クラウドソーシングで稼ぐ方法

自宅でできる仕事クラウドソーシング

ネット上でお金を稼ぐ方法といってももちろん手段は広告収入を得ることだけではありません。
仕事のマッチング専門サイトから仕事をもらって、それを完遂することで報酬を得るクラウドソーシングを利用する方法もあります。

こうしたビジネスマッチングを運営している会社がいくつかあり、代表的なのは以下の会社です。

ランサーズ
クラウドワークス
Bizseek

仕事を探してる人、仕事を依頼できる相手を探してる人をサイト上でマッチングさせ、条件などを同意の上、定められた期間で仕事をして報酬を得る形になります。
働く場所が会社から家に変わるだけ、というのがざっくりした印象で、働いてお金をもらうという意味では一番現実的な方法なのかもしれません。
働いた分の時間を報酬に変えてるのでアフィリエイトなどで不労所得を目指す方は本来の目的とは方向が異なると思います。
また報酬を得てもサイトの利用料、手数料という形で報酬の何%かは減額されます。
当然、運営側もビジネスとしてマッチングの場を提供してますからね。

こうしたクラウドソーシングを利用する目的としては様々な方がいると思われます。


クラウドソーシングを利用するに向いてる方

・会社などに行かず完全に自宅で効率よく働いて稼ぎたい
・お小遣い稼ぎを目的として副業に使う
・写真やイラストなど売りたい物がある
など


仕事自体はシステム開発、デザイン、翻訳などプロや上級者向けのものからデータ入力、ライティング、内職系の軽作業などそこまでパソコンのスキルや知識などを問わない初心者向けのものまで様々あります。
それとは別に、自分が撮った写真や作成したイラストなどを売ることができます。

ほとんどの仕事は定められた期間内で完了すればいいので早めに終わらせる時間やスキルがあればいくつも並行して進めるのでそれだけ効率よくお金を稼ぐことができます。
とくにライティングなどは単価こそ安めではありますが、文章を書くの好きだったり得意な方であれば、仕事の数自体が多いので数を次から次へとこなして稼いでいく方法もあります。

ランサーズで例えると、仕事をする人(ランサー)の評価という概念があり、完了した時にクライアントから仕事ぶりを評価されていきます。
それが積もってランサーとしての価値が上がり、信頼され、仕事も得やすくなります。
クライアント側からすれば見ず知らずの人に報酬を払うのです。
紹介が適当だったり評価が低い人に仕事を依頼するなんてことはないですよね。

こうしたクラウドソーシングの仕事の難しいと思ったところは、一つのプロジェクトが終わった時に、次の日からまた違う仕事がすぐできるか?ということです。
当然、都合よくやりたい、できる仕事がいつもあるとも限りません。
そういう不安もよぎるが故に前述したようにいくつもの仕事を掛け持つ方もいると思われます。ただそれだけでも負担がかかるのに仕事の量を増やしつつ次の仕事を探すのも考えなければならない、という苦行に陥りかねません。
そこまで大変なら会社だけ行って仕事やってた方がいいや、と思えなくないです。

そうならない為にも自分の信頼を作っておけば、以前の仕事を評価され、継続的に仕事をもらえたり、サイトを介さないで直接契約を結べるようになるといった話も聞きます。
マッチングサイトは一つのきっかけであり、可能性ということです。

だから向いてる人、向いてない人はいると思いますし
それを本業として行くためにはまずは信頼を得てランクを上げられるかどうかが勝負ですし、お小遣い稼ぎ、副業のつもりであれば「仕事があれば」くらいの感覚で必ずしも仕事を得ることができないと思ってた方がいいです。
仕事にエントリーして、クライアントから選ばれ、始まるまでにも一週間くらいの期間を要します。

確実に家で働いて、短期間で稼ぐ、という目的であれば得意分野のスキルを持ち、それなりに数をこなしてサイト上の評価を上げていくまで育つしかありません。
もちろん普通に仕事をこなしていけば評価が下がるなんてことはまずありません。

始めるまでもクライアントとメールで直接やりとりができるので不安ならなんでも聞いてみてすべて理解したうえで自分にあった仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


日本最大級のお仕事マッチングサイト!Webで完結、在宅で稼ぐ!無料登録(30秒)



お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス



信頼できるクラウドソーシングサイト【Bizseek】




ネットビジネスで稼ぐ方法の種類TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です