たった3分で301リダイレクトを設定できるプラグイン「Simple 301 Redirects」

今回はワードプレスのプラグイン「Simple 301 Redirects」をご紹介させていただきます。

301リダイレクトは通常ですと「htaccessファイル」を記述したりと手間や知識が必要になりますが、上記プラグインを利用することで簡単に設定することができます。

301リダイレクトとは?

指定したURLに施すことにより訪れたユーザーを瞬時に別のURLに遷移させる仕組みです。

どのような場合に利用するか?

一つの例としてURL(ページ)の中身を別のサイトに引っ越しさせたい場合などに利用します。
その際、引っ越し前のページに訪れたユーザーを誘導できます。

本ブログで例えて話を進めますと、「旅行・観光」カテゴリーが新規サイトに移行中です。(2019年2月現在)
この「旅行・観光カテゴリー」は現在50近くあり、ストックもまだ半分くらい残ってて今後も趣味の旅行を続けて行くのでまだまだ増えて行く可能性があります。
改めて見返すと、訪問者の方にもう少し大きな画像で見ていただきたいのと詳細、改良を加え国内旅行に特化した専門のサイトを立ち上げて公開したいと思うようになりました。

ただ、ベースが同じで新サイトを作ると同じような内容のページがネットワーク上に2つできてしまうのでネット上でコピーページと認識してしまう恐れがあります。
ネットビジネスに限らずブログを運営するうえで「コピペは良くない」とよくいうのは他者の既存のサイトの内容や文言をコピーしただけで自分のサイトでそのまま使うのが違反行為に値するので評価が下がります。
後から楽してパクッて評価を(検索表示)を上げさせない為です。

ただ、自分の作ったものを引っ越しするだけでもコピーはコピーとして認識されてしまいます。(結局はURLが変わって別々のサイトになるので。)

かといって新規サイトにページを移した後、元のページから削除すればその辺は問題なくなりますが、ページの評価そのものは新しいサイトで一からやり直しとなってしまいます。
ある程度元のサイトのページの評価や検索の流用を活かしつつ、新規サイトにページを移す為に今回、301リダイレクトを施すことにしました。

また301リダイレクトを利用する別に考えれられる要因としては、すでに自分のサイトのトップページや特定のページ関わらずそこに対して訪問者が「お気に入り」や「ブックマーク」に入れてる場合、そのURLが消滅すると、お気に入り登録時のURLをクリックしても当然ページが表示されなくなります。
そこで301リダイレクトを利用することで消滅したURLから瞬時に新しいURLへ遷移させることで登録してくださった方に不便を与えず離脱されることを防げるようになります。

本サイトをSSL化した際も、全ページ「http~」が「https~」とURLそのものが変わったのでSSL化プラグインに含まれていた301リダイレクトの機能を利用しています。

次項からSSL化ではなく個別に指定する301リダイレクトの設定方法を中心にワードプレスをご利用している方に簡単に使えるプラグインの説明をさせていただきます。

Simple 301 Redirectsのインストールと設定

ワードプレスプラグイン301リダイレクト まずはワードプレス管理メニューの「プラグイン」→「新規追加」で「Simple 301 Redirects」と入力して検索をします。
すると上記の「Simple 301 Redirects」が表示されますのでインストールして「有効」にしてください。

ワードプレスプラグイン301リダイレクト続いて管理メニューの「設定」に新たに追加された「301 Redirects」を選択しますとリダイレクトのURLを設定する画面がでてきます。

ワードプレスプラグイン301リダイレクト左側の「Request」の空欄に遷移元のURLの相対パスを入力します。
※ここでは例として本ブログの浅草の紹介ページURL(https://takarikaruga.com/2019/01/05/asakusa/)の赤い部分の相対パスを入力します。

続いて右側の「Destination」の空欄に遷移先のURLの絶対パスを入力します。
※ここでは新サイトで作成した浅草の紹介ページURL(https://takari-japantravel.info/2019/01/23/sensouji/)を入力します。

ワードプレスプラグイン301リダイレクト遷移元と遷移先を入力したら最後に左下の「変更を保存」をクリックすれば301リダイレクトの設定が完了です。

ワードプレスプラグイン301リダイレクトそれでは実際に301リダイレクトが正しく設定できたか確認してみます。
まず本ブログ「旅行・観光」メニューをクリックすると、「旅行・観光TOP」ページに移動します。

その中の「東京都のおすすめ観光スポット」の一番下に浅草寺の項目があります。
通常ですと「見出し」、「アイキャッチ」、「記事を読む」のいずれかをクリックすれば本ブログの浅草寺を紹介しているページに遷移しますが、すでにリダイレクトの設定をしているので…

ワードプレスプラグイン301リダイレクトクリックすると新サイトである「癒しの日本旅行記」の浅草の紹介ページ(https://takari-japantravel.info/2019/01/23/sensouji/)へ遷移しました!
301リダイレクトが正しく機能されてます。
(※2019年2月現在は「旅行・観光」内の301リダイレクトの設定は一部のページでしか完了していません。)

いかがでしたでしょうか。
ワードプレスを使用されている方ならばこの「Simple 301 Redirects」のプラグインを使うだけで簡単に短時間で301リダイクレトの設定が適用できます。
今回は特定のページで試しましたが、パスを変えればメニューごと、カテゴリーごとなど広い範囲を対象にお好みの用途にあった遷移が可能となります。

人によっては301リダイレクト自体はそんなに使用頻度は少ないかもしれないですが、私のように突然、ページの引っ越しなど思いつくことがあるかもしれません。
そのような時は非常に便利ですので一度、お試しください。







スポンサーリンク

考察TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください