ブランディッシュ(PC98版)

1990年発売(日本ファルコム)

ブランディッシュ

マウスで操作するアクションゲーム!?

ブランディッシュは真上からの見下ろし型ダンジョン探索アクションゲームです。
自分が歩いた道筋がオートマッピングで表示される仕様になっています。

PC98でアクションゲームというとブランディッシュを出してる発売元の日本ファルコムは有名ですが、他社のメーカーではあまり見かけませんでした。
パソコンのアクションゲームといってもゲーム機のコントローラーのようなものは基本なく、多くはテンキーでプレイヤーを動かすことになりますが、私はこのテンキー操作は大好きです。
ただこのブランディッシュの操作は、それまでイースなどのファルコムゲームと違い、なんとマウスでプレイヤーの移動や攻撃ができます
現在ではそういったゲームは探せばあるかもしれませんが、PC98現役当時は非常に珍しいことでした。

(え?)と思う方もいるかもしれませんが、具体的に説明させていただきます。
カーソルをプレイヤーキャラの近くに持ってきてプレイヤーの前方をクリックしたままにすると前に進み、右側をクリックするとプレイヤーが右を向くのではなく、画面全体が右に90度回転します。
右斜め後ろをクリックしたままにすると前を向いたまま右にカニ歩きします。
つまり、常にプレイヤーは画面上を向いたままということです。
ちなみに画面右下のカーソルクリックでの移動も可能です。

ブランディッシュ

攻撃方法は敵に近づくとカーソルが剣のマークに変わり、前方の敵をクリックするだけ、と至ってシンプル。
敵が攻撃してきたとき、盾を装備していれば何もせずに勝手にガードしてくれます。
当然、敵もガードをするので、マウスをクリックするタイミングで戦闘の展開が有利になるか否か変わってきます。

始めた当初はその特殊な操作性になかなか慣れなかったのですが、決して嫌いというものではなく、むしろ慣れてくるとその操作性の良さ、面白さがわかってくるようになります。
その分、後半のボス戦などはそれなりの手先のテクニックを要求されます。



さらに武器は消耗品で攻撃できる回数が決まっています。
その為、弱い敵に対して強い武器で攻撃すると、後々ボス戦などで不足して困ることになるので通常移動は余ってる弱い武器にしたり、無駄な戦闘を避けるなど他のアクションゲームにない戦略も必要になります。

魔法で飛び道具も使えますが、MPを消費します。
基本的にダンジョンのどこでも寝ることができ、寝てる間はHPとMPが回復していきますがその無防備な状態で敵に攻撃されて目が覚めたり、最悪死んでしまうこともあるので気が抜けません。

舞台となるダンジョンは複雑でマップを頼りに進みますが、鍵がかかってて通れない場所もあり、別の道やフロアにいって鍵を見つけたり、ボスを倒して手に入れることで進めるようになります。

今ならPC98でゲームする環境を整えるのは困難でしょうがこのゲームは2009年に「ブランディッシュ 〜ダークレヴナント〜」というタイトル名でPSP(プレイステーションポータブル)にリメイクされています。
こちらも所持していますが、オリジナルの要素を残しつつ、本編終了後に登場キャラのドーラの操作が可能となり、新たなストーリーを楽しむことができます。
もちろんマウスでの操作はできませんが、面白そうと感じたならプレイしてみてはいかがでしょうか。

項目 評価(5点満点)
システム ★★★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★
音楽 ★★★★
難易度のバランス ★★★

総評

98版のマウスでの操作はゲームを進めていけば自然に慣れてきます。
むしろ後半は敵の攻撃を横移動でかわすことが必須操作となります。

渋めのグラフィックは当時、PC98の制限で同時16色しか表現できなかったのですがそれを感じさせないファルコムの技術で丁寧にリアルに描かれてました。さすがPCゲームの老舗です。
先の見えないダンジョン探索を盛り上げるBGMも神秘的な曲や盛り上がる曲など多彩です。

システム面はアクションゲームをパソコンで遊ぶための様々な試みがマンネリ防止となり、新しいゲーム性を生み出したという意味で高く評価させていただきます。
未踏の地を塗りつぶしてマップを埋めていく感覚も楽しく、テンポよく進み、よくできたゲームだと思います。







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です