悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲(PS版)

1997年3月20日発売(コナミ)

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲

次世代機で発売された悪魔城ドラキュラは何度クリアしてもまた遊びたくなるゲーム

セガサターン版はPlayStathion版が発売した翌年の1998年の6月に新要素を追加して発売されました。

私はゲームの原型ともいえる横スクロールアクションが好きでした。
当然、この「悪魔城ドラキュラシリーズ」もファミコン版の3作とも全てプレイしてクリア済みです。

PlayStathion本体が発売された当時、世はグラフィックの機能に3Dポリゴンを用いた空前の次世代機ブームで、様々なメーカーから次世代ゲーム機が発売され、どれがいいのか、生き残るのか全く予想ができませんでした。
値段もそれなりの高額なので私は次世代機の覇権争いにはしばらく静観することにし、それから徐々にPlayStationとセガサターンの二強時代が到来してきました。(任天堂は独自路線を進んでる気がしたのでここでは含めていません。)

「悪魔城ドラキュラシリーズ」とともに私が好きだった「がんばれゴエモンシリーズ」の新作もPlayStationで発売され、ファイナルファンタジーシリーズの新作(当時7)も出るとわかり、今後しばらくは自分はPlayStationかな?と必然的に思うようになったのです。その後予想通り、悪魔城ドラキュラシリーズも出てくれて嬉しかったものです。

主人公は「あの」ドラキュラの息子

今回プレイヤーが操作するキャラは従来のベルモンド一族ではなく、標的だったドラキュラの息子のアルカード
アルカードと言えばファミコン版三作目の「悪魔城伝説」の主人公のサポートキャラとして登場したアルカードと同一人物!(?)

ファミコン版はドラキュラの造形そのまま若年寄にした感じだったのですが、今回は少女漫画に出てくる男性キャラみたいな綺麗系なお兄さんに大変身して甘い声でしゃべります。(変わり過ぎだろ!)

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲

システム

シリーズ初の次世代機といえ、ゲームシステムは2D横型のアクションゲームのまま。
従来の良き雰囲気を継承しつつ、多くの新要素が追加されています。

マップは横型と言っても一本道ではなく、迷路のようなドラキュラ城内部を行ったり来たりしてアイテムを集めたり固定されたボスを倒して探索場所を見つけて進んでいく「マップ探索型アクション」です。

さらにレベルの概念も加わり、敵を倒すと経験値がもらえ、一定に達するとレベルアップするというRPG要素もあります。
他にも貯めたお金をお店で装備やアイテムが買えます。
お金は敵が落としたりマップ内のあらゆるところで拾えます。

豊富な武器とアクション

武器は剣やヤリの他にヌンチャクとかメリケンサックとかバリエーションが実に豊富で特定の武器では隠しアクションがあります。
ある武器では攻撃ボタンを連打すると自動で連射攻撃したり、波動拳コマンドを入れると大きくぶん回したり。他にも瞬間的に敵の背後に回って攻撃する意表をつくアクションもあります。
とにかくただでさえ武器の種類が多いのに、固有のアクションの種類の多さにも驚かされます。

さらにアルカードは魔法も覚え、体力を回復したりできます。
他にもコウモリに変身して空を飛んだり、霧に変身して隙間を抜けたり…。
マップを埋めてい行くには変身は必須です。

デカくて怖いボスの数々

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲

ボスも個性豊かで本体の性能を活かしたド迫力満点のデカさに加え、リアルにグロく描かれていています。

中でも人間ぽい敵が100人くらい空中に固まっていて、それを剣などの攻撃で削ぎ落して本体を中から掘り起こすなんて度肝を抜かれるボスもいます。

何から何までファミコン版の良さを崩さず、全てがパワーアップし、多彩なアクション、遊び要素が格段に広がって楽しめる作りになっています。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★

総評<ネタバレあり>

「2D横型マップ探索型アクション」、「悪魔城ドラキュラシリーズ」が好きな私にとっては文句なしに面白く高い評価となります。こうしたゲームが好きな方には絶対おススメです。

ボス自体は強い敵もいますがレベルを上げればHPも上がりますし、回復アイテムをたくさん用意して突撃してもどうにかなります。
ただマップ探索型アクションをあまりやったことない方にはゲームの進行が少々面倒くさいと思えるかもしれません。
アイテムを手に入れ、「これをどこで使って進めるか」ということを考えますが、未踏の地はマップ表示で確認できるとはいえ、どういう地形だったか、どういったアイテムが必要な場所だったかを覚えていないと無駄足になる可能性があり、マップを隅から隅までいったりきたりする作業が発生します。

 
<以降ネタバレ>
ゲームを進めていくと、あれ、もうラスボスのいる場所?早っ!
と思った方は多いと思います。
シリーズお馴染みのバンパイアバットて会ったけ?メデューサは今回出ないの?
何が100人だって?
そもそも最初に出てきたデス(死神)はどこ行った?

とか疑問をもったままクリアーか…と思ったところで、文字通りの大どんでん返しが待ち構えています。
これは、いい意味でやってくれましたね。

しかもクリアー後にはあるキャラでプレイすることが可能となり、アルカードとは全く違ったアクションで新たな感覚で遊べるのもうれしいサービスです。

私はこの「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」がとにかくお気に入りで10回近くはクリアしてると思います。もう発売から20年以上経ってるんですね…。
さんざん遊んでるのに何年かプレイしてないとまたついやりたくなっちゃう、それこそ自分にとって価値のあるゲームだと思います。

あ~、こういうゲームもっとやりたい。。。

 

悪魔城ドラキュラ(FC版)

悪魔城ドラキュラ

悪魔城ドラキュラはファミコンのディスクシステムでコナミから発売された「悪魔城ドラキュラシリーズ」の第一弾であり、1復活したドラキュラ伯爵討伐の為シモンはムチを武器にドラキュラ城を進んで行きます。
グラフィックは細かく丁寧に描き込まれ非常に鮮やかです。(18/07/12)
記事を読む







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です