サガフロンティア(PS)

1997年7月11日発売(スクウェア)

サガフロンティア

独自性が強いからこそのお気に入りのRPG

スーパーファミコン時代から人気のサガシリーズを発売してたスクウェアが機種をPlayStationにプラットホームを移してからのシリーズ第一弾となります。

主人公キャラは7人いてヒューマン、モンスター、メカ、妖魔などタイプの違うキャラから選択でき、それぞれ異なったストーリー展開を楽しめ、ラスボスもエンディングも同様にそれぞれ個別に用意されています。

舞台はリージョンと言われる宇宙空間の惑星に近い概念で、リージョン移動を繰り返して物語を進めていきます。
上海のようなネオン街や基地、工場、古代遺跡など統一性こそありませんが、それだけ視覚的にも様々な世界での冒険を楽しむことができます。

ネットビジネスで生活する道 ゲーム批評 サガフロンティア

ゲームはRPGで戦闘には最大5人まで参加でき、計15人まで仲間を加えることができます。
個性豊かなキャラが多く登場し、選択した主人公によって仲間になったり別の話では敵として現れたりします。
他のシナリオの主人公もパーティーに加わることもあるのがこのゲーム独特の面白さの一つです。
個人的に一番使い勝手が良くておすすめのキャラはアニーです。

シリーズ同様、戦闘回数に応じて強いランクの敵が出現するようになっています。
また連携技の爽快さは健在です。
この連携も作りやすい技などを覚えて組み合わせて狙って発動させていくのも楽しいですね。
条件を満たせば最強の一人連携技「DSC」が使えます。

各シナリオはほぼ10時間以内でクリアできるし、戦闘のシステムの関係上、一生懸命レベル上げする必要もありません。やりすぎると敵も強くなるので…。

私は各キャラ4回ずつくらいクリアーするほどお気に入りのゲームの一つです。
ノリのいいBGMで色彩鮮やかな多種多様な世界を冒険し、好きなキャラを集めてパーティを組めるRPGを、是非、プレイしてみてください。
発売時期は神ゲーのファイナルファンタジータクティクスの直後だったんですね。

 

項目 評価(5点満点)
システム ★★★
熱中性 ★★★★
キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★★★
難易度のバランス ★★★

総評

このゲームはキャラの成長のさせ方も独特でシステム、ストーリー進行なども含め、今流行りの言葉でいうなら「クセがすごい」です。
キャラの見た目の可愛さにそぐわず、難易度もやや難しい部類に入ります。
その為、RPGとして好きな人、嫌いな人は結構別れそうな気がします。

まず、好きなパーティーで組めるのは間違いないですが、魔術などの「資質」を持ってるキャラと持ってないキャラでは育てる手間が全く変わってきますし、全体回復などでメルサティムは必要ですし、使えるキャラというのも限られてくるかもしれません。
もちろん、ある程度自分の好きなように育てることは可能です。

音楽は文句なしに★5つです。
何しろ当時のCMの曲の一部を聞いただけで購入を決めたほどです。
とにかく全体的に良質な曲が多く、メタルアルカイザー戦の曲はファンの間でも高い評価を得ています。
T260G編のラストダンジョンやラスボスなどのテクノ調の曲もカッコ良くて私は好きです。

プレイしていてちょっとしんどく感じるのは戦闘がシンボルエンカウントからなのですが、ドラクエ11みたいに広い場所で簡単に回避できるところはあまりなく、狭い場所で数匹ウロチョロしてて回避不能なところが多いです。

このゲームはわりと慣れるのに時間が必要かもしれません。
ただコツをつかめば、使えるキャラだけを集め、強い武器を取りに行き、連携しやすい技を組み合わせ、低レベルでラスボスを倒して短時間でのクリアーも可能です。

あと、ブルー編の最後の終わり方は個人的に見たこともない斬新な演出でした。







スポンサーリンク

ゲーム批評TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です