東京都・九段下の靖国神社に参拝に行きました

今回は今年、2018年8月に行った東京都千代田区の九段下にある靖国神社をご紹介させていただきます。

約246万6千柱もの戦死者を祀った靖国神社

地下鉄半蔵門線の九段下駅地下鉄半蔵門線の九段下駅からすぐでした。

地下鉄半蔵門線の九段下駅

靖国神社徒歩2分ほどで靖国神社に到着しました。

靖国神社とは

靖国神社

靖国神社
幕末の武士やペリー来航以降の日本国内外の戦争や国事でなくなった戦没者を「英霊」として祀っている神社です。
前身の「東京招魂社」は明治天皇の命により大村益次郎の発案のもと戊辰戦争などの戦死者を祀るために創建され、1879年に靖国神社に改称されました。
戦争による被害を受けた一部の他国はA級戦犯であるとされていた人達を8月になると政治家がこの靖国参拝に行くことに対してに批判し「靖国問題」とされています。

靖国神社

施設情報

施設名 靖国神社(やすくにじんじゃ)
所在地 東京都千代田区九段北3-1-1
電話番号 03-3261-8326

 

入場料金

無料

靖国神社第一鳥居大鳥居大鳥居(第一鳥居)を通ると広大で長い通路が目の前に広がります。

靖国神社

靖国神社

靖国神社

靖国神社慰霊の泉こちらは慰霊の泉です。激しい戦場で水を欲したまま息をひきとった兵士達を偲び、水を捧げる母の慈愛を表現して造られました。

靖国神社大村益次郎中央に高くそびえ立つの銅像は大村益次郎です。靖国神社の創建に深く関わった人物です。

靖国神社大村益次郎

靖国神社休憩所なお靖国神社は広い第二鳥居の近くに休憩所があります。

靖国神社休憩所座席や分煙の喫煙所も備えています。

靖国神社の拝殿へ

靖国神社

靖国神社第二鳥居それでは第二鳥居に入り参拝へ向かいます。
南の第一鳥居からの通路を通らずに、敷地の西に沿ってる靖国通りから直接来ることも可能です。

靖国神社

靖国神社大手水舎鳥居を通るとすぐ左手に大手水舎があり、手を清めることができます。

靖国神社神門まっすぐ進むと「神門」という大きな門があります。

靖国神社神門扉には直径1.5メートルもある巨大な菊花の紋章が取り付けらてる重厚感のある門です。

靖国神社中門鳥居拝殿そしてさらに前に進むと拝殿へと誘う「中門鳥居」があります。
ただ申し訳ございませんが、これより先は撮影できませんでした。それでも参拝はきちんとさせていただきました。

靖国神社広い通りの為、夏の太陽を遮るものもなかったのですが、随所に簡易的なシャワーで放水されていました。

靖国神社の境内を散歩した動画もご覧ください

靖国神社は第一鳥居から入るととにかく拝殿前までの距離が長いので、途中で休憩所を利用して休みながらじっくりと歩いて参拝してくることをおすすめします。
また靖国神社は近くに北の丸公園もあります。
あわせて観光によっていみてはいかがでしょうか。

東京23区中心にある北の丸公園と科学技術館を観光

科学技術館

靖国神社の参拝後、近くにある北の丸公園を散歩することにしました。
公園内にはあの有名な日本武道館もあります。
その後、なんとなく入った数十年ぶりの科学技術館は車、電気、エコなどをテーマにした途轍もなく面白い展示品の多い体感型の博物館でした。(18/08/22)
記事を読む

 







スポンサーリンク

旅行・観光TOPへ
HOMEへ

4 Comments on “東京都・九段下の靖国神社に参拝に行きました”

  1. ランキングからきました。戦士された霊をやすめるための神社ですね。戦争はおこってほしくないですが、国を守るために戦った人を敬いたい気持ちはどこの国にもあると思います。

    1. よっぴーさん、コメントありがとうございます。

      私もそう思います。
      文化、政治的な見方だけで判断できないと思ってます。

      また遊びに来てください。

  2. はじめまして。
    荘厳な雰囲気ですね。
    慰霊の泉の成り立ちに、胸が締め付けられました。
    一度は行ってみたいと思いました。

    1. まー坊さん、コメントありがとうございます。

      兵士だけではなく戦争で多くの犠牲になった方達もいるんですよね。
      広大な敷地全体が聖域に感じました。
      東京にいらしたら是非、靖国神社に参拝に行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください