寝台列車「銀河」で味わった深みのあるロマン

寝台列車銀河での旅行を計画する

私は西村京太郎の推理小説の大ファンであり、十津川警部と亀井刑事のコンビが活躍するトラベルミステリーが特に好きです。
主に電車内で殺された被害者をどのように乗り継いで殺したか探る為、犯人の足取りを辿り、アリバイを崩すところが終盤に展開されることが多いです。

私自身は別に電車は好きでも嫌いでもなく、ただ通勤で乗るのが億劫ぐらいにしか思ってませんでした。
だだ2003年頃、今思い出しても嫌な思い出しかない仕事をしてて毎日ストレスたまってた時、交代で連休をとれた時に、「気分転換に今まで体験したことのないことをしたい」という気持ちになり、西村京太郎の小説でよくでてきたブルートレイン、寝台特急に乗って旅行をしてみたいと考えるようになりました。

夜の列車の旅

初めて寝台に乗っていく目的地は京都に決めていました。
京都へは新幹線でいけば東京から約2時間半ですが、夜の10時ごろに東京駅から出発し、寝台列車銀河で1泊して早朝に京都に着きます。
そこで一日中京都観光をして、その日の夜に京都駅から同様に銀河に乗って東京に着くスケージュールです。
わざわざ京都まで行って一泊もせず日帰り(?)で帰ってくるなんて今にして思えばなんとも無茶なスケジュールでした…。


憧れの寝台特急「銀河」に乗車!

寝台列車「銀河」は東京から大阪まで東海道本線を運行してましたが、車両の老朽化や利用者数の減少により、2008年3月に廃止となりました。

帰宅以外で夜に電車に乗って出かけるなんてそれまで経験なかったので東京駅に向かう間もずっとワクワクしてました。
そして東京駅に着き、ついに肉眼で寝台特急銀河の勇士を直にその目で見ることができました。

寝台特急銀河
ドンドン迫ってくる迫力ある眩しいブルーの車体に釘付けになってました。
寝台特急銀河
銀河が停車したらすぐには乗車せず今度は後ろから一枚。

そしていざ、車内へ!
中に入った時はまず独特の深い苦みのある匂いが漂ってきました。
そして今でも覚えてる(タタタタタタタタタタタタタ~ン♪)と優しいメロディーが流れてきました。
車内アナウンスで停車駅を説明です。

出発しました。
心躍る感じ、とはこのことですね!
そして自分の座席へ。

寝台特急銀河個室
座席兼、寝台スペースです。(この写真のみウィキペディアより)

まあわかっていましたけど寝るスペースとしては狭いです。
身長173㎝で細身の私でもちょっとギリギリで窮屈に感じました。
私より体が大きい人は足すらもまともに伸ばせないかもしれません。

ちなみにふとんはうすっぺらい固めの”せんべい”布団が一枚です。
ただ季節は冬でしたが車内は暖房が利いていたので寒さはそれほど感じませんでした。

寝台特急銀河の座席では

布団の準備までは先に済ませましたがすぐに横になることはありませんでした。
あまり注意して乗車券を買ってなかったですが、進行方向に向いてる座席で安心しました。
せっかくの寝台列車の旅なのにずっと長時間後ろ向きに進むと台無しだったので…。

座席に寄りかかりながらCDウォークマンを聞きながらずっと窓の景色を見てました。
夜中だったので当然、ほぼ真っ暗なのですが、私は夜の景色て大好きなんですよね。
地方の町のネオン、列を作って進む車のライト、人の全くいない駅のホーム、港や工業地帯のランプ、ラブホテルの看板。。
夜だからこそ見れない景色はたくさんあると思います。
見たことのない風景、味わったことのない雰囲気で好きな音楽を聴きながらずっとそのロマンチックな夢の空間を堪能できました。今でもその時聞いてた曲を聞くと当時のことを思い出します。

本当に、私は全く飽きませんでした。
たまにタバコ吸いに通路に出て、逆側の景色を見ながら煙を出したりして。

寝台列車銀河の通路です。

銀河鉄道999の車内の静かで寂しい雰囲気てすごく好きだったんですよね。
人の気配がまるでない広い列車の中でガタンゴトンと列車のただただ進む音だけが聞こえる感じが。

銀河は実際はほとんどの人が寝ているだけですが。
私は貧乏性のせいか、あまり味わえないこの雰囲気を少しでも長く味わいたかったので2時くらいまでは寝ませんでした。

ちなみに窓の近くに灰皿があるのが見えると思います。
電車でタバコ吸いながら夜の景色を見れるなんて最高ですね。いい時代でした。
煙もいつまでも充満してないので換気扇のようなものでも設備されてたのでしょうか。

寝台列車で寝れないとわかった自分

飽きることのない寝台列車の雰囲気に浸り続けて気が付けばもう2時。
朝の6時前に京都に着くのでさすがにそろそろ寝ようと思ったのですが、初めて乗った寝台列車に興奮してたのか普段から眠りが浅く、環境の変化に弱いせいか、全く眠くならない
しかも列車の音もうるさく、横になってるから余計に車体の激しい揺れを感じてしまう

(・・・いやいやいやいや!これ、寝るの無理だろ!!)
どうあがいても眠れず、全く眠気が来ないので何度もタバコ吸いに通路に行きました。
※他の人は全くそんな気配なかったので寝れなかった私は少数派だと思います

寝台列車の朝
座席は、感謝の気持ちを込めて綺麗に整理しました。

そしていつの間にか寝てしまったらしいですが自然に目が覚めました。
周りが明るく、もう朝です。
でも2時間くらいしか寝てないかもしれません。
これから京都を歩き回るというのに…。

その後、予定通り一日で京都観光という強行スケジュールを終え、東京に帰るため再び銀河へ。
元々も寝不足と旅行の疲れからか帰りは横になって2時間も経たずに眠れました。

自分が寝台列車で寝れない人間だったとは考えもしなかったですが、寝台列車の独特の雰囲気は最高です!
残念ながら銀河の運行はすでに廃止されましたが、私は銀河で行ける地域への旅行へは何度か利用しました。
それだけ何度も味わいたくなる、すべてが現実を忘れさせてくれる最高の素敵な時間だったのです。







スポンサーリンク

旅行・観光TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です