ファイナルファンタジー(FC版、PS版)

1987年12月18日発売(スクウェア)

ファイナルファンタジーⅠ
ファイナルファンタジー

ドラクエに匹敵する可能性は一作目から備えてた

知ってほしい当時の時代背景

ファイナルファンタジーシリーズとドラゴンクエストシリーズを発売しているスクウェア・エニックスは2003年4月以前はFFのスクウェアとドラクエのエニックスとして別々の会社でした。

ドラゴンクエストが発売された時、世間にRPGの面白さを浸透させ、様々な面でパワーアップしたドラクエⅡでドラクエシリーズの地盤はすでにできあがってました。
そして1988年2月10日にすでに大注目のドラクエⅢの発売が決まってた約三か月前に発売されたのがこの「ファイナルファンタジー」の一作目です。
今にして思えばすごい挑戦的な感じもしますね。

ゲーム雑誌の広告では幻想的なイメージイラストで描かれ、ドラクエシリーズとまた違った形のRPGが出るんだ、くらいの感じでしたが、あ、DOGのスクウェアか一!と思い出しました。
スクウェアは1986年、87年にかけてファミリーコンピュータのディスクシステムにオリジナルブランド「DOG」としてゲームを立て続けに発売していました。(正確にはすべてがスクウェアというわけではありませんが。)

「水晶の龍」「クレオパトラの魔宝」「ディープダンジョン」などどのゲームも憧れてたパソコンゲームに近いグラフィックで確立された世界観を持っててディスクシステムのゲーム会社は任天堂はもちろんですが、次に盛り上げてたのは間違いなくDOGです。

DOGのゲームが好きだった私はこの新規参戦したRPGのファイナルファンタジーはそれだけ非常に期待が高まったものです。
DOGのゲームをプレイしてなければ当たりかはずれかわからないファイナルファンタジーをわざわざ発売日に買おうとは思いませんでしたし、その実績がわかってたのか意外に多くのクラスメイトも発売日に買ってました。

先制攻撃!?

ファイナルファンタジーは、もう一度書きますがドラクエⅢが発売される約三か月前に発売しました。
ドラクエはⅢになって初めて様々な職業から好きな職業を選んで冒険に出れ、後に転職もできます。
さらに不死鳥ラーミアに乗ることでモンスターとのバトルを避け、大空を飛びながら世界各地を移動できるのです。
面倒なふっかつの呪文を廃止し、バッテリーバックアップによるROMカセットへのセーブデータの保存ができるようになりました。

一方のファイナルファンタジーは6つのジョブの中から4人分それぞれ好きなジョブを選択でき、後にクラスチェンジで上級職へとパワーアップできます。
さらに船は2倍速、飛空艇は4倍速のノンエンカウントで高速移動でき、バッテリーバックアップのセーブも対応しています。
ディスクシステムはセーブができますが、それまでファミコンのゲームでパスワードではなくバッテリバックアップのゲームはあまり記憶にありません。
つまりドラクエⅢのいくつかの新要素に近い形で発売前に先に適用していたのです。

ストーリー

土・火・水・風の4つの力がおさえらえ、世界が暗黒に包まれたなか、四人の若者がコーネリアの地に辿り着く。
クリスタルを持つ彼らは光を取り戻すための冒険にでることととなり、まずはコーネリアの王女をさらったガーランドの住む城に救出に向かうことになる。

キャラクター

ジョブは戦士、モンク、シーフ、赤魔導士、白魔導士、黒魔導士がいてキャラメイクを4人作る時に、どのジョブを選択するかが非常に面白いところです。(ディシディアファイナルファンタジーのウォーリアーオブライトて…?)
4人とも同じジョブにすること(戦士・戦士・戦士・戦士)という構成も可能で、周りの友達と比べると色々な組み合わせがあってそのプレイヤーによってゲームの違った展開も楽しめそうです。
私は戦士と白魔術師、黒魔術師とあとはよくわからなかったモンクです。

モンクて何?くらいの感覚で入れたのですがヌンチャクくらいしか装備できずミスの連発で時には白魔術師よりも与えるダメージが低く、(使えねえなーこいつ)と大変なお荷物を抱えたと思ってたのですが、後に大変貌を遂げることになるのです。(詳細は下記総評で)

