージから好きなステージを自由に選択して各ステージのボスを倒したり囚われてる仲間を見つけてパーティーに加えていきます。
ゴエモンなら江戸ステージ、フウマなら地獄ステージなど出演作品がそのまま舞台になってるので雰囲気の違う世界を色々と楽しめます。

各キャラクターにはオリジナルの攻撃アクションがあり、専用の武器を手に入れれば弾丸を消費することにより、飛び道具も使えるようになります。
ゴエモンならキセルと小判、シモンならムチとクロスなどお馴染みの武器です。
ゲームではイマイチだった(?)コングも高い攻撃力とジャンプ力でワイワイワールドでは大活躍してくれます。
ステージはキャラの特性を活かしてうまく切り替えて進めていきます。

ネットビジネスで生活する道 コナミワイワイワールド

6つのステージを全てクリアし、仲間を全員助けてると、いよいよワルダーの本拠地に乗り込むために戦闘機に乗って出発します。
そしてなんと驚きのシューティングゲームに変わります!
ここでもコナミのシューティングゲームで有名な「ツインビー」かグラディウスの「ビッグパイパー」を選択できます。

当時でコナミの複数の主人公キャラクターが競演するゲームということで非常に期待してました。
後に任天堂もスマッシュブラザーズとか近い概念のゲームが出てきましたね。

このワイワイワールドももちろん、何回もクリアするほど遊び尽くしたお気に入りの作品なのですが、2以降全く音沙汰ありません。(携帯ゲームではあったようですが。)
2はほぼ1直線の横型で自由度も低くなった(退化した)アクションゲームでした。
アクトレイザーもそうですが2で大幅にコケたのか期待以下だったのか不明ですが、続編出さなくなったのは非常に残念なところです。

今後、可能であればPS4のようなグラフィックや性能で出てもいいですし、3DSなど手軽に遊べる機種でもいいので、是非続編を遊んでみたいです。
スナッチャーのギリアンとかいたら嬉しいなぁ。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★★

総評

方向キーの上とAボタンを押すごとに使用できるキャラが切り替わってくのですが、順番は決まっているので変えたいキャラに素早く変更するにはある程度の慣れが必要です。
この変更の仕方は正直あまり好きではないです。
ポーズをかけて好きに選択できる配慮は欲しかったところです。

ステージは自由に選択できるとは言ったものの、特定キャラクターの有無などで進める場所、順番はある程度決まってきます。

音楽はキャラクターごとのゲームで使用されていたBGMそのままなので知ってる作品は感激しちゃいます。
シューティングはそこまで難しくありません。なぜかセレクトボタンでもう片方の戦闘機にいつでも変更できます。

コナミの各キャラクターが集まり、個別の攻撃や特技でゲームを進めていくのは当時のオリジナリティとしては高く、アイデアは素晴らしいと思います。
ただ、それだけにボリューム不足は残念で仕方ありません。
もちろん、ファミコンでここまでのゲームを作ったのは大いに評価できるところではあります。

ボリュームももちろんですが、本当にキャラクター別のアクションや特技を増やしたりした続編を現行機種で遊んでみたいですね。







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください