ドロップシッピングで稼ぐ方法

ネットビジネスでリアルな商売に一番近いと感じるドロップシッピング

ネットショップを立ち上げるとなると自分が仕入れたり作成したりした商品を売るのが一般的ですが、受注から配送手配、お客様とのやりとりなど全て自分の手でやらなければいけないので多くの作業が発生すると思われます。

その点、ドロップシッピングはサービスを提供しているサイトで場所を借りてページを作り、商品を「売るだけ」です。
上記にあるそれ以外のお客様に商品を渡すまでの一連の処理は提供してるサイト、商品の卸元や製造元が処理してくれます。
在庫がなども気にすることはありません。
つまり自分は売ることだけに集中すればいいのです。

これはすごく便利ですね。
ただドロップシッピングのサービスを利用することにより、当然売り上げからもろもろの作業料、手数料を支払う形になります。
利益としてはだいたい売り上げの10%くらいと言われてます。
それを安いと思うか、手間を考えると妥当なところかでやる人とやらない人の受け取り方次第となります。
ただ稼いでる人は月収100万以上もいます。

私は数あるネットビジネスの種類の中でこのドロップシッピングは早い段階で注目はしてました。
私の近所でも店を出しては数か月後に閉め、また別の人が同じ場所に店を出しては閉め、を繰り返しててなかなかお店を定着するのは難しいんだな、と開業する際の資金面も考えてもかなりのリスキーに感じていました。
(飲食店なら実店舗でしかできないのもありますが…)
ドロップシッピングは自分が代行して売る形になるので自分のデメリットはほとんどなく、場所が固定された実店舗と違ってネットを利用するすべての方を対象に店を開くことができるのでより魅力に感じていました。

ドロップシッピングで代表的なのはもしもドロップシッピングです。
もしもでは約38万ある商品の中から売りたい商品を選び、1店舗に1000種類以上の商品を置くことができ、100店舗まで作ることができます。

こちらは数か月前に登録していて、80ページもあるマニュアルを全て印刷して、(そんなに文字がギッシリの物ではないです)だいたいどのようなステップを踏んでいくかは理解はできました。
ただ、ただ、このドロップシッピングでまともに一つの店舗を作るには膨大な時間がかかります。


開業は早いが内装を作るには膨大な時間が必要

店を開くこと自体は登録すればすぐにその日にできます。
でも店はあってもまだ商品が何もない状態です。
売りたい商品をサイトから選んでお店に配置していきます。
操作としては難しくないのですが、お客様に見てもらって買っていただく以上、商品の紹介やページのデザインは必須です。
サンプルのテキストは入ってますが、そのままだと同じ文章ばかりになってしまうので他者との差別化やSEO的にもよろしくありません。
商品の一つ一つ1ページ1ページ紹介文を作ったりレイアウトや誘導方法などを考えなければなりません。
実際、月収100万円以上稼いでる方のお店はページの細かいところまでかなり作り込まれ、説明も細かく商品の魅力を引き出し、時間をかけてるのは見てわかります。

売りたい、すぐ売りたい!と気持ちが先走って闇雲になんでもかんでも商品をバラバラに並べて配置しても店として、訪問者にはその適当さも伝わり、離れて行ってしまいます。第一印象が悪ければリピーターになるはずもありません。
だからある程度のジャンルやテーマを絞って作るのが基本で、商品説明も専門用語を交えた方がよりお客様がリアルにイメージできるようにすることを考えなければなりません。

まあこの辺りは予想がついていたので、ドロップシッピングはまだ会社員の自分には時間がないので、現状どうすることもできず後に回すことにしました。
やるからにはお試しとか少しずつというものではなく、最初から全力でぶつかっていく時間、気力が必要に感じたからです。
アフィリエイトなども集客や売り上げに繋がるまでは時間がかかると思いますが、作業としては今の自分でもちょっと無理する程度でできています。
それにサイトでの集客が伸びてからドロップシッピングを始めた方がそのままお客様を誘導することができるかもしれない、と思えたからです。

そうした理由もあり将来、ネットビジネスで生活することが実現した時に、サイトの運用と並行してドロップシッピングを必ず始めたいと思ってます。

ネットビジネスでの成功者のサイトを多く見てると、ほとんどの人が広告収入だけで満足してるわけじゃないんですよね。
生活できる分の安定した収益を得て、時間ができたから新たなビジネスを始める。
そういうのを次から次へと増やして収入をどんどん上げていける。
それが趣味であり、楽しんでるようで辛さやしんどさは感じられません。

元々、ネットビジネスを始めようと思った人は野望はもちろん、そうした好奇心やチャレンジ精神が旺盛な人が多いのかもしれません。



ネットビジネスで稼ぐ方法の種類TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です