オークションで稼ぐ方法

オークションをうまく活用して稼いでる人はいます

ネットビジネスで稼ぐ方法といってもオークションは、今では入手困難な商品を探したり、自分の不要な物を処分する際に試しに売ってみるという感じで、日常の生活に密着しています。
ある商品を購入検討されてる方も、もしかしたらネットショップで買うより、オークションで落札した方が安く手に入るかもしれない、と考える方もいると思います。

オークションでは数十年前の未使用のプラモデルであったり、限定品の玩具など希少価値のある多くの商品があり、その保存状態の良さなども感心してしまいます。

一方でせどりや転売などで本格的にビジネスとして利用されてる方がいるのも事実です。
例えばコミックマーケットなどの同人誌即売会で購入した商品を転売する、というのも聞いたことがあるのではいなでしょうか?
地方在住で関東のビックイベントに参加したくてもなかなか交通費や時間を確保できず参加できない方は、会場の限定グッズなど、ほしい商品がオークションにあれば、多少無理しても買っちゃいますよね?
昔からそうした転売目的が世間的に少なからずいい印象を与えないものの、一方でそれらの出品を心待ちにして購入する人がいる、喜ぶ人がいるから成立してるシステムなのですね。
稼ぐために色々考えて、行動に移すのは本当に大変だと思います。
もちろん、好きでやってると思いますし、知識がある分野だからある程度の利益も確信できてるからだと思います。

流行を先取りしたり、これから売れそうな商品を予想して売るので、当たれば大きいですが、最悪、売れ残れば在庫が残るのでリスクはそれなりにあります。
そのあたりの知識や経験がある方がオークション一本でやっていけてると思われます。

オークションサイトの代表格はやはりヤフオク!です。
出品をご利用される場合はまずYahoo! JAPAN ID の登録Yahoo!プレミアム会員の登録が必要となります。
(2017年11月現在、プレミアム会員への登録は月額498円(税込)です。)


出品だけでなく、前後に多くの作業が発生する

最初のうちはご自宅の不用品などを売るところから始めて、オークションでの流れをよくつかんでおくことが重要です。
ただ売って終わるのではなく、送料の有無、梱包、配送手続きなど自分で決めて購入者とのやり取りも含め、多くの作業が発生することがわかります。

出品するために、商品の写真を撮るのはほぼ当たり前の事で、万一のトラブルも考え、傷や汚れ、動作のことなどもあらかじめ伝えた上で紹介ページを作る必要があります。
怪しい雰囲気だったら閲覧しても入札までしてくれません。
他にも送料は自己負担するか、落札者に出させるか。
サービスとして自分で負担するのは落札者にはありがたいですが、落札額によっては大した儲けにならないかもしれません。そこが懸念点でもあります。
そうした場合には、商品の重量、配送距離などを極力安く配送してくれる業者を自分で探さなくてはなりません。
もちろん、落札者、検討者にもサイト内のメールなどで誠意ある対応を心がける必要があります。
全て自分が購入検討者の気持ちになって考えればわかると思います。
出品者が信用できる人か、商品として問題ないか、金額や納期がきちんと把握できる内容か、など。不安にさせることが一つでもあれば検討しなおす必要があります。



ネットビジネスで稼ぐ方法の種類TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です