ランス・クエスト/ランス・クエスト マグナム(Win)

2011年8月26日発売(アリスソフト)

ランスクエストマグナム

数多くの魅力的なキャラを万遍なく使える練られたシステムのクエスト受注型RPG

1989年に第1作目が発売され、2018年には10作目が完成して長きに渡ってパソコンゲーム市場を盛り上げているランスシリーズ。

今回ご紹介するランス・クエストはナンバリングタイトルとしては8作目「RanceVIII(ランス8)」になります。

なおランス・クエストは発売から半年後に出たアペンドディスク「ランス・クエスト マグナム」をインストールすることにより、システムの大幅な強化に加え、新キャラや新クエスト(MAP)を遊べるようになります。

※「ランス・クエスト マグナム」を遊ぶには「ランスクエスト」本体が必要です。

 

ランス・クエストのストーリー

ランスクエストマグナム
コパ王国を訪れたランスは冒険と女の子三昧の暮らしをしていた。

そして前作の「戦国ランス」で呪いによって氷漬けになったシィルを元に戻す手がかりを求めカラーの都に向かうランス。
しかしランスはカラーの女王の逆鱗に触れ、「モルルン」という禁欲の呪いをかけられてしまう。

呪われた自分の体とシィルを助ける為、ランスは数々のクエストをこなしていくこととなる。

 

ランス・クエストのシステム

ランスクエストマグナム
ゲームは会話中心の「アドベンチャーパート」とダンジョン探索の「RPGパート」に別れます。

クエストを受注し、ダンジョン探索などをクリアしたりイベントを進めば仲間が増えたり、新たなクエストが発生してゲームが進行していきます。

クエストはメインとサブをあわせて実に多くの数が用意されており、必要な仲間がいるか、必要なレベルが達しているかなど条件をクリアしないと受注できないクエストもあります。

 

ランス・クエストのキャラクターとスキル

ランスクエストマグナム
パーティに加わるキャラクターは過去のランスシリーズお馴染みのキャラや今作初登場など合わせて40人以上出てきます。
また戦闘に参加できるのは前衛3人後方2人の最大5人です。(途中で入れ替えは可能)

 

ランスクエストマグナム
各キャラクターには戦士系や盗賊系、魔法使い系などあらかじめ固有の職業が設定され、スキルも個々に用意されています。

「実装スキル」に装備したスキルのみ、ダンジョンや戦闘で使用可能になり、レベルが上がった時に得られるポイントで新たなスキルを覚えたり使用回数を増やすことができます。

なおランスクエストは自分の好きなキャラターを作成できるばかりか、好きな画像も設定でき、セリフの作成も可能です。
選択した職業によって使用できるオリジナルスキルもある程度用意されています。

 

ランスクエストマグナム人気麻雀漫画「咲-saki-」のヒロイン「宮永咲」を作成↑
実は自分の証明写真を使って私自身も戦闘に参加したことがあります…。

 

ランス・クエストのモルルンとレベル最大値

各キャラクターにはレベルの限界値があらかじめ設定されていて通常はそれ以上は成長しません。

そこでランスの登場です。
禁欲の呪い「モルルン」をかけれられたランスでもレベル35以上の相手にはイベントを起こすことができ、その後相手はレベルが1に戻ってしまいます。

ただ所持してたスキルポイントは残したままで限界レベルの値が上昇し、さらなる成長が見込めるようになります。

なお限界レベルが元々35未満のキャラクターには、まず専用のアイテムを使って限界レベルの値を35以上にする必要があります。

 

ランス・クエストのクエストとダンジョン探索

ランスクエストマグナム
クエストは洞窟の他にも草原やお城など様々な地形、舞台で冒険することになります。

魔物を○匹倒す、指定した場所に辿り着く、ボスを倒すなど指定された目的を達成することでクエストクリアになります。

そして一部のダンジョンにはイベントの他にも罠などが随所に仕掛けられています。
クエストやダンジョンの特徴にあわせてトラップを解除できる仲間など、連れていく仲間のスキルが役に立つことになります。

 

ランス・クエストの戦闘

ランスクエストマグナム
クエスト中はランダムエンカウントや特定のマークやイベントで魔物との戦闘になり、各キャラはステータス画面で設定した攻撃方法やスキルの回数分だけ行動可能です。

使用回数が0になったスキルは使えなくなり、コマンド内が全部0になると一切行動ができなくなります。

その時は右下の「入れ替え」を選択すれば控えメンバーと交代することができます。
基本的に突入時の初期メンバーだけでは戦闘を続けていくうちに誰かしら行動不能になる可能性がありますので、交代する予定のメンバーの装備やスキルも常に考えて準備しておきましょう。

また戦闘は残りタイムが設定され、行動をするごとに減っていき、0になると強制的に戦闘は終了とします。タイム以内に全滅させなければいけないイベントも多いので注意が必要です。

以上のことから常に行動回数や時間を気にして効率のいい戦い方を心掛け、交代できる残数も注意する必要があります。

 

ランス・クエスト マグナムの追加要素

ランス・クエストは別売りの「ランス・クエスト マグナム」をインストールすることにより、機能が拡張できます。

・仲間にできるキャラクターを追加
・クエストを大幅に追加
・S級クラスの武器、防具、アイテムの追加
・バランスの改善、調整
etc.

