千葉旅行のおすすめ観光スポットその1~千葉県立房総のむら~

千葉県立房総のむらは歴史の体験型テーマパーク

今年のゴールデンウィーク(2018年4月29日)は車で千葉の房総のむらに行ってきました。

東京から高速道路で1時間半の距離ですが、連休中というのもあり、若干の渋滞に巻き込まれましたが2時間後くらいで到着できました。

千葉県立房総のむらとは

千葉県成田市房総のむら 房総のむらは千葉県成田市にある江戸時代や明治時代の町並みをを復元し、伝統技術や制作体験ができる体験型博物館となっています。
赤枠で囲まれた「ふるさとのわざ体験エリア」と青枠で囲まれた「風土記の丘エリア」に別れています。

房総のむら

入場料金

<個人>
一般:300円
高・大学生:150円

<団体>(20名以上)
一般:240円
高・大学生:120円

中学生以下:無料
65歳以上:無料(年齢を証明できるものが必要)
障害者手帳・療育手帳・精神障害者手帳を所持、及びその介護者1名:無料

※一部施設への入場は別料金が必要な場合があります。

ふるさとのわざ体験エリア

千葉県成田市房総のむら入り口すぐ近くに入って見える真っ白な洋館風の建物は千葉県議会議事堂を再現した建物です。
ロケ地としても多く利用され、最近では2018年1月に放送されたドラマ「賭ケグルイ」のシーンでも撮影されています。
残念ながら中は一部しか入れませんでした。

千葉県成田市房総のむらそしてここが「商家の町並み」と言われるメインストリートです。
飲食店や鍛冶屋などの商家が16棟並び、時代を忘れてしまいそうです。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら一軒一軒、当時の暮らしぶりがわかるよう再現されています。

千葉県成田市房総のむら他にはちょっとした資料館の建物もあります。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむらやはり多くの家族連れが目立ちました。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら辻広場にある大きなはしごは火の見櫓(やぐら)です。
時代劇などでも火事が起きた時にはしごの上から鐘を鳴らして知らせるシーンをよく見かけたと思います。

千葉県成田市房総のむらここは瀬戸物の制作をしていました。
房総のむらはこうした体験型のコーナーが何カ所かあり、伝統的な技術や暮らしに触れ合うことで歴史や文化を学ぶことを目指しています。

千葉県成田市房総のむら
千葉県成田市房総のむら裏側には中級武士の住居を再現した武家屋敷があります。
馴染みのない建物のせいか子供たちが非常に興味深そうでした。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむらこの甲冑も試着できるようです(子供サイズのみ?)。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむらトイレ2連発ですみません。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら

風土記の丘エリア

千葉県成田市房総のむら商家の町並み奥の川を渡って少し歩くと風土記の丘エリアに入ります。

千葉県成田市房総のむら町並みとは雰囲気がガラリと変わり、閑静で自然豊かな木々の中を歩けます。

千葉県成田市房総のむらとにかくこの辺りの緑は幻想的でとても美しかったです。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむらこのエリアの展示物は弥生や古墳など中心で時代がさらに古くなります。
これは竪穴式住居を復元したものです。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら中はなんか香ばしい匂いが漂っていました。

千葉県成田市房総のむら外からだとわかりませんが、気や竹などでガッチリ固めて思いのほか頑丈な造りです。

千葉県成田市房総のむら続いて奥の博物館を目指します。

千葉県成田市房総のむらこの辺りはつつじがきれいに咲いてました。

千葉県成田市房総のむら風土記の丘資料館へ着きました。
私は歴史資料館は大好きなので旅行などでも必ず入ります。

この風土記の丘資料館は原始・古代・中世の遺跡から出土した資料を展示しています。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら埴輪などがたくさん配置されてました。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむらちょっと撮りにくかったですが石棺です。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむら他にも多くの生活用品や武具などが展示されています。

千葉県成田市房総のむらナウマン象これはナウマン象の骨格模型です。私たちの知る一般的な象よりも脚が長い感じがします。
この巨体で走るのが早かったら恐ろしいですね。

千葉県成田市房総のむら資料館を出て房総のむら西部に向かいます。

千葉県成田市房総のむらこの辺りは115基の古墳群が残っていて遊歩道を歩きながら見ることができます。

千葉県成田市房総のむら

千葉県成田市房総のむらただ、いただいたパンフレットの地図をよく見ながら考えて歩きましょう。
私はそのまま外へ出てしまい、道路を歩いて駐車場にもどることになりました…。

でもそのおかげで道路沿いの竹藪を見ることができました。

休日に高い満足感を得ることができた房総のむら

私は両親と車で行ってきました。
園内は大きく二つのエリアに分かれて別々の顔を見せてくれます。
見応えのある江戸時代の建物などももちろんですが、この房総のむらは見て学ぶだけでなく、体験できることに重点を置いてるところが非常に素晴らしいと思いました。

正直、私は学生時代は歴史があまり好きではなく、大人になって旅行を多く経験することで、興味や関心が高まってきました。
房総のむらでは「歴史に触れ合う」といっても堅苦しいことは一切なく、子供たちが忍者の衣装を着て歩き回ったり、当時の生活用品を作ったりと色々と楽しんで経験できることばかりです。

園内はとても広く、全ての施設を観るのは大変ですが、ある程度目標を絞っていくだけでも十分楽しめる場所だと思うので千葉方面に行くなら房総のむらは絶対おすすめです!







スポンサーリンク

旅行・観光TOPへ
HOMEへ

8 Comments on “千葉旅行のおすすめ観光スポットその1~千葉県立房総のむら~”

    1. 池上秀志さん
      コメントありがとうございます。

      私も知らなかったのですが母から教えてもらい、ホームページを見て行きたいと思いました。
      地元から行きやすい場所だったしすぐゴールデンウィークだったのに一緒に行くことになりました。
      私自身知らない素敵な観光場所はまだまだたくさんあると思ってますので探し続けていきます!

  1. こんにちは。ランキングから来ました。素敵な房総半島の旅でしたね!すっかり行った気分になりました。ありがとうございます。

    1. みにーさん
      コメントありがとうございます。

      正直、期待以上に見所が豊富で自然も素敵な場所で満足できました。
      私の記事で少しでも良さが伝われば嬉しいです。
      機会があれば直接行ってみてくださいね。

  2. 初めまして!
    ランキングから参りました^^
    見どころ満載ですね!!
    すごく行ってみたいと思いました。
    またお邪魔させて下さい(#^^#)
    ありがとうございました!

    1. ゆりまんさん
      コメントありがとうございます。

      房総のむらは見る以外にも体験できる場所が多いので
      ご自身のペースで半日から一日中遊べるのでおすすめです。

      是非、またこちらにお気軽にいらっしゃってください。
      今後もどんどん楽しめる観光地をご紹介させていただきます!

  3. はじめまして。としこです。
    素敵な情報ありがとうございました!GWでも激混みという程ではなさそうですね!
    房総は一度行きましたが、また行きたくなりました!
    応援して帰りますね!
    また遊びにきます♡

    1. としこさん
      コメントありがとうございます。

      この日はゴールデンウィーク二日目でしたがそこまでの道路も渋滞ではありませんでした。
      園内は午前中とはいえそれなりに人はいましたが、敷地そのものが大変広く、散策するのに困難なほどの混雑でもなかったのが幸いして
      自由に見ることができました。
      今後も楽しんでご覧いただけるよう、頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です