アクトレイザー(SFC)


アクトレイザー

1990年12月16日発売(エニックス)

抱き合わせのゲームが実は「神」ゲームだった

80年代、空前のファミコンブームを巻き起こした任天堂が、ファミコンの後継機としてより性能をパワーアップさせたスーパーファミコンを1990年11月21日に発売しました。
年号が平成になって2年目のことです。

先に当時の状況を説明させてください。
ファミコン一番のメガヒット商品のスーパーマリオブラザーズの続編、スーパーマリオワールドがこのスーパーファミコンで出るとなると、当然買いたい!ということになりますが、発売当初はスーパーファミコン本体が品薄状態で買いたくても買えない状態でした。
そうした消費者の弱みに付け込んだかのように一部の販売店が「セット販売」、「抱き合わせ商法」を実施する風潮がありました。(現在は禁止されてるはずです。)

ある日、近所の電気屋がスーパーファミコンの本体に人気のマリオと不人気、マイナーな作品をセットにして販売してました。
値段は本体とマリオだけでいいのに他のソフトもついていたので5000円くらい高くなっています。
「・・・本体ある、マリオ、やりたい。」
発売から1か月以上経ち、ようやく現物が目に見えたにも関わらず予想外に高くついてしまいましたが迷いに迷い、とても待ちきれずに無理してどうしても欲しかったスーパーファミコンをセット版売で買っちゃいました。
そう、そのマリオの人気に抱っこされてセットになってたのがこのアクトレイザーでした。

その時はマリオしか眼中になく、セット販売のゲームがなんだったかとくに気にせずアクトレイザーとのセットを選んでしまったのですが、後にこの選択が大正解だったと当時の私は知る由もなかったわけです。
最初はマリオばっかりやってて全面クリアーするまで全く手をつけてませんでした
ようやくマリオも終わり、あまり知らないアクトレイザーをやってみるか、という頃合いになりましたがセット販売のゲームだったので最初はあまり期待はしてなかったです。

ネットビジネスで生活する道 アクトレイザー
「なにこれ?めちゃくちゃ面白い!!」
ゲーム初めて一日目でそのセット販売のゲームに夢中になりました。

ゲームはプレイヤーが神となり、土地を開拓して人口を増やしたりして街を発展させていくシミュレーションパートと、住民を苦しめてる魔物を退治にしにいくアクションパートの2種類のゲーム性が楽しめます。
シミュレーションパートは湿った土を太陽で照らしたり、邪魔な木を雷で焼き付けたりして発展させるための道を作り町の人を導いて家などが建築させていきます。
一定時間経つと人口が増加し、ある程度の人数に達するとレベルアップする仕組みです。
途中、住民から色々な依頼を受け、問題を解決しながら街を発展させていく流れです。
余談ですがこの当時は他に「シムシティ」や「ポピュラス」など発展型シミュレーションが出てきましたね。

アクションパートでは最初に魔物が住み込んでる土地のボスを倒して街を開放し、街のイベントが進むと根源であるボスが新たにでで、そのボスを倒せば一つの地方はクリアとなります。

アクションパートも出来が素晴らしいです。
とにかくスーパーファミコンが出たばかりだったのでグラフィックの綺麗さ、表現に驚かされました。ボスもファミコンでは考えられなかったデカい敵がガンガン動き回るのでスリルと迫力がケタ違いでした。
とにかくマリオワールドではそこまで感じられたかったスーパーファミコンの性能のすごさをこのアクトレイザーは十分すぎるほど私に見せつけてくれました。

これだけのゲームがなぜ抱き合わせだったのか未だに謎…。
でも結果的にこのゲームに出会えたのは得だったのかもしれません。

ちなみに発売から27年経ちましたがバッテリーは生きてました
今年も2ヶ月前くらいに無事、クリアーしてます。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★
熱中性 ★★★★★
キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★★★
難易度のバランス ★★★

総評<ネタバレあり>

スーパーファミコン初期のゲームとしては申し分ないほど全体的にクオリティが高いです。
音楽は当時開発中だったファイナルファンタジーⅣの開発チームがこのアクトレイザーの曲に愕然として、音源から作り直したというほどと言われるレベルの高さです。

数少ない問題点はシミュレーションパートでイベントを早めに消化すると人工増加待ち状態になるので画面をボ~っと眺める時間が何回か発生します。
一部のボスが強かったり、倒し方が面倒なのもいますが、決してアクションがうまくない私でも何回かチャレンジできれば倒せるレベルです。
最後のボス連戦もきついという声がよくネットで見かけましたが、一部の地方にある1UPアイテムを集めれば格段に楽になりますし、ラスボスに関しては動きはそんなに早くなく、パターンも読めるのでうまくやれば無傷で倒すこともできなくはないです。

ちなみにアクトレイザーはアクションパートのみの「2」が出てましたが私は期待外れでした。
以降、シリーズが出てないのはそれだけ不評だったのでしょうか…。

とにかく私にとってはまさに天から降臨して巡り会えた「神ゲーム」でした。







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です