ロードス島戦記~灰色の魔女~(PC98版)

1988年9月発売(ハミングバードソフト)

全てが衝撃だった”ファンタジー”RPG

今回は呪われた島「ロードス」を舞台に繰り広げられるファンタジーRPG、ロードス島戦記~灰色の魔女~です。

このゲームはパソコンのPC9801で発売されましたが、後にスーパーファミコンやPCエンジンやWINDOWS95用など多くの機種に移植されてます。
一部の機種はゲーム性や内容が若干変わってるのもあるらしいです。)

私はファミコンがまだ全盛期だった時代に友人から「PC98買ったら絶対やってみな、すごく面白いから」と言われ、それから1年後くらいにようやくPC98とロードス島戦記を手に入れたのですが、自分には何もかもが衝撃でした。

ロードス島戦記灰色の魔女※プロジェクトEGGより抜粋

それまでRPGの世界観というとファミコンのドラクエやファイナルファンタジーのパッケージや画面でしかイメージできなかったのですが、このロードス島戦記は町やイベントでドン!とイメージグラフィックが表示され、直に世界観が伝わってくるし最初から種族の違う6人でパーティーが組めるのもファミコンゲームでは考えられませんでした。

呪われた島といわれながらも綺麗な景色で、豪華なお城があって耳の長いエルフや背が低いけど力が強いドワーフという種族がいてパソコンゲームだから表現できるグラフィックと世界観、ゴブリンのアジトに潜り込んだり、お城の武闘大会に参加したり砂漠のピラミッドを探検したり…ワクワクするイベントの数々、ゲームを盛り上げる美しいFM音源によるBGM、これが剣と魔法のファンタジーの世界なんだ!というのを実感できるようになりました。

キャラクター

プレイヤーキャラは6人分、好きな名前と職業を選択して冒険できます。
またキャラを作成しない場合はドワーフのキャラクターであるギムでゲームを始めることもでき、その場合はゲーム中にパーンやディードリットなどギム同様にアニメに出てきたキャラクターを仲間に加えてパーティを作って冒険する進めることもできます。

戦闘

通常の戦闘はトップビューでのコマンド式になります。

ダンジョンなど状況により「タクティカルコンバット」に切り替わり、キャラクターを攻撃する敵まで移動させる必要があります。
その位置関係や魔法の効果範囲を考えたりすることで若干の戦略的要素が加わります。

ロードス島戦記灰色の魔女※プロジェクトEGGより抜粋

ボス戦なんかは本当にハラハラしましたね。
ただこのバトル方式だとレベルが低くてもうまく戦えば強い敵にも勝てたりします。

3Dダンジョン

ロードス島戦記のダンジョンは全てプレイヤー視点の3Dで表現されています。
これもファミコンの3Dダンジョンだとほぼ一色の真っ平な壁しか見たことなかったのですが、ロードス島のダンジョンはアジトとか岩壁とか質感がかなり描き込まれててよりリアルに描かれていました。
そしてとても複雑です。

イベントCGでの世界観、タクティカルバトルの戦闘、リアルに描かれて複雑で緊張感あるダンジョン探索などなどロードス島戦記灰色の魔女は私にゲームの表現、冒険する高揚感を教えてくれました。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★

総評(ややネタバレあり)

時代が進み、グラフィックや音楽が大幅に進化した現行の機種のゲームからすれば、今このゲームをプレイしても当時の私が感じたようなインパクトは恐らくないのかもしれません。

ただプレイしないとわからないですがこの時代の古き良きファンタジーの世界というのがどういうのかわかっていただけると思います。

あとPC98版をプレイされたことがある方はわかると思いますが歩くスピードが遅く、戦闘シーンに入る度に読み込みが1分近くかかります。
これはちょっと…。(ロード時間を短縮した改良版も後に出たとのこと)

その後、私は上位スペックのマシンを購入して真っ先にロードス島戦記で速度の変化を確認したくなりました。
実際は激的とはいかないまでも歩くスピードや戦闘時の読み込み時間が格段に速くなり感激したのを覚えてます。
スペック格差をモロに感じられるゲームでした。

戦闘シーンは当時では斬新で面白かったのですが、この読み込み時間の長さやじっくり考えて戦うタクティカルバトルはレベル上げするために何回も戦うとなると結構しんどく感じてしまうかもしれません。

ただ、このゲームが当時の他のRPGと最も大きく違うところがあります。

「ほとんどレベル上げ作業をしなくていい」

ということです。

こんなゲームかつてあっただろうか!
主要イベントを終えるだけで勝手に次のレベルまであがっていきます。
もっといえばラスボスもレベル12~14くらいで勝てちゃいます。

だから必要以上に雑魚と戦うことがないのはこのゲームの非常に素晴らしい所であり、欠点でもあるかもしれません。

なお3Dダンジョンは前述通りゲーム序盤から結構複雑です。
本当に迷うので中盤くらいからマッピング作業は必須でした。
ゲーム内でマップが確認できないのは当時のゲームでは当たり前です。
まあ今でいえばスマホやタブレットで攻略サイトなどを片手で見ながらできるでしょうけど…。

自分好みにガッチリとハマるファンタジーな世界観というのもありますし、何もかもが真新しく冒険することに夢中になれた「ロードス島戦記~灰色の魔女~」は色々と思い出に強く残るゲームでした。

以来、私の中では ファンタジー=ロードス島の世界観 というのが確立されたわけです。







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です