Google Map(グーグルマップ)の埋め込み方を説明します

ページ内にGoogle Map(グーグルマップ)を埋め込むことで詳しい場所を伝えることができます

ホームページやブログなどで特定の場所を紹介する内容の記事を書く場合、Google Map(グーグルマップ)の地図を埋め込んでおけば、訪問者に対して正確な場所を伝えることができ、リアルに足を運べるかなどイメージさせる判断基準になるかと思われます。

今回はグーグルマップの地図の埋め込み方法を説明させていただきます。
やり方はとても簡単で短時間でできます。

なおグーグルマップの利用は一部の条件で有料になることもありますが、今回ご紹介する操作内容につきましては無料でできます。(2018年8月現在)

ページ内にGoogle Map(グーグルマップ)を埋め込む方法

下記手順によってページ内にグーグルマップを埋め込みます。

まず始めにグーグルマップのページを開きます。

グーグルマップを埋め込む方法左上の空欄に任意の場所を入力して検索を実行します。

続いて場所が表示されたら中央にある「共有」をクリックします。

グーグルマップの埋め込み方法「共有」では「地図を埋め込む」のタブを選択します。

次にそのすぐ下の左端をクリックしてサイズを選択します。

サイズを決めたら最後に右側の「HTMLをコピー」をクリックしてご自身のページ内の任意の場所に張り付ければグーグルマップが埋め込まれます。


<小:幅400×高さ300>


<中:幅600×高さ450>


<大:幅800×高さ600>(本ブログの記事幅は735なので実際はもっと大きいです。)


<カスタムサイズ>任意の数字を入力してお好みのサイズで表示できます。

なおどのサイズを選択してもHTMLコード内のwidth(幅)と height(高さ)の数字を変更すれば好きなサイズに調整することができます。

 

「この地図は自分専用です」の意味

コードを取得する際、「この地図は自分専用です」のメッセージが表示されます。
え?埋め込んだ地図は自分しか見えないの?と思わせるような内容で不安に感じる方もいると思われます。

これは自分がログインしてるアカウントに対してのみ有効なカスタマイズされた情報のことを指しているので、別の方には埋め込んだ地図が見れないということではないのでメッセージについてはとくに気にしなくて大丈夫です。(ログアウトしてる状態でPC、スマホ、Ipadでも地図の表示を確認済み。)

いかがでしたでしたでしょうか。
操作は非常に簡単で時間もかからないのでよろしければ試してみてください!







スポンサーリンク

考察TOPへ
HOMEへ

2 Comments on “Google Map(グーグルマップ)の埋め込み方を説明します”

  1. ランキングから訪問させていただきました♪
    グーグルマップを思ったより簡単に貼り付けられるんですね。
    ありがとうございます。
    やってみますね( ´艸`)

    1. いくっちさん、コメントありがとうございます。

      やってみるとすごく簡単なのはわかっていただけると思います。
      是非、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください