【安心で簡単!】スパムメール対策に優秀なプラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」

Invisible reCaptcha for WordPress

ワードプレスを利用してサイトやブログを運営している方は自分の作成した記事に対して感謝のコメントなどをいただくとすごく嬉しい気持ちになりますよね!

 

もちろん、時にはいいコメントばかりだけではなく厳しい内容のものもあるかと思います。

さらに英文が羅列されたりURLの記載されたスパムメールに悩まされている方も多いのではないでしょうか。

 

作成した記事へのコメント欄から送られてくるこれらのスパムメール。
削除しても削除しても様々なユーザー名やIPアドレスから届くので、ピンポイントに阻止することはほぼ不可能なのでかなり厄介です。

 

ここではこの非情に悪質で迷惑なスパムメールが届くことを阻止する方法をご紹介します。

大まかにいえばワードプレスで「コメント」そのものを書けなくすることとプラグインを使用して対策することになります。

 

次項からそれぞれの手順をご案内します。

 

記事に対してコメントを入力できないようにする設定

ワードプレスは標準でコメントが入力できる設定になっているので、これを解除することでコメントが入力できなくなります。

 

ワードプレスのコメントのはずしかた

解除するには管理画面の「設定」から「ディスカッション」を開き、
「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックをはずします。

 

こちらを適用することで各ページからコメント入力欄が消えます。

なお設定の前にすでに投稿されたコメントについては残ったままなのでご安心ください。

 

ただ、この場合はスパムメールが届かないだけでなく、普通の方もコメントが入力できなくなるので、根本的な解決にはならないと思われる方もいるかと思います。

その場合は次にご紹介するプラグインを使用してください。

 

Invisible reCaptcha for WordPressの適用方法

ワードプレス用プラグインの「Invisible reCaptcha for WordPress」を適用することで、コメントを入力しているのが人間かロボットかを自動で判断して悪質なスパムメールを制御し、該当するコメントが届かなくなります。

 

具体的にいうとGoogle検索などで稀に見かける、人間であることを証明する為に読みにくい文字を手動で入力したり指定された画像を選択する確認画面が表示されるようになります。

ただこのプラグインの確認画面は、コメントが悪質なスパムメールの可能性があると判断された場合のみ表示されるもので、普通の訪問者に対しては表示されず問題なくコメントを入力できるのでご安心ください。

 

手順は非情に簡単で無料でご利用できますが、条件としてはG-mailアドレスが最低一つ必要になります。

例えば2つのサイトに適用したい場合は、その分、G-mailアドレスが2つ必要になるのでご注意ください。

 

Invisible reCaptcha for WordPressで使用するキーの取得方法

まずはじめに「Invisible reCaptcha for WordPress」を使用する為にキーが必要になります。

以下のリンクからグーグルのサイトに登録してキーを取得します。

 

 

 

Invisible reCaptcha for WordPressGoogle reCAPTCHA」のページが開いたらまずは右上にある「Admin Console」をクリックします。

 

Invisible reCaptcha for WordPress

こちらで必要な情報を入力してキーを取得します。

 

ラベル:サイトのURLを入力します。(本ブログはhttps://takarikaruga.com/

reCAPTCHAタイプ: 「reCAPTCHA v3」をチェックします。

ドメイン:ドメインを入力します。(本ブログはtakarikaruga.com/

オーナー:ご自身のG-mailアドレスを入力します。(●●●@gmail.com)

reCAPTCHA利用条件に同意する:利用条件を読んで問題なければチェックします。

最後に「送信」をクリックします。

 

 

invisible reCaptcha for WordPress
すると画面が切り替わり、「https://●●●●●●●●●/」が登録されました。
と、表示され指定したURLへの登録が完了しました!

すぐ下にサイトキーシークレットキーの2つのキーが発行されたのでメモ帳などにコピーしておいてください。

 

Invisible reCaptcha for WordPressのインストール

次に「Invisible reCaptcha for WordPress」を実際にワードプレスにインストールして適用させるまでの手順をご案内します。

 

invisible reCaptcha for WordPress

まず管理画面の「プラグイン」から「新規追加」をクリックし、
右上の検索枠に「Invisible reCaptcha for WordPress」と入力し、検索してください。

すると同名のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリックし、
インストールが完了したら「有効化」をクリックしてください。

 

Invisible reCaptcha for WordPressの設定方法1

invisible reCaptcha for WordPress有効化することでメニューの「設定」内に「Invisible reCaptcha 」が追加されますのでクリックしてください。

ここからはこのプラグインの使い方をご説明させていただきます。

 

invisible reCaptcha for WordPressSettings」のタブの画面が開きます。

 

ここではさきほど取得した2つのキーを貼り付けます。
他の設定はしなくてもとくに問題はありません。

Your Site Key:サイトキーを入力

Your Secret Key:シークレットキーを入力


Language:
表示言語を選択(デフォルトでOK)

Badge Position:
アイコンの表示位置を選択

Badge Custom CSS:
アイコンの表示位置をカスタマイズされたい場合はCSSを記述

 

その後、「変更を保存」をクリックしてください。

Invisible reCaptcha for WordPressの設定方法2

続いて左側のメニューから「WordPress」のタブをクリックしてください。

 

invisible reCaptcha for WordPress

こちらでは「reCAPTCHA」を適用させるページのタイプを選択できます。

 

Enable Login Form Protection:ログインフォームに適用

Enable Registration Form Protection:新規登録フォームに適用

Enable Comments Form Protection:コメントフォームに適用

Enable Forgot Password Form Protection:パスワード再発行フォームに適用

今回のコメントフォームに関するのは3番目ですが、特に問題なければ全てにチェックをしておいた方が無難です。

 

最後に「変更を保存」をクリックすれば設定が完了です!

 

 

invisible reCaptcha for WordPressInvisible reCaptcha for WordPress」を適用させたサイトの記事のコメント欄に「reCaptcha」のアイコンが表示されました!

これがあるだけで訪問された方も安心してご利用できるかと思います。

 

なおこのアイコンの位置がレイアウト的に悪いと感じたら「Badge Position」から別の設定に変更したり「Badge Custom CSS」で位置を調整してください。

 

これでスパムメールを気にせず、安心して記事の作成だけに集中できますね!
設定もすごく簡単なのはわかっていただけたと思いますし、非常におすすめなので試してみて下さい。

 


考察TOPへ
HOMEへ

スポンサーリンク
>一日たった5分の脳トレゲームをするだけで【みるみる視力が回復!】

一日たった5分の脳トレゲームをするだけで【みるみる視力が回復!】

遺伝や体質だけでなく勉強、仕事、ゲームなど様々な原因で視力が低下すると生活にも支障が出てきます。【アイアップ】は一日たった5分の脳トレゲームをするだけで視力が改善する革新的プログラムです。

CTR IMG