色々型破りなRPG

それまではRPGというとドラクエシリーズしかろくにプレイしてなかった為、あえてドラクエを「標準的なRPG」とするとファイナルファンタジーは型を破った驚き仕様の連続でした。

・ゲーム序盤でもうボス?
・タイトル画面なし?と思いきや最初のガーランドまでがプロローグ扱いでその後にタイトル表示
・わりと序盤で船に乗れる
・「にげる」コマンドが1ターンで4人分実行でき、1人でも成功すれば逃げられる
・攻撃のミスがやたら多い
・魔法を買う
・戦闘時は武器ごとにグラフィックが変わる
・魔法のエフェクトもそれぞれ違う
・敵が最大9匹同時に現れる
・デカいボスの迫力と恐怖感
・流れを無視して急に強い敵が出てくる

舞台は草原や砂漠から火山、海底神殿、宇宙、さらに過去にタイムトリップしたり非常に様々な場所を冒険することができます。
ガーランドから始まり、船を手にする為に海賊と戦ったり、序盤からイベント戦闘が多く、土、火、水、風のカオスという強敵もいて退屈しないゲーム展開となってます。
皮肉ではなく「ファイナルファンタジー」と名の通り、一作目にして最後のファンタジー色の非常に強い私好みの作品でした。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★

総評<ややネタバレあり>

今ではドラクエに匹敵するメガヒットシリーズのファイナルファンタジーは一作目にしてその可能性は要所要所にありました。
一週目とは違うパーティー構成で二週目を楽しめるのいいですね。

ただ、やはりドラクエと比べてしまうとストーリー、グラフィック、音楽は決して負けてませんが戦闘がらみはちょっと粗い感じがしました。
洞窟などではエンカウント率が高く、戦闘中はミスがちょっと多すぎです。

そして急に強い敵が出てきたと思ったら、その敵は場所固定で絶対逃げられず数もランダム、他にもなぜか一発くらって殺されたり…。(ピスコディーモンにマインドフレア、お前らのことだよ!)
町の人がそういった警告をするくらいのコメントがあってもよかった気がします。
結局戦闘がらみはファイナルファンタジーⅢまで、すべて何かしら不満点がありました。

ファイナルファンタジー ピスコディーモン
後半は雑魚敵の全体攻撃で壊滅的なダメージを食らうこともあります。
ポーションは99個まで持てるとはいえ、回復力は弱いしまとめ買いができない為、1個1個買わなければなりません。
パーティーに白魔術師、せめて赤魔術師が一人もいないとかなり厳しい冒険になります。
救済措置か、後半「いやしのつえ」という無限に全体回復できるアイテムが手に入りますが回復力は弱いです。

粗いとは別の話ですが、ラスボスがケアルガ(完全回復)を使います。
ドラクエⅡでもハーゴンやシドーがベホマを使いましたが、短期決戦のつもりでガンガン攻めて運が良くベホマを使われても勝てましたが、なにしろファイナルファンタジーのラスボスはそれなりにHPが多く、追い込んだつもりでもケアルガ使われるとやがてMP不足に陥り、かなり戦況が悪化します。
こちらの方が運の要素が強いですね。

最後に残念だったのはセーブ箇所が一つだけ、ということ。
新しくゲームを始めるにはラスボス倒した最強データでもためらわずに消すしかありません。

※PS版ではセーブ箇所が増えたりアイテムのまとめ買いが出来たり、メリットばかりでFC版に比べてデメリットはとくにありません

ちなみに序盤はミスが多くてまったく、全然、本当に役に立たなかったモンクというジョブですが、クレセントレイクの町あたりでレベル上げしてた頃、なぜかヌンチャクをはずして素手になると攻撃力と命中率が増え、急に敵に与えるダメージが増えたばかりか、まったくミスをしなくなりました。
クラスチェンジして「スーパーモンク(マスターモンク)」になったころは、12回ヒットとかクリティカルヒットを連発し、戦士を上回る怪物的な強さを発揮してくれます。
これは最初から素手では攻撃力がヌンチャクなどの武器装備よりも弱いため、レベルが上がるにつれて素手とヌンチャクなどの攻撃力の差が縮まってきて、最終的に素手の方が強くなる仕様なのではないかと思われます。(詳しく調べてません。)

周りではシーフが多くモンクを使ってる人があまりいなかったため、友達に見せると「すげ~」とか言われました。
ありがとう、モンク。
文句ばっか言ってごめんね。







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です