兵庫旅行のおすすめ観光スポットその3~生野銀山と姫路城~

今回は昨年、2017年3月ごろに行った2度目の兵庫旅行の写真を掲載いたします。

前回の2004年は姫路城が工事中の為、入れなかった為、13年越しの思いを乗せて訪れました。
初日の天気が良かったので、確実にその日に姫路城に行くことを決めました。

まずは行ってみたかった生野銀山へ

姫路駅
新幹線を降りて姫路駅に到着。月日の流れか、あまり覚えてませんでした。

姫路城への道 姫路城が遠くに見えます。ただ経路の都合上、最初は別の観光地を予定してました。

兵庫在来線
姫路から在来線に乗ること約1時間。

兵庫在来線

兵庫県生野駅 生野駅に到着!

生野銀山へバス
ここからさらにバスに乗って…。

生野銀山
生野銀山に着きました!
生野銀山は佐渡金山、石見銀山と並んで天領として徳川幕府の財政を支えてきました。
後に三菱の経営で稼働し、採掘した鉱石は70種類にも及ぶと言われています。

生野銀山
坑道内は全長約1000m、所要時間は40分ほどです。
3月で暖かくなり始めたころでしたが、中はひんやりと寒いです。

生野銀山
ちょっとした探検気分です。

生野銀山
鉱石を採ったり輸送したり作業してる様子の人形がところどころに配置されてます。

生野銀山

生野銀山
いつまでも中を歩いていたいです。

生野銀山

生野銀山
捲揚室・ケージ(エレベーター)です。
この辺りが最奥の中間地点でグルっと一周する形になります。

生野銀山
とにかくどの人形もリアルに作り込まれてます!

生野銀山
江戸時代の坑内作業現場です。

兵庫旅行にまた行くと決めた時、姫路城の他に前回行ってない場所を調べてたら生野銀山を知り、絶対行ってみようと思いました。
前回は購入したガイドブックに載ってなかったので見逃してました…。
そういう意味でも二度目に来た意義はあります。

中は少し寒いですが坑道の作りや模型人形による作業の様子など圧倒され大変見応えがあります。
銀山の坑道に入れる機会なんてなかなかないので、兵庫に旅行に来たら是非、行ってみてください!

生野銀山

ついに、姫路城へ!

在来線ホーム 生野銀山に別れを告げ、

姫路市内
再び、姫路駅に戻ってきました。今度こそ向かいます。

兵庫県姫路城 ようやく、姫路城に着きました!

兵庫県姫路城 まさに威風堂々です。

兵庫県姫路城

兵庫県姫路城

兵庫県姫路城

兵庫県姫路城 石垣も綿密に上手に積み上げられてますね…。

兵庫県姫路城 一番お気に入りの姫路城の写真です。どこから見ても絵になるので色々な場所から撮ってしまいました。

兵庫県姫路城 いよいよ中に入ります。

兵庫県姫路城

兵庫県姫路城 階段は結構、急です。

兵庫県姫路城 まだ天守閣まで行ってない高さですが、敷地をよく見渡せます。

兵庫県姫路城

兵庫県姫路城 人が多いので写真のタイミングもなかなか苦労しました。

兵庫県姫路城

兵庫県姫路城


梁も立派ですね。頑丈な作りが伝わってきます。

兵庫県姫路城 そしてようやく…。

兵庫県姫路城天守閣
天守閣に着きました。辺り一面から日の光が差し込みます。

兵庫県姫路城天守閣
やはり天守閣からはより遠くまで見渡せますね。

兵庫県姫路城しゃちほこ
シャチホコもよく見えます。

兵庫県姫路城天守閣

兵庫県姫路城内
帰りに階段を降りる時でもまた新しい一面も見れます。

兵庫県姫路城内

兵庫県姫路城

兵庫県姫路城 ここからは全体が見れました。

兵庫県姫路城 よく見ると石垣の自然な色彩が天然の模様を描いてるようですね。

兵庫県姫路城お菊の井戸
「一ま~い、二ま~い…。」の怪談話で有名なお菊の井戸です。お菊は濡れ衣を着せられ、井戸に捨てられたそうです。

兵庫県姫路城お菊の井戸
中は暗くてそこが見えません。結構深そうですね…。

兵庫県姫路城 城の周りは庭園のような場所もあります。

兵庫県姫路城

兵庫県姫路城

兵庫県姫路城 しっかりと姫路城を目に焼き付けておきました。

兵庫県姫路城 じっくりと時間をかけて歩き回った姫路城の観光を終わります。

瀬戸大橋
宿泊地のある神戸方面に向かいます。列車から明石海峡大橋が見えました。

元町駅
前回よく歩いた元町南京町を再び訪れ…。

神戸ポートタワーホテル
宿泊するホテルに着きました!
(……!)この旅行記事書いてて気づきました。
名前が変わったのでわからなかったですが13年前泊まったのとまったく同じホテルでした!!その1参照)。
決して狙ったわけではありません。私の思考や行動パターンはそうそう変わらないものですね(苦笑)。


まあ南京町をもう一度歩きたかったし、「あの人」に会いたかったのもあるから、同じホテルだったのもありえたといえばありえたのかもしれません。

元町南京町
お久しぶりです!!!13年前と違って帽子被って体が金色になってパワーアップしてました。

中華料理
これまた同様に夕食は中華料理にしました。

中華料理
一品一品ボリュームがあっていっぱいでしたけどすごく美味しかったです。

念願だった姫路城の観光を無事すませ、長年のモヤモヤが解消された気がしました。
生野銀山といい、前回見落としていて行ってない観光地はまだあります。

次回は兵庫旅行のラストです。

兵庫旅行のおすすめ観光スポットその4~五色塚古墳と布引ハーブ園~へ⇒
兵庫旅行のおすすめ観光スポットその2~六甲山牧場と有馬温泉~







スポンサーリンク

旅行・観光TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です