ロードス島戦記~灰色の魔女~(PC98版)

1988年9月発売(ハミングバードソフト)

全てが衝撃だった”ファンタジー”RPG


今回は呪われた島「ロードス」を舞台に繰り広げられるファンタジーRPG、ロードス島戦記~灰色の魔女~です。
このゲームは他にPCエンジンやWINDOWS95用など多くの機種に移植されてます。
(一部の機種はゲーム性が若干変わってるのもあるらしいです。)
ファミコンがまだメインだった時代に友人から「PC98買ったら絶対やってみな、すごく面白いから」と言われ、1年後くらいに手にしたのですが、自分には何もかもが衝撃でした。

それまでRPGの世界観というとファミコンのドラクエやファイナルファンタジーのパッケージや画面でしかイメージできなかったのですが、このロードス島戦記は町やイベントでドン!とグラフィックが表示され、直に世界観が伝わってきました。
呪われた島といわれながらも綺麗な景色で、豪華なお城があって耳の長いエルフや背が低いけど力が強いドワーフという種族がいてパソコンゲームだから表現できるグラフィックと世界観、これが剣と魔法のファンタジーの世界なんだ!というのを実感できるようになりました。

キャラクターは6人まで作成できますが、各職業にあらかじめ名前付きで用意されたキャラがいます。
パーンとか、これがのちのアニメでもメインとなるキャラクター達です。
もちろん自分で全て作っても問題ないです。

戦闘は状況によりタクティカルコンバットを採用し、場合によっては戦略性を要しました。
(今でいうファイヤーエムブレムみたいに見下ろし型でユニットを動かしたりコマンドを選ぶ形式)
ボス戦なんかは本当にハラハラしましたね。
ただこのバトル方式だとレベルが低くてもうまく戦えば強い敵にも勝てたりします。

ダンジョンは3D。
これもファミコンのゲームだとほぼ一色の真っ平な壁しか見たことなかったのですが、ロードス島のダンジョンはアジトとか岩壁とか質感がかなり描き込まれててよりリアルに、緊張感を得ました。

以来、私の中ではファンタジー=ロードス島の世界観というのが確立されたわけです。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★

総評(ネタバレあり)

時代が進み、グラフィックや音楽が大幅に進化した現行の機種のゲームからすれば今、このゲームをプレイしても当時の私のようなインパクトはないのかもしれません。
ただプレイしないとわからないですがこの時代の古き良きファンタジーの世界というのがどういうのかわかっていただけると思います。
あとPC98版をプレイされた方はわかると思いますが歩くスピードが遅く、戦闘シーンに入る度に読み込みが1分近くかかります。これはちょっと…。
その後、上位スペックのマシンを購入し、歩くスピードの遅さや戦闘時の読み込み時間も軽減されたので感激したのを覚えてます。スペック格差をモロに感じられるゲームです。

戦闘シーンは面白いですが、この読み込み時間やタクティカルバトルはレベル上げするために何回も戦うとなると結構しんどいかもしれません。
ただ、このゲームが当時の他のRPGと最も大きく違うところがあります。

「ほとんどレベル上げ作業をしなくていい」

ということです。
こんなゲームかつてあっただろうか!
主要イベントを終えるだけで勝手に次のレベルまであがっていきます。
もっといえばラスボスもレベル12~14くらいで勝てちゃいます。
だから必要以上に雑魚と戦うことがないのはいいところであり、欠点でもあるかもしれません。
あと3Dダンジョンは最初から結構複雑です。
後半もマッピングとかは必須でした。まあ今でいえばスマホやタブレットで攻略サイトなどを見ながらできるでしょうけど。

自分好みにガッチリとハマる世界観というのもありますしゲームとしては間違いなく面白いです。
色々と思い出に強く残るゲームでした。





ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です