グーグルアドセンスの審査に合格するには?

グーグルアドセンスの審査に合格しました

ついに私の「ネットビジネスで生活する道」がグーグルのアドセンスの審査に通ることができました!
ネットビジネスで生活する道 グーグルアドセンスの審査に合格

3回目だったので嬉しくて興奮しています。

そこで今回はそれまでの経緯と対処に基づいた考察をしていきたいと思います。

グーグルアドセンス対策は概ねあってました

本サイトで過去にGoogle AdSense(グーグルアドセンス)の審査について考える~その1~で一般的にネットで流れている審査時の注意点などをピックアップし、Google AdSense(グーグルアドセンス)の審査について考える~その2~で対策を立て、審査に出す形を決めました。

1回目
記事数15くらい。
審査に出した後、全く音沙汰なし。
応募者が多かったり基準が厳しくなったというのもあり長引いてるのかな?と思うも
約2週間後、「承認できない」の通知が届く。

2回目
1回目の何が悪かったかを考える間もなく、とくに直さず誤送信してしまう。
約10日後、当然のことながら「承認できない」の通知が届く。そりゃそうですわ。

3回目
2週間くらいかけ、サイト内を見直し、大幅に編集。
2日後に審査通過の通知をいただく。

時間をかけて作り直す

では落ちた1回目から合格した3回目の間にどのようにサイトを変更したかを具体的に書きます。

記事数を15から30に増やす

メニュー(カテゴリー)の内容によっては1、2記事しかないのもあり、不十分な内容の印象を受けるメニューを中心に追加していきました。
1回目の時は「ゲーム批評」は記事が増えると「ネットビジネスで生活する道」というサイト本来の主軸がぶれると思ったので「ゲームが好きで、多く所持してます。」の1記事のみで追加するのは様子見だったのですが、メニューにありながら内容が乏しいのもいいとも思えず、3回目の時は立て続けに本来あるべきゲーム批評の記事をいくつか追加しました。
実際はゲーム批評がダメということはなく、むしろカテゴリーの中が不足してたのが問題だったのかもしれません。

プライバシーポリシーとお問い合わせフォームを追加

1回目の時は気持ちが先走って入れてなかったです。
サイトのあるべき指針として、規約として必須です。
プライバシーポリシーの内容はネットを参考にしつつ自分の言葉で直しました。
コピペそのままは止めておきましょう。
一部のサイトで見かけた「本サイトはグーグルアドセンスの広告を使用している」という記述が審査時に必要かどうか悩みましたが、1回目は入れても落ち、3回目は削除しても受かったので関係なさそうです。

トップページを中心に大幅に編集

グーグルアドセンスの審査に出す際、とにかく1回目の時は今にして思えば記事を15個書いてそのまま出した、というくらいでサイトとしてはほぼ未完成の状態でした。
本サイトでCSSで本格的にデザインを始めたのは、2回目が落ちた後なのでかなり遅かったです。
見出しも全く使ってなかったというとんだドジでやればやるほど(そりゃ落ちるわけだ)と思いました。
後は記事ページも同様にデザインしなおし、導線の貼り方も考えました。

アフィリエイトの広告

ベタベタはらず1,2個くらいに抑えておきました。

とくに狙ったわけではないですが

審査に出したのは28日の夜、29日に以下の記事を追加しました。

Google chromeのデベロッパーツールはCSSの編集に最適

決してGoogleに媚びているわけではなく、本当に便利だと思ったので記事として紹介させていだきました。さらにサイドバーに「おすすめ注目記事」を設け、その中にもリンクを追加。
そして本日、30日に合格をいただきました。
受かる時は早い、とは聞いてましたがこの記事を投稿した次の日に合格というのが関係あるのか偶然なのか定かではありません…。

正直、今回落ちたら記事を増やすかゲーム批評を削除するか他に何を直したらいいかわからず、途方に暮れて審査からしばらく遠ざかっていたかもしれません。
逆に完全に1回目の時より自信があったのは確かです。

以上が私のグーグルアドセンスの審査に対する考察です。
審査に落ちてもそれを無駄とせず、何がダメだったか自分なりにサイト全体を見直していけば必ず突破口は見えていきますので、何度か落ちてる方やグーグルアドセンスをこれから始めたいと思ってる方も諦めずに頑張ってください。







スポンサーリンク

考察TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です