「ランスクエストマグナム」はシステム面を大幅に改善してクエストも充実してるので是非、一緒にあわせて購入することをおすすめします。

※「ランス・クエスト マグナム」を遊ぶには「ランスクエスト」本体が必要です。

 

ランス・クエスト デモムービー

※このゲームは18禁です。

 

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★
難易度のバランス ★★★★★

ランス・クエストの感想<マグナム込み>

ランス・クエストはキャラクターに対する愛着を感じ、成長のさせ方が非常によく練られていると思います。

ほとんどのゲームでは使用できる仲間のキャラが大勢揃ってくると、強いキャラや使いたいキャラが限られたりするので他の弱いキャラをわざわざ育てるのが面倒になったりしがちです。

ただそうしたプレイ中の偏りを避ける為か一部クエストを始めるには「特定のキャラのレベル○以上必要」などあるので、普段使わないような仲間もパーティに入れてレベルを上げる必然性があります。

そしてイベントを起こすことでCGを得たりできるので、ほとんどの仲間キャラがストーリー上、万遍なく使えるように配慮されています。

 

さらに戦闘で使用できるスキルの回数制限があるというのが常に緊張感を与え、戦略性を求められます。

使用回数が決まってるから、長いダンジョン探索でスキル切れが発生し、最初の5人以外にも「控えのメンバーと入れ替える必然性」があり、上記同様、その分キャラを幅広く使えレベル上げも苦痛に感じることはそれほどありません。
その時点でレベル不足などで選択できないクエストの必要なキャラを優先させて育てたりするのもいいですね。

一見、スキル切れによる入れ替えというと面倒くさいイメージがありますが、色々なキャラを使うのが楽しいですしゲームを進めて行く上での作業ではなく、面白さや安心感を感じられるのでよくできたシステムだと思います。

 

ランスシリーズといえば前作の「戦国ランス」が圧倒的に人気がありますが、私はこの多くのキャラクターを満遍なく無駄なく使えるように配慮されたランスクエストのシステムやゲーム性の面白さ高く評価させていただきます。

ただ、残念ながら気に入ったBGMはそこまでありませんでした…。

 

ランスクエストは専用ページでは追加クエストを無料で配布していたり、ワールドのレベルを変更することにより、難易度の高い「違ったランスクエスト」を遊べるなど、ユーザーにとってサービス精神を感じさせてくれるゲームです。

従来のランスシリーズ同様、イベントの会話も楽しく、クエストも飽きさせない様々なタイプがあり、次から次へと挑みたくなる気にさせてくれ、何より好きな画像を取り込んでお好みのキャラを作れるのが嬉しいです。

さらにマグナムはランスクエストを格段にパワーアップし、ボリュームもアップさせてくれるので是非一緒に入れて遊び尽くしてください!

 

なお購入される場合はDMMからWindows8や10にも対応しランス・クエストとランス・クエスト マグナムが統合されたダウンロード版が販売されており、金額的にも非常におすすめです!

 

【ランス・クエスト/マグナムの対応OS:WindowsXP/Vista/7】

 

ランスクエスト
 
 

ランスクエストマグナム
 

 

戦国ランス(Win)

戦国ランス

平成最後の日、ゲームレビューに選んだのは戦国ランスです。
ランスシリーズの7作目は日本をモデルにしたJAPANで繰り広げられる地域制圧型のシミュレーションゲームとなっています。
そのゲーム性の高さ、面白さは今までプレーしたゲームでトップクラスです。(19/04/30)
記事を読む

RanceⅨ-ヘルマン革命-(Win)

ランス9

ランス9は1989年の第一作から20年以上続いてる人気PCゲーム「ランスシリーズ」の9作目で戦闘にタクティカルバトルを採用したシミュレーションRPGです。
今回は7人のメインヒロインに焦点を当て、各ルートやラスボスが個別に用意されています。全てクリアした後に待つ真のエンディングでは…。(18/09/17)
記事を読む







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください